海外経験が将来にもたらす3つのメリット

海外経験が将来にもたらす3つのメリット
海外経験ってどんなメリットがあるの?

海外での生活を経験することによって得られるメリットって漠然としていてわかりづらいですよね。

文化や考え方の違いに対応できるか等の不安が募れば、海外へ行くことを躊躇してしまうこともあるでしょう。

しかし海外での生活を経験することはあなたの将来にとってプラスに働く可能性は高く、海外経験によって得られるメリットもたくさんあります。

そこで今回は海外経験が将来にもたらす主なメリットを3つご紹介していきます。

海外経験が将来にもたらす3つのメリット
  1. 様々な「違い」に柔軟に対応できるようになる
  2. 自分の考え方や方向性が明確になる
  3. 自信が付き行動力がアップする
ここを解説!

海外を経験することで仕事や私生活においてプラスに働く要素はたくさんあります。決して無駄になることはありません。

不安で海外に出たくないと思っていた気持ちも一転し「早く行きたい!」というポジティブな気持ちに変えられるはずです。

実際に2012年から海外で暮らし、日本と海外でも6年以上人材関連の仕事をしていた私の知見を交えてご紹介していきますね。

チャイカプ(私)
海外で働く仕事を探したい方はJAC Recruitmentを利用するといいですよ。
\簡単1分登録!無料で利用できます/

様々な「違い」に柔軟に対応できるようになる

多様性

海外で生活すると言語はもちろん文化や習慣等日本との様々な違いを感じることになります。

しかし、その違いに柔軟に対応していく力をつけなければ、快適な海外生活を送ることはできません。

日本人の特徴を嫌と言うほど実感することになる

比較的文化や習慣が同じ人が多い日本では「人と違うこと」を嫌う傾向があります。

人と同じ意見や考えを持つことが良しとされていることが多いと感じたことはありませんか?

一般的な日本人は、違う考えや意見を主張したり、違うことを受け入れるという「免疫」が無い方が多いはずです。

違いを受け入れ、それでも前へ進む解決策を探す

日本での文化や習慣が通用しないいわゆるアウェイの環境となる海外を経験する。

そうすると様々な「違い」に気づき、柔軟に対応できる力が身に付いていいきます。

また人と違うことが「恥ずかしいこと」や「間違っていること」という固定観念が無くなっていきます。

人は人。他人と違う斬新な意見や考えも自信を持って主張できる力が身に付いていきます。

実際のリアルな現場例

とまぁ、それっぽいことを書いていますが、実際にはやること・起きることはかなり泥臭いですよ~。

特に顧客が日系企業だと日本と同じクオリティやスピードを求めてくる場合があります。

でもローカル人材からしてみたら、「そんなの関係ねー」ですからね。

  • 時間になれば終わってなくても家に帰る
  • 謝罪に伺うのに遅刻をする
  • 怒ると次の日出社しない

こんなことは日常茶飯事です。遅刻の理由は「昼飯を食べたかったから」とか、全く悪びれることもなく言ってきますので(汗)

日々、冷や汗とともに、外国人との働き方を考え直すきっかけができていきます。

自分の考え方や方向性が明確になる

自分の考え方や方向性が明確になる

先述したように様々な「違い」を受け入れることにより、「周りに合わせなければならない」といった固定観念を無くすことはできます。

自己認識を深めることができ、「自分はどう考え何がしたいのか」ということを他人の意見に流されずに確立することができる。

将来の方向性についても同様です。

「他人と違うこと」に慣れることで、人と違う将来設計を行うことに抵抗は無くなり「自分に正直に生きること」を可能にしてくれます。

また日本以外の異文化に触れることで視野がめっちゃ広がります

日本では考えつかなかったことや将来の夢が見つかる可能性も大いに高まるでしょうね。

海外を経験し「違いを受け入れる力」と「グローバルな広い視野」を身につける

そこから物事の考え方や将来の方向性が明確になる可能性は大いにあります。

実際にわたしが外国人を見て感じたこと


仕事観は本当に大きく変わりましたね。わたしが今居るのはタイなのですが、

仕事<家族

これが当たり前です

なので、自分の健康や気持ちを犠牲にしてまで働かないという人は多いです。

はたから見ると無責任な奴に見えますが、1個人として生きるのであればむしろ真っ当な考え方だなぁと。

日本人って「会社の仕事=人生」みたいな人多いですし、わたしもそうだったのでわかるのですが、これだと結構しんどいです。

会社勤めってあくまでも会社の資産が増えるのであって、個人としての資産を増やすにはなかなか難しいですしね。

自信が付き行動力がアップする

自信が付き行動力がアップする

海外生活の様々な困難を経験をすれば「海外で困難を乗り越え生活できた」ということが自分の自信に繋がっている人もいますね。

また自分に自信が持てるようになれば何事にもどんどん挑戦してみようという意欲が湧きますので、フットワークが軽く行動力も高まります。

言葉や習慣も違う異文化の中で海外生活を送ることは、普通に生活するだけでも困難なことは沢山あります。

買い物をするときでも英語や現地語を覚えて商品を探したり注文したり、そして外貨のレートを考え適正な価格を判断したりと一苦労です。

また言葉や文化の違いで思うように思いが相手に伝わらず、ストレスになることもあるでしょう。

そんな何気ない普段の生活も「挑戦」の連続である海外生活を経験することで、自信と行動力は必然的に身に付いてしまうのです。

【注意】ただし、海外経験=ただの滞在ではほぼ意味なし

「海外に出る」といっても、色々なパターンがあります。たとえば、

  1. 旅行
  2. 夫に帯同して駐妻になる
  3. ワーホリにいく
  4. 海外インターンをする
  5. 海外体験系のプログラムへ参加する
  6. 駐在で出向する
  7. 現地で現地採用として就職する
  8. ノマドワーカーとして海外を飛び回る
  9. 現地で起業する

この中で日本に帰ってきてからも、しっかりと高い評価につながるのは⑥~⑨のみです。

ほぼ評価につながらない海外経験

旅行は遊んでいるだけですし、海外に出ている日本人なんて何万人もいますので、全くの差別化になりません。

夫に帯同してきている駐妻もほぼ同じですね。

あくまでも生活しているだけですので、キャリアに穴が開いて残念ながら即戦力としてみなされなくなります。

とはいえ最近はリモートワークで働く人もいるので、一概には言えませんが・・・。

ワーホリ、海外インターン、海外体験系のプログラムはアルバイトの延長とみなされることが多いです。

1年未満が主ですからね。できることってかなり限られちゃうので、残念ながらそこまで大きな評価には繋がりづらくなっています。

詳細については以下も参考にしてみてください。

海外経験が評価につながるもの

海外経験として日本に帰ってからも高い評価につながりやすいのは、駐在・現地採用・ノマド・起業ですね。

海外で起業するのは日本よりもハードルが高いので、これは言わずもがな。

また、現地でも正社員として働く現地採用や駐在員も、長期就業が前提ですが、これもキャリアの継続とみなされます。

ちなみにわたしは現地採用です。ただし、あまりお勧めしません。

なぜなら個人としての経験は積めても、給料が激安で資産を築くのが厳しくなるからです。

どうしても現地採用として海外で働きたいという場合は、まずは駐在員としての可能性を探ってから、チャレンジしましょう。

わたしなんかでは駐在員になんて・・・

と思っている人ほど、1度きちんと人材会社に確認してみたほうがいいですよ。

あなたが思っているような弱みが実は全く問題なく、企業から求められていスキルやキャリアを持っている。

こんな例なんて、山ほどありますからね。

要は、きちんと人材エージェントに確認したかしていないか?たったこれだけの行動差です。

無料で利用できますし、使ってみないともったいないですよね。

海外へ出る際に最も人気があるのが、海外案件を専門に扱っているJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)です。

海外経験を積んでみたいのであれば、1度あなたの可能性をしっかりと聞いてみましょう。

\簡単1分登録!無料で利用できます/

他の会社と比べてみたい方は、以下リンク先をご参照ください。

また、最近流行のノマドワーカーですが、これも食べるだけのスキルがあることが前提です。とはいえさすがに

ライターだけで生きています

これだと再雇用されるのは厳しいですが、エンジニアスキルを身に着けていれば、正社員勤務は全く不可能ではありません。

後で苦労しないように、きちんと自己投資してから、海外に出るようにしましょう。

海外経験が将来にもたらす3つのメリット:まとめ

今回ご紹介した内容をまとめてみます。

  • 文化や習慣等の様々な「違い」に柔軟に対応できる力が付く
  • 「違いを受け入れる力」と「グローバルな広い視野」を持つことができる
  • 必然的に自信が付き行動力がアップする
  • 海外に出る前の手段の選び方と事前準備が大切である

今回ご紹介したメリット以外にも「海外経験で得られること」は沢山あります。

例えば海外経験を経て日本の心地良さが改めてわかり日本がもっと好きになる人。

逆に海外の方が暮らしやすくて、日本には旅行くらいで帰ればいいやと思う人(わたしですね)

海外生活を経験することは、あなたの考え方や生き方に良い影響を与える可能性を存分に秘めています。

とくに感受性豊かな若いうちに海外経験を積むことで様々な事柄を吸収し将来設計に多大な影響を与える可能性は高まりますよ。

なので、まずは旅行レベルでもいいので、1度は興味ある国へ行ってみるとよいです。

そして本格的に経験として活かしていきたいのであれば、現地で働くなり、自分で稼ぎながら海外を旅するなりすればよいかと。

失敗しても受け止められる「ポジティブ」な精神を持ってさえいれば、例え失敗したとしてもその海外経験を将来の活力に変えることができます。

異文化との新しい出会いによって自分を成長させるため、海外という「荒波」にどんどん挑戦してみましょう。

\簡単1分登録!無料で利用できます/

これから海外へ出たい方は、以下リンク先も参考にしてみてくださいね。

海外で働くなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール
もう迷わない! タイ就職完全MAP
タイでこれから暮らしてみたい方は、こちらのタイ就職までの流れを読めば完璧です。