海外で暮らす方法。リスクがなくなるたった1つやり方とは?海外生活4年半の経験を共有します。




海外で暮らしていて凄いね

こんなことを言われることもありますが、「いつか海外で暮らしてみたい」と言いながら、なかなか行動に移せない人が多いですよね。

できない理由を述べることは簡単なので、どうしたらできるか?を考え、行動を起こせたら良いなと思いこの記事を書いております。

私も2013年12月からタイでの暮らしをスタートしておりますが、実はかなり準備不足で渡航してしまった部分が多いです。

あなたにはそんな無駄な苦労をしてほしくありません。

・海外生活を1度はしてみたい
・仕事も学校も辞めて、海外で暮らしたい
・子供がいるけど、夫婦で海外移住したい

そんな方にはまず今回の記事を読んで、リスクなく行動に移してもらえれば幸いです。

SPONSORED LINK

海外で暮らす日本人は増えている?

海外で暮らす日本人の数は135万人に上り、過去最多を更新し続けております。

在留邦人全体の年齢別では、

・20歳未満が約22%(30万2,085人)
・40歳代」が約21%(28万6,474人)

両年代で在留邦人の4割以上を占めています。老後に一生移り住むというよりも、皆さん働き盛りの時期に移住する人が多いわけですね。

参照:海外在留邦人数・進出日系企業数の調査結果

若い人が移るのはわかります。「いつか海外で暮らす!」なんて言っているうちに家族を持ち、家のローンを抱え、子どもの養育費が・・・となる前に行動に移す人が多いです。

今ある仕事を変えて、家も引き払い、子供の進学先も考えたうえで思い切って環境を変える覚悟はそう簡単につかないのが一般的。

とはいえ、家族含めてでも海外に移る人は増えているんですよねぇ。年齢は理由にならないです。

その中でもタイへの移住者は年々増えており、今では海外在留邦人数で4位にまで浮上してきました。

海外で暮らす方法と対策×3つ

実際に海外に暮らす場合に考えておくべきリスクは以下3つでしょうか。それぞれ国によって求められるレベルが変わりますので、国別でしっかり把握しておけば安心ですよ。

ちなみにタイは比較的移住しやすいんですよね~だから日本人が年々増えているわけです。

  1. コミュニケーションと異文化理解
  2. 今ある環境を捨てる恐れと勇気
  3. お金と

コミュニケーションと異文化理解

海外=まずは英語が完璧にできないと・・・って思う人が多いですよね。もちろん訪問する国によりますが、正直そんな完璧な英語なんて必要ないです。

これ見てください。出川さん。

どうですか、この適当な英語。基本的にはまずはあなたとコミュニケーション取りたいという姿勢が大事なのが分かります。

もちろん、ここまで低いと海外で暮らすのは不便ですが、完璧さは必要ありません。ただどうしても心配な人はQQ Englishオンライン英会話【レアジョブ本気塾】などでオンライン中心に英会話を練習しておくとよいですよ。

レアジョブは忙しいビジネスマン向けに特化しているので、海外で仕事をしたい人には特に有効な勉強法だと思います。

今ある環境を捨てる恐れと勇気

新しい国にいくことは、ある意味これまで気づいてきた人脈などを1度すべてリセットする形になります。

すべてを0から構築していくので、最初は正直かなり大変です。そもそも自分がまずは環境になれ、そのうえで関係構築をしていく必要がありますからね。

とはいえ、きついのは最初の1~3か月がメインです。そこを過ぎれば周りにも目を向ける余裕が出てきます。

え、1年経過しても慣れない?そういう人は日本に戻るor国を変えましょう。そのためには、会社やパートナーに頼らずに、自分で稼ぐ力を身につけていることは必須ですね。

いきなり現地コミュニティに入る勇気がない人は、比較的日本人が多い地域からトライするのもありですね。

タイであれば、うちのサークルとか利用していただければよいのではないでしょうか。

お金とキャリア

現地通貨はあまり持たずに渡航する方が多いと思います。現地で暮らすうえで必要なお金を安定的に稼ぐ仕組みは持っておいたほうがいいですよね。

とはいえ、海外では私たちは外国人です。働くにしても正式にビザが必要になるケースが大半です。違法労働で強制送還とかにならないようにしましょう。

そういう意味では、会社員として海外暮らしをスタートできれば1番良いでしょうね。

今の会社の駐在員として行くなり、転職して新しいポジションを探すなり、安定した生活を送る上で少しでも良いポジションをGetしておきましょう。

もし海外に強い求人を探すのであればJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)が良いです。

海外支店も多くあるので、現地での良質な求人を多数仕入れてこれる力があります。駐在員ポジションも多く紹介してきた実績が半端ないです。

また、もしあなたが年収600万円以上であればビズリーチで駐在員ポジションを探すのがお勧めですよ。

こちらはある程度セグメントを区切っていますので、お金とキャリアを得たい方には効率よく仕事探しができます。

海外で暮らすなら会社員が最強!?

昨今はフリーランス・ノマドこそ最高!みたいに騒がれることも多いですが、海外で暮らすのであれば、会社員こそ実は最強ですよ。

  • 会社員だから大金を積まずに長期ビザ取れる
  • フリーランスは観光ビザノマドしか方法がない
  • 大金を積まず銀行口座を開け、クレカも作れ、収入不安定なく貯蓄できる

外国人である私たちは、ビザがないと長期では海外で暮らすことはできません。とはいえ、ビザのためだけに起業するには日本以上に条件が厳しく、コスパがよくないです。

会社員であれば有給もつきますし、安定して毎月決まった金額が入ってくる安心感は半端ないですよ。

わたしは無職だったときもあるので、安定収入のありがたみは骨身にしみてわかります。

ただし!所属する会社だけで仕事をすることはあまりおすすめしません。会社をクビになっても、生きていけるように、海外で暮らす人ほど複業に力を入れたほうがいいと思います。

そのためにどうするか?それこそが後述する、日本で準備しておくべき1番大事なことになります。

海外で暮らすためのオススメの方法

タイで暮らし始めて何年も経過しています。ただし冒頭でも申し上げましたが、私自身は準備不足で失敗しております。

これから来るあなたが同じ失敗を繰り返さないように。まず1番に準備しておいてほしいことがあります。それはエンジニアスキル(特にフロントエンジニア系)です。

もしわたしが今から海外で暮らすことを検討するのであれば、間違いなくエンジニアスキルを身につけてから渡航します。

もともと文系ということもあり、正直日本にいるころはたいして重要視していなかったんですよね。

そんなものより、むしろ英語こそ大事!

早く海外に出て経験することこそ、今後のキャリアにもなる!

当時はそう考えていました。ただ、これはかなり軽率であったなと。現地で働く場合は現地の通貨でお金をもらうことになります。

これに加え、日本円も安定して稼げる状況を作り出していなかったことが非常に悔やまれます。

帰国するたびに減っていく日本円の貯金を見続けるのは、なかなかしんどいですよ・・・。そうならないためにも、リモートでも仕事を受注するスキルを身につけられるようにしておくべきだったな、と。

もしあなたがそういった仕事ができる経験を持っていないのであれば、TECH::EXPERTを利用してスキルを身につけてからくることを強くお勧めします。

未経験から97%の受講生が転職に成功している実績が示すように、かなり教育に力を入れていて、サポートが手厚いです。

最終的に国内に転職するにせよ、当初の目標通り海外で暮らすにせよ、ここで身につけたスキルは決して無駄にはなりません。

いきなり今の経験値だけで海外で暮らすことを考えるのではなく、将来的にも必要とされるスキルを身につけたうえで、海外で暮らし始めましょう。

無料で相談もできますので、まずは確認して一歩ずつ海外暮らしを現実化していってくださいね。

しっかり準備するもしないも、あなたの自由です。

海外で仕事をするなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!