副業でスキルアップ!収入とスキルを両取りしたい人の副業選びのコツ

副業スキルアップ
副業で収入+スキルが欲しいなぁ

稼ぎだけでは物足りず、スキルアップだけではお財布が寂しい。

そんな両取りしたいという贅沢な悩みに応える副業はあるのでしょうか。

もちろん、あります。

  • 副業でスキルアップするメリットとデメリット
  • 副業収入とスキルを両取りできる副業5つ

時代を見すえて収入とスキルを両取りしたい人にぴったりの副業をご紹介します!

チャイカプ(私)
20~30代の方がやるべき自己投資については以下の記事でもまとめておきます。

副業でスキルアップするメリット・デメリット

副業でスキルアップするメリット・デメリット

副業とスキルアップを両取りするメリットは3つ。

  1. お金とスキルを両取りできる
  2. 副業=勉強なのでわざわざ時間を割く必要がない
  3. 副業しながら将来のためのキャリア形成ができる

副業とスキルアップを両取りするデメリットも3つ。

  1. 仕事と副業の両立で疲れる
  2. 1日が仕事と勉強漬けになってしまう
  3. モチベーション維持が難しい

メリットとデメリットについては、別の記事にもまとめています。参考にどうぞ。

スキルアップにつながる副業の選び方

スキルアップにつながる副業の選び方

副業を選ぶ時は、「今の延長」で考えるか、「将来こうなっていたい」から逆算する2つのパターンがあります。

副業の選びのポイントは3つ。

  1. 今の自分に必要なスキルから選ぶ
  2. 将来的に身につけたいスキルから選ぶ
  3. 「楽か」「稼げるか」で選ばない

今の自分に必要なスキルから選ぶ

仕事をしていてで必要だと感じているスキルや、今取得したい資格に関係のあるスキルを習得できる副業を選ぶのは大きなポイントの1つ。

これは、今の延長で考えるパターンですね。

たとえば、会社で経理をしていて、経理のスキルをさらに深めたいと考えていたとします。

副業には経理系の副業もたくさんあるので、その中から今必要なスキルを習得できる副業を選べばOK。

将来的に身につけたいスキルから選ぶ

こちらは将来から逆算するパターン。

将来的に自分が習得したいと思っているスキルから副業を選ぶパターンになります。

たとえば、投資関係に明るくなっていたいという目標を持っている場合は、投資系の副業をすることが考えられます。

今後どんな仕事をしたいか考える

将来的から逆算するパターンでは、将来就きたい仕事を考えることもポイントの1つ。

たとえば、現在は事務の仕事をしたとしましょう。でも今後はAIに仕事が奪われてなくなりそうだと不安に感じる。

それであれば今後も需要が高まると予想されているプログラミングの仕事をするため、スキルを習得できる副業を選んでもOK。

転職を検討している場合は、転職後の職種にあわせて副業を選ぶのもいいですね。

チャイカプ(私)
わたしの場合は将来の延長と今のスキル(サイト運営)が生きる道を選んで仕事を変えました。

「楽か」「稼げるか」で選ばない

副業でスキルアップと収入を両立したい場合は、「楽」や「稼げる」で選んでしまうと難しくなります。

楽な仕事とは、要するに誰でもできてスキルアップに繋がらない仕事とイコール。

稼げることを重視してしまうと、自分の望むスキルアップとは別方面のスキルを求められることが多いため、両立が難しくなります。

チャイカプ(私)
安易に副業でコンビニバイトとかの労働を選んじゃうのもだめですね。

副業収入とスキルアップの両取りができる副業5つ

副業収入とスキルアップの両取りができる副業5つ

副業は収入も重要な要素。

基本的に「今ある資産(スキルやお金)で収益を目指す」方が稼ぎやすくなります。

その上で、副業選びのポイントに気をつけてスキルアップできそうな副業を選んでみてください。

何もないというのであれば、以下の順番で選ぶのがポイント。

初心者でも稼ぎやすく、スキルもアップしやすいですよ。

  1. ライティング
  2. 翻訳
  3. webデザイナー
  4. プログラミング
  5. 株などの投資

ライティング

ライティングは文章によって稼ぐ副業。

基本的な日本語が書ければ稼げるため、初心者が「文章力を上げたい」「書類作成スキルをゲットしたい」ならベター。

スキルアップすれば難しい案件を受けることができるため、さらに収入もアップ。

インターネット社会と言われる時代です。ネットのコンテンツも基本は文章。

文章を書く副業の需要は今はだいぶ高いです。

チャイカプ(私)
おススメはクラウドワークスやサグーワークスの【プラチナライター】ですね。

ただし実感地としては今が結構ピークの可能性もあります。

最近では既にサイト運営などで実績を出した人もライターとして登録しています。

SEOも分からない、SNSも運用したことがないとかだと、仕事が見つからない可能性があります。

同じ単価を出すなら、能力ある人に依頼かけたくなりますからね。

ライティングについては別記事があります。こちらの記事もチェック。

翻訳

人口減により、外国人労働者が増えると予想されています。

英語を使った文章を読み解ける力や、英語文書の作成スキルがあれば、現時点で副業として稼げます。

ライターとして文章力を上げたら、翻訳スキルを身に着けられる副業に挑むのも方法の1つ。

チャイカプ(私)
こちらも自動翻訳が普及したら淘汰される可能性はありますけどね。

そうなる前に、機械ではできない専門性やポジションを手に入れて置ければ安泰です。

webデザイナー

ライティングと同じくネット時代で稼げる副業がwebデザイナー。

普段何気なく閲覧しているサイトは、webデザイナーがデザインしています。

見栄えの良いサイトは集客に繋がりますし、会社の印象も左右することが多いのです。

webデザイナーを副業にすれば、インターネットの基礎からデザインセンスまでスキルアップ可能。

デザインスキルが上がれば、さらに稼げますよね。

プログラミング

エンジニアの需要

2020年問題や2030年問題という言葉を耳にしたことはありませんか?

ITエンジニアは現在不足しているというニュースが度々流れますが、将来的にはさらに不足するというのです。

ITエンジニアに関わる資格やスキル習得に繋がる副業ができれば、収入とスキルの両取りが可能で稼ぎやすくなります。

さらに将来性というオマケまでついてきます。

プログラミング・ITエンジニアに興味のある人は、別記事でチェック。

株などの投資

老後の資産運用が2,000万たりないというニュースを耳にしますね。

老後のためには、金融や投資の知識・スキルは必須。

投資系の副業をすれば、知識と経験、スキル、収入と、老後のために備えておきたいものを両取りならぬ全取りできます。

まずは頑張って余剰資金を作り、お金に働いてもらう経験を積む。

チャイカプ(私)
ここは私も急ピッチで進めようとしています。

早いうちから金融資産を動かす練習をしておきましょう。

投資は余剰資金がないと難しいと言われますが、お手頃な金額からできる「ウェルスナビ」などのロボアドバイザーも登場しています。

収入とスキルを両取りしたい人の副業選び:まとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • スキルと副業収入を両取りしたいなら将来的に稼げるか考えるべし
  • 現在必要なスキルを伸ばせる副業を選んでもOK
  • スキルと収入を両取りできるのはwebデザイナーやプログラミングなど

自分が将来どうしたいか。今、何が必要か。

よく考えて副業選択をしてくださいね。


副業するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール