海外就職しやすい職種×6つを述べる(未来を見据えて選ぶのが大切)

海外就職 職種
海外就職に適した職種って何?

これから海外で働くことを考えるのであれば、就職しやすい仕事を選ぶことが大切です。

わたしは日本とタイで計6年間ほど人材コンサルタントをやっていましたので、海外就職をして来た人をたくさんみてきました。

2013年からは私自身も海外(タイ)で就職して働いています。本日は自分の体験と知見を交えて、説明していきます。

記事を読み進める前に。

海外就職をするなら転職のプロに「話だけでも聞いてもらう」のがおすすめです。
完全無料で悩み相談ができるので、ぜひ利用していきましょう。

\無料相談できます/

海外で働きやすい職種

海外で働きやすい職種は以下のとおりです。実際に海外で働いている人にも会って、話を伺っています。

  • 営業職
  • Web系(Webエンジニア、デザイナー、マーケター)
  • 寿司職人
  • 美容師
  • コールセンター
  • 日本語教師

営業職

商談の席の画像

やはりどの国でも営業案件は多いですね。特に日系企業が多く進出している国ですと、需要が多いです。

たとえばタイは年々日本人が増えていまして、日系企業も5,000社くらいあります。

この場合、タイにある日系企業に営業に行くので、決裁権を持っているタイ現地法人の駐在員(日本人)と日本語で交渉することが多いです。

Web系(Webエンジニア、デザイナー、マーケター)

海外就職したエンジニア

IT関連の需要は日本のみならず世界中で高いので、どこにいっても食いぱぐれしづらいです。

とはいえ、国の成熟度によって需要の高さは変わりますね。WEB系よりもインフラやネットワークエンジニアなどはどこに行っても需要が多いです。

また、海外就職→現地採用という形のみならず、フリーのノマドワーカーとして海外を飛び回っている人も多いですね。

フロントエンドエンジニアであればリモートで働けるので、日本の案件を受けて全て日本語のみで完結もできます。ただ英語もできれば最強です。

またwebマーケティング関連も汎用性が高いので生きやすいです。わたしの職種はこれですね。

もともとは営業職で働いていましたが、職種転換をしました。

チャイカプ(私)
個人的におすすめなのはWEB系のエンジニアやマーケターになることですね。

海外、国内ともに需要が多く、経験を積めば仕事はどこでも取得可能です。

寿司職人

いま海外で寿司職人が流行しています。なぜか?

  • 海外の寿司需要が伸びている
  • 海外の顧客のニーズが国内の顧客のニーズと異なる
  • スキルがなくても海外に出たいという日本人の増加

上記のような背景もあり、寿司職人を目指す人も増えています。

ホリエモンの指摘にあるように、長い修行期間なんてなくても寿司は握れますからね。

「日本人が握る寿司」=本物であるという錯覚が生まれますので、どこのお寿司屋さんも日本人を雇うことに対しては積極的です。

美容師

私の知り合いも美容室を展開しています。タイやアメリカ、ベトナムなど海外で働いている人は確かにいますね。

やはり日本人は日本人クオリティを求める人が多いので、人気です。外人に切ってもらうと、とんでもないセンスを発揮されますからね。

チャイカプ(私)
わたしも昔、中国人の辮髪(べんぱつ)みたいにされました。問答無用のバリカンで数か月はストレスを抱える羽目に・・・。

ですので、日本人が多く住んでいる国や街であれば、特に需要は高いですね。

ただし、国によっては直接ハサミを入れることは禁止されています。その国の国民の雇用を守るためですね。

チャイ猫
ちなみにタイは日本人がカットすると違法だよ!あくまで技術指導という形でオーナーであれば問題ないけど。

コールセンター

タイやマレーシアではコールセンターが非常に多いです。仕事内容は日本人のお客さん相手に海外から電話でのサポート。

発信を(テレアポ)やっている企業もありますが、どちらかというと受診(問い合わせ対応)が多いです。

これが人気の理由、それは人件費を大幅に抑えることができるから。月に10万円とかですね、お給料。

日本語教師

日本人であるあなたが、外国人に日本語を教える仕事です。こちらも給料は激安です。5万~15万円くらいが多いですね。

日本語を教える仕事をするにあたって必須となる資格や要件はありません。

しかし日本語教師の求人の募集時に挙げられることが多い主な要件は下記の3つです。

  • 日本語教育能力検定試験の合格
  • 大学での日本語教育主専攻若しくは副専攻の修了
  • 教育機関での420時間の日本語教師養成講座を修了していること
チャイカプ(私)
なお、コールセンターと日本語教師はいずれもオススメはしていません。給料、将来のキャリアを考えると圧倒的に不利だからです。

海外就職に英語は不要?いいえ、必要です。

海外で働くつもりだけど、英語が全く話せないんだよね。それこそ寿司職人とかなら職人だし会話もいらないでしょ?

いくら競合店が少ないといっても、いまは情報が出回るのは超早いです。

すぐにローカル店がもっと安い値段で対抗してくる可能性はあります。

そうなると日本と変わらないですよね。お寿司を食べたいだけなら、お店ってたくさんあります。

よほど「料理の質」、もしくは「価格の安さ」で勝負できるならまだしも、いずれも難しくなってくるのは明白ですよね?

いかにリピート客を増やすか、職人のコミュニケーション能力が早晩求められてくるでしょう。

海外に残れるスキルなのか?

ここでは例として寿司職人をあげましたけど、これは全職種に共通していえることです。

最悪のケースを想定しましょう。仮に海外で仕事を続けられなくなった場合。あなたの手元には何が残っていますか?

もちろん「スキル」は残りますけど、果たして「海外で」残っていられるスキルなのでしょうか?

それに生活するにも最低限度の語学力があった方が便利なのは間違いありません。ですので、多少なりとも英語の習熟はあげておきましょう。

これから英語を習得するなら

とはいえ、必要な英語力は職種や住む国によって変わります。たとえば私が住んでいるタイや東南アジア。

仕事や生活、いずれもそこまでの英語力がなくても問題ありません。

日常会話レベルができれば、仕事も回せます。

わたしが英語を勉強した方法は大きく2つです。1つはオンライン英会話、もう1つがフィリピンの短期留学です。

チャイカプ(私)
会社を辞めずに1~2週間の短期間だけ、フィリピンに来ているビジネスマンの方もいましたよ。

海外で働きやすい職種:まとめ

  • 海外で働ける職種は色々とあるが、将来を見据えた職種選びが大切
  • 海外就職に英語は少なからず必要である

個人的なオススメの職種はIT系ですが、ここまで紹介してきたように色々とチャンスはあります。

あなたに適した天職が見つかることいいですね。

以下リンク先をご参照に、ぜひ良い求人をもらってください。

\無料相談できます/
チャイカプ(私)
これからタイや海外で就職活動を始める人へ。

注意点、手続き、就職活動に必要となる情報をまとめた記事一覧は下記リンク先から確認してみてください

完全網羅
\海外就職の始め方/

海外へ出るなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール
もう迷わない! タイ就職完全MAP
タイでこれから暮らしてみたい方は、こちらのタイ就職までの流れを読めば完璧です。