【タイの服装】タイ旅行用の服装は気候だけでなく、色やタブーも気にしましょう(在住者目線で語ります)

タイ旅行者
半袖だけ持って行って本当に後悔しました

こんな声もちらほら聞きます。年の平均気温が30℃を超えるタイ。暑い国だから、半そでキャミソール1枚で良いと思っていませんか?

日本とは習慣や慣習が違う同国。タイの服装で気をつけるポイントを、現地在住者視点でまとめてみました。

チャイカプ(私)
結論から言いますと、どの時期に来ようと、そしてどんなに暑がりでも長袖1枚は確実に必要です。
現地で買い物・旅行をするなら!
\ 海外旅行保険/

海外で事件に巻き込まれる確率は、日本の何倍もあります。

安心して海外旅行がしたいなら、クレジットカードに付帯している海外旅行保険の自動付帯が超便利でお得です。

エポスカードなら年会費が無料なので、作らないと損な最強カード。

タイの気候

タイの気温MAXとMIN

タイは1年中暖かい気候です。

大きくは乾季(11月~2月)暑季(3月~5月)雨季(6月~10月)と3つの季節がありますが、基本的には日本の夏の服装で問題ありません。

ただ季節や地域ごとにマイナーチェンジするといいかと思います。まずは季節別にご紹介していきますね。

タイの乾季の服装(11月~2月)

タイの乾季はだいたい10月下旬くらいから。おおまかには11月~3月くらいとされることが多いです。

バンコクの平均気温は26.2度〜28.2度。雨がほとんど降らないですよ。

観光のハイシーズンとも言われ、タイ旅行に良いイメージを持たれる方はこの時期に来ることが多いのではないでしょうか。

朝晩は冷え込んで少し肌寒さを感じることも。

わたしは2013年の12月からタイに住んでいますが、唯一寒いのは乾季12末~1末の間の2週間くらいです。

その時期はさすがに1枚ジャケットを着ようかな?という気候になります。

基本的に1年中エアコンの冷房をつけて寝ていますが、唯一つけない時期がその2週間です。

チャイ猫
とはいえ、乾季でも日中に日が差す中で外を歩いていると、それなりにじんわりと暑いよ。

紫外線対策はマストだね。

チャイカプ(私)
特にアユタヤやカンチャナブリなど

屋外にある観光名所に行かれる方などは、帽子や日焼け止めグッズは必須です。

タイの暑季の服装(3月~5月)

少しずつ雨が降り、5月くらいから徐々に雨量が増えていきます。

1年で最も暑い時期で、バンコクの平均気温は29.5~30.5度。40℃前後になることもあります。

とにかく日差しが強く、10分も外を歩いていれば、すぐに汗をかいて涼みたくなる時期です。

帽子、傘、日焼け止め、薄手のストール、など紫外線対策をやらないと悲惨なことになります・・・。

チャイカプ(私)
私の場合はラン島やプーケットの海に行ったら際に、日光+塩水で肌が赤くなって大変な目にあいました。

日焼け止めしてても一部赤くなりましたので、ラッシュガードを購入。

日差しに弱い人はこれ超おすすめです。

タイの雨季の服装(6月~10月)

タイの雨季は6月~10月。バンコクの平均気温は28.2度〜29.5度。スコールがよく降ります。

急に天候が変わるんですよね・・・。日本の梅雨のように一日中振るのではなく、一瞬でドカンと振る感じです。

スコールが降った後はよく道が冠水&渋滞しています。

予定通りに行かないことが多くなるので、時間にはかなり余裕をもって行動したほうがいいですよ。

チャイ猫
よく道路が冠水するから、タイ人って長靴をはかないで、素足やサンダルで歩いているよね。
チャイカプ(私)
タイ特有の病気にかかる可能性もあるので、あまりお勧めはしないかなぁ。

靴、もしくは長靴持参でもいいくらいかな。

タイの服装:観光シーン別

ここでは旅行で訪問しそうな場所ごとに、相応しい服装をご案内していきます。

場所によっては禁止されていたり、タブーとされている格好もありますので注意しましょう。

タイの寺院で着る服装

タイで寺院は『神聖な場所』です。何も知らずに失礼な格好で入ったら、「こいつ・・・ありえない!」という冷たい視線で見られることでしょう。

寺院や遺跡を服装ルールは各施設によって若干異なりますが、共通点も多いのでしっかり覚えておいてください。

女性の服装NGな例

  • ショートパンツ
  • ミニスカート
  • タンクトップ
  • キャミソール
  • ショートトップ
  • サンダル

男性の服装NG例

  • サンダル
  • 派手な帽子
  • 派手な柄のシャツ
  • タンクトップ
  • 短パン

タイの寺院は基本的に肌の露出を禁止しています。タンクトップやミニスカート、ハーフパンツ等では入場できないところが多いですね。

寺院によっては、それを隠すための布を貸してくれるところもありますが、自分で用意しておいたほうが何かとスムーズです。

寺院以外でも、高級ホテルや格式高めのBAR、クラブやディスコなどでは、肌の露出が多い服装は入場を拒否される場合があります。

チャイ猫
上着はシャツとか羽織っておいて、ボトムスは長ズボンかロングスカートが無難だね。
チャイカプ(私)
高級店やお寺に行く日は靴を履いて行動し、日本でいう秋の格好を準備しておきましょう。

その他室内(映画館、カフェ、デパートetc)

室内は異常に寒いことが多いです。電車、コンビニ、カフェ、映画館等、とにかく寒い。

タイ人はエアコンで部屋をガンガンに冷やす民族なんですよね。

暑いと文句言われるので、冷やしすぎくらいなら怒られないだろう、という観点もありますね。

私は以前働いていた会社のオフィスでは、常に冷房がMAX。非常に寒いので、常にパーカーを着て働いていました。

また上図の最低気温でも記載ありますが、タイの乾季(11〜2月)は最も気温が低い時期です。

朝方であれば18℃前後まで下がります。半袖1枚だと肌寒いです。

訪問する場所が北部のチェンマイとかだと、時期によっては0度近くまで下がるので凍えますよ。

チャイ猫
常に羽織れる軽めの上着やストール等を持ち歩こう!

外は暑くて室内は超寒い。この寒暖差で体調を壊す人もいるから。

タイ人は曜日ごとに着る服の色を変えています

日曜日 赤色
月曜日 黄色
火曜日 ピンク色
水曜日 緑色
木曜日 オレンジ色
金曜日 青色
土曜日 紫色

ちなみにタイ人は曜日ごとに着る色を変えている人もいます。ヒンドゥー教の影響で、曜日ごとに神様がいると信じられているからですね。

日曜日は赤、月曜日は黄色、火曜日はピンク、水曜日は緑、木曜日はオレンジ、金曜日は青色、土曜日は紫です。

そしてタイ人は『自分が何曜日に生まれたか』を知っています。その色をシンボルカラーとする人が多いですね。

チャイカプ(私)
うちの会社も出社していたら、金曜日は青いジーンズを履いている人が多くて。なんでかな?って思ったんですが、そういう理由らしいです。
チャイ猫
プミポン前国王の誕生日が月曜日だったこともあり、父の日も黄色の服装だね

タイの服装:赤、黄色、迷彩柄の服は着ないようにするのが無難

demo-thai

タイ人は曜日ごとに色を変えているといいましたが、タイではタクシン派(赤シャツ)と反タクシン派(黄色シャツ)の2つの政党が争っている背景があります。

それぞれのシンボルカラーである赤と黄色の原色は避けたほうが無難かと思います。

上記の写真は2013年12月頃のデモ風景です。大音量で音楽をかけながら、多くのタイ人が街中を歩いていました。

同じようにデモが起こる可能性も0ではないので、下手に巻き込まれたりしないよう、服装くらいは気をつかっておきましょう。

またタイは徴兵制があり、軍隊があります。迷彩服を着るのは基本的には軍の人間になりますので、ファッション感覚で着るのは控えたほうが良いです。

チャイカプ(私)
ちなみに2016年に前国王がお亡くなりになった際の街の様子は特殊でした。

詳細が気になる方は以下の「+」をクリックどうぞ。

2016年プミポン前国王がお亡くなりになった際の様子

2016年はタイ国王の死去を受けて、街中の雰囲気は変わっていました。

thai-fukusou-2

・現地では国を挙げた服喪期間となっており、多くのタイ国民が黒または白の衣服を着用している。

・強制されるものではないが、可能であれば外出時には暗めの色の礼節ある衣服を着用することが推奨される

・不謹慎な言動は慎む

・観光アトラクションは平常通り。ただし、ワット・プラケーオ(エメラルド寺院)及び王宮は国葬が執りおこなわれるため入場観光不可

・バーやナイトクラブなどの娯楽施設は、政府から営業を自制するよう協力を要請されている。最終的な判断は店舗ごとになされる

・伝統行事や文化行事の多くは予定通り実施されるが、慶事などはプミポン国王を偲ぶのに適切な内容に変更される可能性あり

・交通機関、銀行、病院、その他の公共サービスはすべて平常通り利用可能

参照:travel vision

「全ての公務員及び国営企業従業員、政府機関職員は、10月14日より1年間喪に服す」

と正式な発表があります。つまり民間の人々はそこまで喪に服す必要性はないわけです。

しかし、街中のタイ人は、大抵は哀悼の意を示す黒い服装をしております。

こういうガセネタも周ってました。

私は結局買いませんでしたけど、H&Mにも結構黒い服は売っていましたね。

チャイカプ(私)
全身真っ黒の必要ってあるの?そもそも黒なんてもっていないんだけどな・・・
タイ人Pさん
上半身だけ黒とか。上下ないなら、上は白とかね。でも、明るい青とかはチノパンはダメかな
チャイカプ(私)
素材は何でもいいんだね。
タイ人Pさん
基準が黒ってだけで、こうしなさいという決まりはないよ。

要は明るい派手な赤とかそういうのは控え、暗めの服装をすることを心がけましょうということです。

お互いが気分良く過ごせるように、ある程度配慮して行動するのがベターですね。

上記画像も、黒服売り場の様子ですが、1か月経過後もまだ購入しているタイ人がいました。

タイの服装で旅行時に知っておくべきこと:まとめ

タイの服装事情について、最後にポイントをまとめておきます。

  • 寺院など一部施設は露出は控える
  • タブーとなりえる色(赤・黄・迷彩)は避けておく
  • 室内が寒すぎるので長袖必須

せっかくの海外旅行です。準備不足で入れずにイライラしたり、変な目で見られるのはもったいないですよね。

ぜひ今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

タイに来るなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイ中心に部屋で働くのが好きな人です。

【経歴】新卒ブラック社畜→ニート→海外就職+副業→海外テレワーク+複業。

35歳から副業で毎月6桁くらい事業投資(複数サイト運営)。2021年からタイで金融投資(米&全世界)を開始。2031年からは自分の事業だけでサイドFIRE予定です。

詳しいプロフィール
海外旅行には必須!
\ 海外旅行保険/

海外で事件に巻き込まれる確率は、日本の何倍もあります。

また、海外で病気になった場合は高額な料金を請求されることも。

とはいえ、旅行代金は節約したい!!

そういう方にお勧めの方法はクレジットカードに付帯している海外旅行保険の自動付帯が超便利でお得です。