タイで転職に失敗しないために。イラっとするポイント×5




タイで就職するのに失敗はしたくないなぁ

一大決心をしてタイに転職・移住をしたのに、ひどい環境では働きたくないですよね?私は2013年12月からタイで働いていますので、良くも悪くも色々な経験をしてきました。

今でもタイで暮らしたり働いているとたまにイラっとしてしまうポイントがあります。そこで、改めてそれは何だろう?と今回は整理してみました。

こういうことを書くと、「タイで働かせてもらっている分際で~」とか、「タイ人を尊重していない~」とか言われかねませんけどね・・・。

勢いでタイに来て転職して失敗しないためにも、人によっては、こういう風に感じる部分はあるよ、という事実を知っておいてください。

デキる人間であれば、すべて自責として捉えて改善していけるのでしょうけど、まだまだ消化しきれない部分が私には多々ありますw 今回の記事では、

・タイでいらいらするポイント×5つ
・イライラしない良い環境を選ぶポイント
・イライラを少しでも減らすためにできること

このあたりを記載していきます。これを読めば、職場でどんなことが起きるのか?先に想定できますし、ブラック企業を上手く避けて就職・転職ができますよ。

SPONSORED LINK

タイで転職後に感じるタイでイラっとするポイント×5

MAX86_ugegege20150207110830_TP_V

職場のタイ人に対して

1:責任を取りたがらない、謝らない
現在の仕事に就く前に、数ヶ月ほど研修名目で日本から渡航してタイで働いていたことがあります。
 
その時は感じませんでしたが、今の会社では非常に多いです。うちのタイ人は明らかに自分が悪いケースでも誤らないで笑ってごまかす人は多い。
 
女性の場合はそのままキレる人もいるw 役職が下の人間ほど自分が悪くないと本気で思っている傾向が強いです。
 
だから、なるべくそういったタイ人を経由せずに仕事が完結できるよう、ある程度優秀で、融通をきかせて動いてくれるタイ人とつながっておくことが非常に大事なんですよねぇ。
 
 
2:(自分のための)微笑みの国
上記にも書きましたが、笑ってごまかす。都合の良い微笑みと言ってもいいかもしれません。
 
旅行者の方が「タイ人優しい~♪」とか聞いていると、利害関係がないって平和だなって思えます。
 
自分が消費者であればあくまでもお客様ですからね。利益を生む団体として同じ方向を向いて売り上げを上げるのは、なかなか骨が折れます。
 
 
3:遅刻、休暇が多いので納期に遅れる
クレームで顧客に謝りに行く場合にも遅れてくる、その精神力の強さには脱帽です。まぁ上記に書いたように悪いと思っていないからかもしれません。
 
遅刻しても定時前とかにスっと抜けて帰ってたりするw そこの速さはすごい。
 
タイには病気休暇というのがあるので、結構頻繁に休む人間もいます。前の日にテンパると翌日ほぼ休む奴とかいますw
 
それぞれの仕事の範囲が限られていることもあり、後工程のことをまったく意識しないです。「それは私の仕事ではない」というスタンスなんですよねぇ。
 
自分の生産性は下がりますが、こちらからしつこいくらいに仕事の進捗を聞いたり、納期を少し早めに伝えておくことが大事ですね。
 
人を駒としてしか見ていない経営者、マネージャーからすると休んでばっかりなのは許せない行為でしょう。
 
その不満をタイ人にぶつけると、タイ人がすぐに辞めてしまうので、日本人部下にぶつけている人も多々います。こういう会社に入ると地獄なんですよねぇ。。。
 
 
4:スケジュール管理ができない
スケジュールを立ててきっちり計画通りに行動することが苦手な人が多いです。そこの管理ができないせいで、毎回似たようなミスをおかします。
 
そのミスのリカバリーに時間をとられて、他の仕事が間に合わなくなり、また炎上。
 
永遠の悪循環を繰り替えしているタイ人がいますね・・・。
 
 

タイのサービスについて

5:携帯キャリアからの迷惑電話
今の仕事とは直接は関係ない項目ですが、これも気になるので。私はAISとTUREという携帯キャリアを活用しています。
 
いずれからもCMメールが来るし、たまにこちらが仕事中でもプロモーションで電話をかけてくるんですよね。
 
工場で働いている日本人で、手袋とかしている人は、毎回それで手袋はずす羽目になり邪魔されて困っていましたねぇ。まぁ、こればかりはあきらめています。
 
 

イライラしない良い環境を選ぶポイントは?

さて、やみくもに仕事を探してもバクチを打っているようなものです。当たり前ですが、ブラック企業にご対面する可能性が高まってしまいます。

そのためにはどうするか?1つは、常に募集をかけている会社を避けることですね。

人が入れ替わり立ち代りが激しい、定着しない会社というのは何か問題を抱えているケースが多いです。

2つ目は求人掲載を無料の媒体でしかやっていない会社も避ける。企業の根幹は人です。なのに採用広告費もかけられない会社というのは、やはり経営体質に問題があるケースが多いです。

悪い企業を避けて、効率的にタイで仕事を探すにはどうするべきでしょうか?
優良な人材会社を利用しましょう

忙しい毎日を過ごす中で、どれが良い企業・悪い企業かなんてわかりませんよね?そういったスクリーニングを人材会社はしてくれます。

彼らは企業から費用をもらい、人材を紹介する仕組みをとっているため、私たちが利用するときには無料で活用できます。

あなたがタイで就職・転職するならば、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)をオススメします。

海外にも支社があり求人数も豊富です。他の人材会社と違い、これまでの海外での実績も大きいので、安心してお任せできます。

タイ人へのイライラを少しでも減らすために

やはりタイ人ともある程度仲良くなると、こちらの言い分も聞いてくれて仕事がスムーズに回りやすくなります。一緒にランチやディナーに行ってみると、態度がガラッと変わりますよ。

その際には、間違ってもいいからタイ語で話しかけると喜ばれます。まぁこれは逆の立場で考えれば分かりますよね。

たとえ変な日本語でも一生懸命話そうとしたり、理解しようとする姿勢を見せる外国人は応援したくなりますもんね。

可能な限り、せめて挨拶だけでもタイ語は覚えておくとよいですよ。

タイ語おすすめの勉強本

タイ語文法の基礎

 

夜の実践用(男性向け)

語彙力UPの単語集

タイで転職に失敗しないために:まとめ

12077154_1006598689391146_1067594571_n

いかがでしょうか?ただの愚痴にならないように、どう付き合ってたり、考えているかを合わせて書いたつもりです。

まぁでも彼らは仕事よりも家庭を大事にする価値観ですし、タイ人の生き方はある意味、人としては健全ではありますよね。

1番疲れる部分は人間関係だったりします。タイ人だけでなく、日本人とも関わっていく可能性が高いだけに、少しでも良い企業に入社しましょう。

こういう情報は人材会社が1番多くもっています。ですので、いま転職する気がなくても転職サイトには登録しておいた方がいいですよ。

早いうちから仲良くなっておけば、あなたの希望を深く理解し、適切な案件を紹介しやすくなりますからね。

違う選択肢があると分かるだけで、今の生活も非常に生きやすくなります。登録は無料ですので、まずは下記公式サイトより確認をしてみてください。

タイで仕事を探す前に、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!