転職サイトごとに強みが違う!海外転職サイトランキング

海外転職のために転職サイトに登録したいけれどどの転職サイトがおすすめかわからない!

転職に慣れない方はどの転職サイトを使うか迷ってしまいますよね。

日本全国には約17,000もの転職エージェントがあります。これだけあると、片っ端から登録していても日が暮れます。

あなたが行きたいのは海外なのですから、海外に特化している海外求人サイトを選ぶのが正解です。

そこで今回は日本と海外における人材紹介会社での経歴が約6年あるわたしが、海外転職におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介していきます。

転職サイトは求職者と求人企業を繋ぐ「窓口」となりますので、良い転職ができるかどうかは登録する転職サイトにかかっていると言っても過言ではありません。

まずは自分自身の海外転職に希望する条件や転職活動に必要なサポート体制を明確にして、自分に合った転職サイトを適切に選択していきましょう。

海外転職サイト選び注意点

Attention、注意の画像

大きなポイントは2つ

  • 海外転職の求人案件の数
  • コンサルタントの質

海外転職の求人案件の数

まずは求人数ですよね。海外に行きたいのに海外案件が少なくては話になりません。

海外における営業年数や支店数などによって、海外各地にどれだけの案件を抱えているか?を判断できます。

コンサルタントの質

海外現地の状況は刻一刻と変わります。昨日まで黒だったものが白!とまでは言いませんが、現地スタッフが言っていることが二転三転するなど日常茶飯事。

そこで大事なのが現地をしきる日本人スタッフの有無です。案件を取るだけでなく、その求人の真実をどこまで把握しているのか?

給料や勤務地は当然として、日本人が気にする細かい部分までしっかりと把握し確認してくれるのは、やはり同じ日本人です。

世界各国にどれだけ日本人スタッフを抱えながら、支店展開しているか?は1つのキーポイントです。

以下に上記2つをしっかりと満たしている海外転職サイトをランキング形式で載せておきますのでチェックしてみて下さい。

第1位 海外転職に定評があるJACリクルートメント

海外転職サイトランキング1位

おすすめ度:☆☆☆☆☆

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は海外の日系企業や外資系企業への転職に定評がある転職エージェントで、管理職や専門職等の海外転職を得意としています。

1975年、英国初の日系人材紹介会社として誕生した歴史のある企業です。それだけに、求人数も最大級です。

世界10カ国に広がるネットワークを活用したグローバル転職サポートには多数の実績があり、現在、多くの方が海外をフィールドに活躍しています。

コンサルタント個々の能力も高く転職に係る適切かつ様々な提案を受けることができます。

また様々な業種・職種に特化したコンサルタントが多く在籍しているため、転職希望者一人一人に最適な転職サポートを受けることができるのです。

更にJACリクルートメントの強みは担当のコンサルタントが企業に直接交渉を行うという独自の紹介スタイルを持っています。

通常の転職エージェントでは、求人企業担当者と求人希望者の担当者は別にいるのですがJACリクルートメントはその両方を一人の担当コンサルタントが行います。

つまり担当コンサルタントが求人企業と求人希望者の両方を熟知した上で最適な転職先を紹介するため、企業と求人がマッチングする確率を大幅に高めてくれるのです。

各国のJACは密に情報交換を行っているため、日本にいながら現地に根づいた鮮度の高い転職情報を取得することが可能です。

\無料で相談できます/

第2位 コンサルタント指名で効率的な海外転職活動を実現するキャリアカーバー

海外転職サイトランキング2位

おすすめ度:☆☆☆☆

CAREERCARVER(キャリアカーバー)は、リクルートが運営するハイクラス転職を対象とした会員制転職サイトです。

同社が人材紹介ビジネスで初めてアジアで海外進出を果たしたのが2007年。上場を経て、海外事業を次々に買収し、急激に大きくなっています。

それに伴い、もともと海外各地で獲得していた案件を手にし、求人数はうなぎ登り。年収600万円以上の求人数6,000件以上抱えています。

キャリアカーバーの最大の特徴は、担当コンサルタントを自分で選ぶことができるという点です。

慣れない海外への転職活動では、転職の方向性や悩みや希望等の相談について的確にアドバイスしてくれる「安心して頼れるコンサルタント」の存在が海外転職成功の鍵となります。

キャリアカーバーでは、所属する約600名のコンサルタントの中から経歴やプロフィール等を見ながら自分に合ったコンサルタントを指名し相談することができるのです。

またコンサルタントがどの業界や業種に特化しているかを事前にチェックすることもできますので、海外転職に特化した自分に合ったコンサルタントを的確に指名することができます。

担当コンサルタントの指名は、担当コンサルタントと話や考えが合わないことや性格が合わないこと等、担当コンサルタント関わる不都合を解消してくれる画期的な制度です。

転職活動の進め方としてはヘッドハンティングという形式をとっており、会員登録時に転職の希望条件を記載し条件に合致する案件の紹介を待つ形になります。

もちろん通常の転職サイトと同様の求人検索も可能です。

キャリアカーバーのデメリットとして挙げられることは、応募書類添削や面接支援等の転職活動における実務的なサポートが無いという点です。

面接や応募書類については自信があり、優良案件の紹介に重きを置いている方にとっては、おすすめの転職サイトと言えます。

ただそういった書類などのサポートは他社エージェントでやってくれますので、併用していくとより効率的ですね。

なお、こちらも条件としては直近の年収が600万円以上の方を対象としています。

\年収600万円以上の求人数6000件以上/

第3位 スカウト制度で優良案件への海外転職に導くビズリーチ

ビズリーチのアイキャッチ画像

おすすめ度:☆☆☆

ビズリーチは会員制の転職エージェントであり先述したキャリアカーバー同様にハイクラスの海外転職を得意としています。

現在会員数80,000名以上、掲載求人数5,900件以上ヘッドハンター520名以上と、拡大中です。

海外転職の求人案件はアジア圏や北米・欧州のエリアを多く取り扱っていますね。

サイト内で「海外勤務求人特集」を組んでいることからも海外転職に力を入れていることがお判りいただけるかと。

ビズリーチの特徴と言えるのが「スカウト」と呼ばれる求人の紹介方法です。

スカウトとはビズリーチに登録された求人希望者の情報を求人募集企業やヘッドハンターがチェックし、興味を持った求人希望者にメールを送り転職交渉を進めるというシステムです。

ビズリーチはこのスカウトのシステムを使いハイクラスの転職実績を上げているのです。

また、「ビズリーチ=ハイクラス転職サービス」というイメージの通り、メインとしているのは現年収600万円以上の方です。

条件に合う方は、ヘッドハンターや優良企業の目に留まるようにまずは会員登録をし、スカウトメールを待ってみましょう。

\年収100万以上UPが当たり前/

海外転職サイトランキング:まとめ

今回ご紹介した内容をまとめてみます。

今回ご説明した内容を理解すれば、転職サイトによって特徴や強みが異なることはおわかりいただけたと思います。

自分自身の目的に沿った適切な転職サイト選びを行い、海外転職の成功に繋げていきましょう。

また転職サイトを選択する際、「担当コンサルタントとの相性」や「書類添削や面接指導等サポート体制の充実」も選択する上での重要な要素になります。

転職サイトの実績や強みだけで選択するのではなく、自分自身の使い勝手の良さも充分考慮した上で総合的に判断していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール