タイでインターンを見つけるオススメの方法




タイでインターンをしてみたいけど、どうやって企業を見つけよう?
タイのインターンって実際どんな感じなの?

こういった疑問にお答えしていきます。

タイのインターンの探し方

大きく分けて2パターンです。自分で探すか、業者に探してもらうか。それぞれメリット・デメリットがあります。

業者にタイのインターン先を探してもらう

自分(or親)がお金を払い、斡旋業者に紹介してもらう方法です。利用するメリットとしては、

・(ある程度は)しっかりした日系企業などが紹介される
・自分で探す手間が省ける

インターン先を探すのが目的ではなく、まずはインターンをやって、海外での就業体験を得ることが目的ですよね?

であれば、探す時間を省くのはある程度合理性に適った選択です。ただし、正直募集している企業は日本に比べ少ないです。

また、「ある程度」と書きましたが、紹介されている企業がきちんと会社としてタイの法令を守っているか?は別問題です。

後述しますが、結構違反しているところも多いですよ。特に飲食・不動産系は闇ですなぁ。。。以下、いくつか業者を載せておきます。

自らタイのインターン先を探す

上記有料版とメリット・デメリットが逆になるイメージですね。メリットは

・金はかからない
・なんでも自力で開拓していく精神力を試せる

20年前ならいざ知らず、これだけ情報があふれていますからね。わざわざ紹介してもらう必要ってあまりなかったりします。まぁその代わり時間はかかります。

私個人の見解としては、海外で挑戦しようとしている段階で、他人に頼り切って動くほうが危険だと思います。

タイであれば多くの日本人やインターン生の先駆者もいますからね。事実、

こっち来てから知ったけど、インターンなんて自分で探して動けばよかった!お金もったいない!

って言っている学生さん、何人も知っていますよ。あなたは本当にタイのインターンについて調べ切りましたか?

タイでインターンをするのに必要なこと

タイで働くためのビザ

たとえインターンであっても、ビジネスビザ(Bビザ)と労働許可証が必要です。

そうすると税金を納めたり、企業側は何かと面倒が増えますので、会社によっては支給してくれないところもあります。

ただし、ビザやワーパミを持たずに働くことは違法です。バレた場合は、罰金に加えて当事者は国外退去、5年間の入国禁止といった措置を食らいます。

企業からすれば、最悪バレても罰金だけで済みますが、インターン当事者であるあなたにはかなり厳しい罰則となりますね

費用

タイと日本を往復する航空チケットに加え、あなたが滞在する間の生活費が必要となります。働く期間にもよるでしょうが、あまりに短いと給与は出ないことも多々あります。

詳細は下記リンク先に記載しましたので、おおよその費用は見積もっておきましょう。

以下はとある企業でインターンをした場合の給与例です。

給与例①

1か月以上勤務の場合、応相談

応相談って、要は自分で交渉しないとなので、学生さんには大変ですね。

給与例②

1ヵ月未満

[1]住宅手当*滞在先は弊社で提供(*要相談)

・3ヵ月未満

[1]住宅手当*滞在先は弊社で提供 [2]交通手当

・3ヵ月以上

[1]月給10,000THB+成果報酬 [2]交通費 [3]住宅手当*滞在先は弊社で提供

・6ヵ月以上

[1]月給15,000THB+成果報酬 [2]交通費 [3]住宅手当*滞在先は弊社で提供

この場合は3か月未満だと無給ですね。まぁこういう案件が多いです。無給ってことは、労働許可書を出さないんでしょうね。許可証無しで就業か・・。

タイって、犯罪犯すと顔写真やフルネームが思いっきりネットにバラまかれるんですよね。日本のように未成年だから伏字モザイク有りなんていう配慮がない可能性もあります。

デジタルタトゥー。会社側の都合で、そんな違法まがいの行為に巻き込まれるだけでなく、ネットに情報が残り続けるのは嫌ですね。就活で面接官がエゴサ→オワタ、と。

タイのインターンは短期?

上記給料でも書いた通り、期間はバラバラです。ただし短い期間だと給与は出ないところが多いようですね。まぁ教えるコスト考えたら、ビザや給与を手当するほうが損と考えているのでしょう。

まぁアルバイトじゃないんでね、1週間~1か月程度働いた経験で何を成果として残せるの?って話ではあります。そんな人ばかりなら、世の中起業家だらけのはずですからね(笑)

なんか楽しそうだし、少しキャリアに箔がつけばよいな

そう思っているのであれば、やめておきましょう。インターンやってました程度の経験では、正直面接ではほとんど響きません。リスクの割にコスパが悪い。時間の無駄です。

タイでインターンをすることが果たして役に立つか?

さて、色々と違法の可能性も出てくる中で働く意味、あなたの場合はどうでしょうか?ただ海外で働いている自分に妄想して酔っていませんか?

私は2013年の12月からタイで働いていますが、今本当に必要だと感じるのは、海外で働いた経験よりも、エンジニアスキルです。これは断言できます。

海外で働くといってもピンキリですし、正直それは30歳近くなってからでも十分に体験できることです。

私は日本で働いてから海外へ渡った身ですが、いま思えば焦って海外に出る必要はなかったですね。それよりも、若いうちにエンジニアスキルを身につけておくべきだったと、後悔しています。

とはいえ、文系出身ですし元々エンジニアの経験があるわけではありません。そういう過去の私のような方にはTECH::EXPERTがオススメです。

こちらはプログラミング未経験から新卒でエンジニアになれることで有名です。社会人になってから利用する人もいるくらい、実績のあるスクールになります。

過去の卒業性には、GMOCLOUDやNEWSPICKSなど、上場企業や急成長ベンチャーへの転職はもちろん、フリーランスとして活躍する人も多くいます。

最近話題の海外ノマドで活躍する人は、フリーランスエンジニアの方は多いですからね。若いうちに個人の力で稼げるスキルをもっておくことは、後々大きな武器となりますよ。

無料で相談もできますので、まずはあなたでも活躍できる未来があるか?専属トレーナーに確認してみましょう。

タイのインターンまとめ

以下はとびぬけたスキルを持たない日本人(正社員経験がない人も含む)向けに書いた記事です。

本当にタイに来るべきか?あなたの場合は、もしかしたら旅行で充分かもしれません。大事なキャリアの最初の1歩、しっかり考えて行動しましょう。

海外で仕事をしたいなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!