ワーキングホリデーを就職活動に活かす方法

ワーキングホリデーを就職活動に活かす方法
ワーキングホリデーで海外に行くけどその後の就職が心配

帰国後の就職を不安に感じたままでは、せっかくのワーキングホリデーでの海外生活を存分に楽しめませんよね。

確かに帰国後の就職が決まらずに苦労されている方もいます。というか、大半がそうですね。

帰国後の就職活動を念頭に入れてワーキングホリデーを使った海外生活を送ることが大切です。

基本的には海外でワーキングホリデーに長く行ってしまうと、日本での再就職がひどく困難になります。これはもう事実です。

詳しくは以下のリンクをご参照ください。

「今が嫌だから、とりあえず海外に逃げたい。あわよくば経験としてアピールしたい」とか思っていませんか?

わたしは日本や海外で人材関連の仕事に6年以上いましたので、これまでにも多くの渡航者を見てきています。

安易な考えで海外に出て、めちゃくちゃ苦労し、失意のまま海外から日本へ帰国している人をたくさん見てきています。

これから海外へ行く人には、そういう無駄な苦労と悲しい現実を味わってほしいとは思いません。

この記事では

1度きりの人生!

自分のキャリアを切ってでも、やりたい!

という人向けに、ワーキングホリデーを就職活動に活かすための方法についてご紹介していきます。

就職活動を見据え目的を持って海外生活を送ることにより、ワーキングホリデーでの経験を就職活動に活かすことができます。

また帰国後の就職活動に有利な資格やスキルもありますので、しっかりとチェックして行きましょう。

就職活動で使える経験を作る

一般的にワーキングホリデーの経験で得られる能力は「コミュニケーション能力」「異文化への対応力」そして「トラブル解決能力」が挙げられます。

就職活動における書類選考や面接において、得られた能力の根拠はなんでしょうか?

そしてそれが企業にどう貢献できますか?

具体的なエピソードを示さなければ、得られた能力を存分にアピールすることはできません。

例えばよくあるのが

「シェアハウスを追い出されたが現地の人と交渉して新しい住まいを自力で探した!」

「現地では一般的に食べられているゲテモノを意を決して食べた!」

こういうのです。はっきり言って企業の面接官からすれば、

で、だから何?(失笑)

と思われることが多いですね。

ただし、旅行関連(ホテル、ゲストハウス)の仕事に就くのであれば前者の回答はありですね。

後者はひどい。旅行者でもやってることです。

ワーキングホリデーによって得られた能力と、その能力根拠となる経験がいかに相手の企業のメリットになるか?

簡潔にわかりやすく伝えられるようにしましょう。

就職したい仕事に関連することをする

ワーキングホリデーを通じて帰国後に就職したい仕事と関連する体験をする。

そうすることで、就職活動時に経験を有効にアピールすることが可能です。

例えば帰国後に飲食関連の仕事に就きたい場合は、海外のレストランやカフェでアルバイトをする。

その経験は就職活動時の自己アピールに活かせます。

また「子供に英語を教える仕事に就きたい」という方であれば、ワーキングホリデーを通して「小学校英語指導者認定協議会」の認定資格を取得する。

そうすることで帰国後の就職に繋がります。

就職したい仕事に関連することを行うことで、効率良く就職活動に有利な経験や実績を積むことができるわけです。

英語力を客観的に示せる根拠を持つ

女性が電話していて、隣には男性が1名いる画像

「ワーキングホリデーの経験から英語力が高まったこと」をアピールしたい方は多いはずです。

しかし経験だけでは就職活動において自身の英語力を示す根拠にはなりません。

就職活動における英語力のアピール方法としては、TOEICスコアを使い英語力の向上を客観的に示すことが大切です。

例えば「もともと200点台だったTOEICスコアがワーキングホリデーから帰国後600点台になった」と説明する。

そうすれば、培った自身の英語力と向上力をアピールすることができます。

いかに数字に落として証明するか?は大事ですよ。

帰国後も安心!就職に有利な資格やスキルを持つ

帰国後の就職活動が困難な方もいる中、帰国後も安定して就職に有利になる資格やスキルがあります。

帰国後も安定して就職に有利になる資格やスキルは、「世界的にも需要があること」がポイントで、帰国後はもちろん海外での仕事探しにも有利に働きます。

ここでは帰国後も安心な、就職に有利な資格やスキルを2つご紹介します。

世界的に需要がある看護師

世界的に需要がある看護師

まずは看護師。これは海外でも需要が高いので、仕事に困ることはないですね。

ただし看護師資格を使ってそのまま海外で働くことはできません。

職種をずらし、海外でベビーシッターや家政婦として働く場合に探しやすいということです。

「日本で看護師をしていた」というだけで、信頼度が高まり仕事探しに有利に働きます。

もちろん帰国後の日本でも医療機関や介護施設等の現場での看護師の需要は非常に多くいです。

勤務先を自分から選べる程求人数は多くあるため、就職に困ることはないですね。

なお、目指すならまずは准看護師ですね。

看護師と准看護師の違いはここをクリック

世間一般にいわれている『看護師』ですが、実際には2種類あります。

  • 厚生労働大臣発行の国家資格である看護師
  • 都道府県知事発行の免許である准看護師
  •  

    准看護師は、看護師と同じように患者さんのケアを行います。

    しかし、看護師とは違い准看護師は「医師・歯科医師又は看護師の指示を受けて」業務を行うことになります。

    すでに看護師資格を取得している方は、ジョブメドレーなどを利用すれば、帰国後もすぐにお仕事が見つかります。

    \都心だけでなく、地方にも強い/

    ネット社会で需要も増加しているwebエンジニアの仕事

    男性PCの前で考えている画像

    Webデザイナーやプログラマーといったwebエンジニア関連の仕事は、世界的に需要がある仕事の一つです。

    Webサイトの構成はもちろん、配色やロゴ、フォント、アイコンの配置といったサイトの目的を踏まえたデザインを行っていく仕事です。

    ただ綺麗なデザインを作ればよいということではなく、サイトの企画設計やコーディングなどと多岐にわたり、様々なスキルが必用とされます。

    それだけに、どこに行っても引っ張りだこで月収50~60万円はふつうです。

    海外でもwebデザインに関する仕事は多々あり、英語と日本語が使える人材は日系企業等を中心に重宝されます。

    もちろん帰国後の日本においてもwebデザインに関する様々な求人は多くあります。

    ただし、ワーホリではあまりそういう案件はあまりありません。

    あくまでも事前に身に着けておいて、リモートで日本円を稼ぎながら腕を落とさないことが大事です。

    未経験からwebエンジニアになるには?

    これからエンジニアスキルを身に着けたい方はTECH::EXPERTを利用しましょう。

    エンジニアスキルを0から独学で身につけるには、かなりの時間を浪費します。

    海外で生活してみたいのであれば、こういったスクールを利用して、早めに稼げる人材になることが大切です。

    TECH::EXPERTなら無理な勧誘は一切行われないので、安心して相談できます。

    最終的に転職せずとも、フリーで案件を取っていく選択もできるくらい、スキルが身に付きますよ。

    \無料カウンセリングが利用できます/

    それ以外の職種の人がワーキングホリデーに行く場合は?

    看護師にもwebデザイナーにも興味がない

    けど、やっぱりワーキングホリデーに行ってみたい!

    あまりオススメはできませんが、こういう方もいると思います。

    おそらく帰国後に就職活動をしていても、

    ただのバイトでしょ?

    正社員キャリアも空いているし、即戦力とは思えないな

    こう思われ、面接に行く前に書類で落とされることも多々あるでしょう。

    帰国後の就職に困らないためにはどうしたらよいか?答えは副業として日本円を稼いでおける状態にしておくことです

    海外でリゾートバイトを行う方法でも書きましたが、海外に行く前に準備しておくことが大事ですよ。

    • 長引く再就職活動中の安定した資金源となる
    • 海外現地で何かあった場合のリスクヘッジになる
    • 個人で稼ぐ力が身に付く

    悲劇を最小限に抑えることができ、なおかつ場合によってはフリーランスとして再就職をしないで済むケースもあります。

    わたしは焦って海外に出てしまい、非常に苦労しました。

    世の中はやたらグローバル人材とか言われて騒がれることもありますが、順序が逆なんです。

    グローバルで活躍できるだけのスキルや、会社の給料だけに頼らずに稼ぐ力を身につける方がよっぽど大事ですからね。

    とはいえ、それでも行きたいのであれば以下にリモートでも稼げる副業を記載しています。

    エンジニア以外での稼ぎ方も載せてますので参照にどうぞ。

    ワーキングホリデーを就職活動に活かす方法:まとめ

    今回ご紹介した内容をまとめてみます。

    • 就職活動でネタになる経験をする
    • 帰国後の就職活動を見据えて自分が就職したい仕事に関連することをする
    • TOEICを受験する等英語力を客観的に示せる根拠を持つ
    • 看護師資格やwebデザインのスキルは需要が多いため、ワーキングホリデーから帰国後も仕事を見つけやすい
    • エンジニアスキルなど、副業として稼ぐ力を先に身につけておくことが大切

    ワーキングホリデーを使い、ただ海外生活を経験してきただけでは、帰国後の就職活動は困難になる可能性は非常に高いです。

    帰国後の就職活動に活かすための様々な経験ができるよう「ただでは帰らないぞ!」という意識を持って準備をしておきましょう。

    そして、その上で積極的に海外生活を楽しんでみてください。

    \無料カウンセリングが利用できます/

    海外で働くなら、こちらも読んでみましょう

    あわせて読みたい

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

    LINEで送る
    Pocket

    The following two tabs change content below.

    チャイカプ

    タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール
    もう迷わない! タイ就職完全MAP
    タイでこれから暮らしてみたい方は、こちらのタイ就職までの流れを読めば完璧です。