タイに移住したくなる人が増加?住むための条件を整理しましょう




※2018年版として情報を更新、追記しております

「TVを見て安易にタイ移住する人は失敗する?」

あれ、この時間にしてはいつもより訪問者多いな??てゆかリアルタイムがやけに多いぞ??
ソーシャルでまたインフルエンサーにシェアでもされたのかしら、、、と思っていたら、

幸せ!ボンビーガールを見て、タイの暮らしぶりに興味を持たれた方に多くアクセスしていただいたようですね。

TVを見てタイで暮らしてみたくなったけど、実際のところはどうなのかしら?
お金・仕事・家探しも含めて、初めて住む国でちゃんと暮らしていけるかな?

そんなタイへ移住するというお悩みを、在住5年目を迎える私の視点で紹介いたします。

良い部分、悪い部分も含め、お答えしていきますので、あなたに合うか否か?判断してみてください。

記事内では2016年、2017年、2018年に放送された内容も含めて、TVで紹介された内容とのギャップに焦点を当てながらご紹介していきます

ちなみに2016年に放送された建物がある街は、私はいずれも住んだことがあります:D といいますか、紹介されたコンドミニアムに住んでいました(笑)

SPONSORED LINK

幸せ!ボンビーガールって?放送当日の内容(2016年4月5日)

shiawase-bonbi

「お金がなくても幸せに暮らそう」がコンセプトのビンボー情報バラエティ「幸せ!ボンビーガール(日本テレビ)」。

毎週火曜夜10時から、TOKIOの山口達也さんと水卜麻美アナがMCです(放送当時)。

2016年4月5日の放送された「劇団ひとりの海外移住大調査」にて、タイに移住して働く日本人女性が特集されました。

日本人が移住したい国ランキングでタイは4年連続2位。現在日本企業が6,000社以上進出し、在留邦人も70,000人を突破

日本語が通じる病院、日本のデパートやスーパー、日本の本屋日本のレストランもあります。

外国語もダメ、手に職もなし、知り合いもいない、それでも移住できてしまうというのがタイであるという紹介がされていました。

TVで放送された地域、建物について

teal sathon-taksin condminiam

Teal Sathorn-Taksin

劇団ひとりさんが最初に訪問したのがBTSウォンウェンヤイ駅にあるTeal Sathorn-Taksin 7階建てのコンドミニアム。

プールやスポーツジム、駐車場なども無料です。部屋は2階まである作りで、天井もかなり高いです。

テレビや冷蔵庫、電子レンジなどの家電や、ベッド、ソファーなど家具は備え付けなので、引越し後すぐに暮らし始めることが出来ます。家賃は8万8千円。

実はわたし、このウォンウェンヤイは約3ヶ月ほど仕事で滞在していました。

先に言っておきますと、何もありません(笑)コンビニはありますが、スーパーは駅からかなり離れた場所にあります。

チャオプラヤ川を渡った先にありますからね。かなりローカルな街です。

ただ、観光地のアジアティークは近いので行きやすい立地ですよ。BTSチョンノンシーやサラデーンで働く人であれば、充分通える範囲かと思います。


The Link Sukhumvit 50
thelinl50

劇団ひとりさんが続いて訪れたのが、BTSオンヌット駅近くにあるThe Link Sukhumvit 50。

はい、私も住んでいたコンドミニアムそのものです(笑) 

24時間警備員の常駐、住民専用のプール付き。駐車場も当然無料です。

ベッドやソファなどの家具は備え付けで、収納もあります。

紹介されたお部屋の月々の家賃は4万7,800円と紹介されていましたね。。

部屋ごとにオーナーが違いますし、大きさや駅からの距離で値段はバラバラです。下記は参考までの価格です。

  • スタジオ 10,000B(約30,000円)〜
  • 1ベッドルーム 41〜46 15,000B(約45,000円)〜
  • 2ベッドルーム 53〜78 25,000B(約75,000円)〜

こちらのBTSオンヌットには約1年ほど滞在しておりました。

私が住んでいた部屋はタイで海外就職をした現地採用向け賃貸アパート&コンドミニアム(5)で紹介しております。

駅前にはBIG Cとロータスという2大スーパー、安いマッサージ店通りもあり住みやすい街ですよ。最近は日本人の住人がだいぶ増えていますね。

ちなみに番組内で紹介されていた高級スパはヘルシーなランチも食べられます。

オンヌットという地域の魅力や、現地での家探しについては下記をご参照ください。

タイ在住者の皆さんは放送を見てどう思ったか?

私も見てて多少違和感を感じる部分はありましたね(笑)さすがTVですね、強引に良い感じに編集されていました。1つずつ見ていきましょう。

バンコクは電線も交通渋滞も全くない?

バンコクの電線

TVナレーター
電線と渋滞のイメージですが、今は大都会です!!

これは今では半分正解です。2016年に放送された時は電線はそこらじゅうにありました。しかし、2018年2月16日現在はかなり撤去されています。

つい最近までは電線だらけでしたが、バンコク市内については、かなりなくなりました。いや、ホントあっという間です。まぁ後から色々と漏電とか発生すると思いますw

バンコクの交通渋滞

朝と夕方のバンコクの交通渋滞は半端ないです。これはいまだに解消されていません。調査機関によっては、世界一渋滞のひどい国に認定されています。

ちなみに、交通事故死では世界NO1の不名誉をいただいています。これから生活を始める人は、キャッシュレス診療で自動的に保険が適用される海外旅行保険付きのクレジットカードを持つなど、しっかりと準備をしてから来ましょう。

タイの物価、生活費は?

家賃、マッサージ、屋台、確かに安いです。でも、生活水準は人によりけりです。私みたいに日本食をメインに過ごす人は、それなりに食費はかさみます。

また、日本語対応の病院に行きたい人が、日本語しか使わない仕事で暮らしていくのは、貯蓄や別の収入がない限りは、結構無理がありますね。

日本人はタイでいくら給料をもらえるのか

移住したい国ランキングで6年連続2位であるタイが注目を浴びております。

最低月収は50,000B(約15万円)。ただし、BOI認可企業の場合は、30,000B(約10万円)程度で雇われている日本人もいます。

尚、日本語だけで完結する仕事というのはその分給与も安いです。そして何よりキャリアとして見た場合に、いざ転職する時に果たして評価されるか?という問題があります。

TVナレーター
日本語しか喋れない・現地に知り合いがいない・手に職もない、それでも海外移住♪

1日タイ飯だけの生活をすれば安いですよ。ジェルネイルも1,500円でできちゃいます♪

紹介していたお店は、タイ人でも学生さんとかお金がない人しか行かないようなお店でしたね・・・

私の知り合いでしっかり働いているタイ人でも行かないです。確かにタイは安く住めますけど、正直コールセンターだけの仕事だと、日本に帰る飛行機代を貯めるのですら、大変。

キャリアも詰んでしまうのが残念ながら現実です。

タイの気候・天気

バンコクにおける年間平均気温は29℃、平均湿度73%(2014年)です。高温多湿で年中蒸し暑いのですが、4~5月が最も暑く、日中戸外では気温が40℃近い日もあります。

  • バンコク年間最高気温:39.1℃
  • バンコク年間平均湿度:73%
  • バンコク年間降雨日数:128日
  • バンコク年間平均気温:29℃
  • バンコク年間総雨量:1,131.1mm

私は寒いのが苦手なので、年中温暖なタイは非常に暮らしやすくて快適です。まぁ日中は暑すぎて、外を歩き回ろうなんて思わない日が多いですけどね。

年間平均気温は30度の熱帯気候帯。気温20度を下回った時は災害として、警戒態勢を取る事になっているようです。

タイでの服装

乾季(11月~2月)暑季(3月~5月)雨季(6月~10月)と3つの季節がありますが、基本的には日本の夏の服装で問題ありません。

ちなみに、デパート、BTSなどの電車、タクシー、映画館、オフィスなどはエアコンが効きすぎて、むしろ寒いです。1枚羽織るものはいつも持ち歩いております。

会社にも上着は置きっぱなしです。気をつけるのは、何かデモや葬儀など、国の事件や行事やがあるときくらいですね。

タイの仕事、求人を探す

bsPAK85_notepc20150319202127

タイで現地採用として働く際の仕事の探し方については以前記載しました。

先ほども書きましたが、「日本語だけ」でできる仕事、例えばコールセンター等は誰でも採用してくれます。

その代わりに給料は安いです。ですので、もしあなたが今までに何かしらの職業経験があるのであれば、人材紹介会社を利用してみることをおすすめします。

例えば日本でも有名な外資のJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)などはグローバル専任のキャリアコンサルタントが就いてくれます。利用料金は無料です。

海外の案件を多数扱っていますし、自分がどう評価されているか?を客観的に知っておく意味でも、まずは登録をしてみることをおすすめします。下記公式サイトより登録してチェックしてみてください。

また、正社員としてのキャリアがなく、語学力もない方の場合。そういった方は、まずは日本国内でJAIC(ジェイック)を活用して、キャリアを積んだ上で海外就職を検討するのが良いです。

わざわざタイ人の雇用機会を減らしてでも、外国人である我々日本人を活用したいと思わせる何かがないと、どうしても難しくはなりますからね。

タイは親日って本当?

よく言われるのが「親日で微笑みの国」。果たして本当なのでしょうか?タイ旅行や消費者として生活するだけであれば、確かにそう感じることは多いかもしれません。

ただ、これからタイで働こうという人は、彼らが笑う本当の姿もよく知っておくべきです。

タイ人との出会い

出会いの場は結構ありますよ。Lineを教えてくれる確率がすごく高いです。

あとは出会い系アプリなどを使って会うことも容易です。下記で紹介している中原氏はアプリ経由で2人彼女をGETしています。

なお、女性もタイ人男性からモテます。ただ、タイ人男性は働かずに浮気にもだらしない人が多いんですよね。なので、タイ人男性と付き合いたい場合は、タイではなくて日本で探したほうが良いです。

日本に留学させるだけの財力が家にある家庭であれば、それなりに教育投資もされている方が多いので、社会に出て活躍するタイ人である可能性が高いです。

タイで家探し

mobile-phone-791644_640

目安として30,000B(約90,000円)以上の物件であれば日系の不動産賃貸屋でも扱っています。

しかし日本人である我々が、上記のオンヌットのような物件を借りる場合は、自分で探してオーナーに連絡するのがタイでは普通です。

そのあたりの情報については、下記リンクをご参照下さい。

長期で住める物件のご紹介を始めました。バンコクで賃貸物件をお探しの方はお問い合わせよりご連絡ください。

無料にて実際に空いているコンドミニアムやアパート(5,000B~100,000B)をご紹介いたします。

タイ移住:まとめ(メリット・デメリット)

12421473_1037555689628779_132381234_n
TVナレーター
海外旅行三昧、週に何度もマッサージに通い、毎晩のように飲み歩けちゃう?♪

番組に登場した日本人女性の生活ぶりを見て、ツイッターでは「タイに移住したいー!」という声がたくさん上がっていました。

それに比例するように、在留者達からは「良い面を煽りすぎだよ」という声が(笑)

でも駐在員や駐妻というポジションを取らなくても、こういう形でタイに滞在できるという認知を広めるという意味では良かったのでしょうかね。

今回ご紹介したタイ移住のメリット・デメリットをまとめておきます

メリット

  • 生活物価は安い
  • タイ人女性との出会いは比較的容易である
  • 文化の違う国で働く大変さを身につけられる
  • 天候が温暖、日本食も多く暮らしやすい

デメリット

  • 仕事によっては貯蓄が大変。帰国も容易にできないことになる
  • タイ人男性との出会いはあまりおすすめできない
  • 生活環境で出会うタイ人と、仕事におけるタイ人は全く違う
  • 日本と比べると犯罪も事故も多い
  • 大体のことが予定時間通りに進まない
ナレーター
知り合いもいない、それでも移住できてしまうというのがタイである

TVではこんな説明がありました。確かにできますが、最初は色々と予期せぬトラブルが起きたり、慣れない生活に不安を抱えがちです。

私達チャイカプでは、そういったタイでこれから働く方をウェブやリアルタイムで応援しております。お気軽にご質問・お問い合わせいただければ幸いです。

お問い合わせはこちらまで。

いきなりタイに来るのではなく、日本で出来ることは日本でやってからくる。まずは日本でちゃんと仕事を探してからタイに移住しましょう。

日本国内で海外の求人情報を無料で仕入れたい方は、海外案件を多く扱うJACがお勧めです。

自分が市場でどう評価されているか?を客観的に知っておく意味でも、まずは下記公式サイトより登録をしてみることをおすすめします。

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)※海外求人が多い

ビズリーチ※駐在案件多い。現年収600万以上の方むけ

JAIC(ジェイック)※正社員経験が浅いorフリーター向け

海外のお仕事を探すなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!






2 件のコメント