ライターで副業収入を得る!始め方と収入を安定させる方法

ライターで副業収入を得る!始め方と収入を安定させる方法の記事のアイキャッチ画像




副業を認める企業が少しずつ増え、会社員、OLさんで副業を考えている方や興味のある方がとても増えています。

しかし、副業を始めたいと思ってもアルバイトやパートだと決まった時間に仕事をしないといけないので、続けられるかどうか不安な方も実際には多いです。

そこで選択肢に入れたいのがWebライターのお仕事。最近はさまざまなWebメディアがありますよね。

自宅や好きな場所でできるので、会社員やOLでも空いた時間に副業としてWebライターのお仕事ができるんです。

今日はWebライターのお仕事について、始め方や収入アップの方法についてご紹介していきます。

SPONSORED LINK

ライターのお仕事は簡単に探せるようになっている

ライターのお仕事は自宅でもできるので人気のあるお仕事ですが「どこで探したらいいの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね

そんな「ライター業をしたい人」と「ライターを依頼したい人」が集まるサイトがあります。主なサイトにはこういったものがあります。

それぞれのサービスの特徴は簡単に見るとこんな感じです。

クラウドワークス



初心者から経験者まで幅広い層に向けた案件が豊富。手数料が比較的安い、初心者が集まりやすいことから、作業単価が低いのものも多いが始めやすい案件が多いです。

\初心者向け!登録無料です/

Bizseek



初めての方にもわかりやすいプラットフォームです。手数料も安いので、多く案件をこなす場合はこちらを利用するといいでしょう。

ライバルが多くて大手クラウドソーシングサイトでなかなか仕事が見つけられない、受注に漏れてしまう方もこちらであれば受注しやすいです。

\手数料業界最安級!登録無料です/

プラチナライター



単価1円以上の案件が多数あるサグーワークス。テストライティングに合格すると「プラチナライター」として高報酬を目指せるライティング特化型のサイト。

プラチナライターになるにはテストを受ける必要がありますが、知識や経験は一切問わないので、誰でも受験が可能です。

また、特定の領域での知識や資格・経験がある場合はそれを活かした専属案件を担当することも可能なので、経験がある方はこちらが稼ぎやすいですね。

\業界最高水準の文字単価!登録無料です/

副業ライター未経験の人はどこから始めたらいい?

ライター未経験の方でも、初めは誰もが同じ気持ちから始めているので「難しそう・・・」と気負う必要はありません。

ライティングについて前提知識を得たい方は、Webライティングに関する本を2~3冊読んでみましょう。例えば以下の本はオススメです。

ライティングはこうでないといけないという縛りはなく、基本的には「役立つ情報を分かりやすく」紹介できることがポイントです。

その上で依頼者が求めるポイントやキーワードに沿って文章を作成していき、少しずつ実績を積んでいけば問題ありません。

未経験だと案件が少ない?と思うかもしれませんが、実績を積むことで依頼者の信頼を得られ、案件獲得につながるのでまずはチャレンジしてみましょう。

初心者におすすめのライティング案件

1円を持つ指の画像

初心者の場合はまず文字単価1円以上の案件が理想ですが、それが難しい場合はまずは実績を積むために文字単価0.5円以上の案件から始めてみましょう。

初めは文字単価0.5円でも、続けていく中で数か月実績を積んでいけば単価アップも期待できます。もちろん、自分から単価アップの交渉をすることもできます。

同じクライアントさんから依頼を受ける場合、0.5円スタートでも数か月後には単価1円、SEOがわかればさらに・・・にということもあるので、初めは0.5円くらいから始めて長く続けるのも1つの方法です。

初心者のお仕事探しはこの3つがポイントになります。

  • 文字単価0.5~1円くらいの案件
  • 文字数1,000~3,000文字程度
  • 自分の得意分野、書けそうな分野

文字数に関しては月にどのくらいの収入を得たいかによって選ぶといいでしょう。

ライターで月に1万円の副業収入を得る場合

例えば月に1万円程度の報酬なら文字単価0.5円、文字数1000文字程度で毎日作業できれば達成できます。

✅0.5円×1000文字×30日=15,000円

1000文字だと1時間程度あればできる作業量なので、1,000文字を毎日作業するか、2,000文字を月に15本ほど納品できれば月に1万円の報酬を目指せる計算になります。

初心者だからといって文字単価の低い案件を長く続けるよりは、少しずつ単価を上げていくと効率よく副収入を得られます。少しずつレベルを上げていくようにしましょう。

安定してライター収入を得るために意識するポイント

ライターで長袖の画像

副業で安定したライター収入を得るためには、まず「続けること」が大事です。

加えて「単価アップすること」も効率よく副収入を得るために意識しておきたいですね。

実績を積めばそれに伴って単価も上げられるので、安定して収入を得るためには文字単価を上げていくこともポイントです。

文字単価アップすれば少しの時間で希望額に到達できる

副業でWebライターをするならなるべく作業時間が短い方が有利です。

これは本業でWebライターをしている人も意識している部分で、自分の作業価値が上がればその分単価も上がり、作業時間も初心者の頃より少なくて済みます。

初めは大変かもしれませんが、Webライターを続けていけば少ない時間で希望の副業収入を目指せるので、安定して続けるために単価アップはぜひ意識しておきたいですね。

安定して収入を得るには依頼者との関係性も大切に

お仕事を続けていく中で「続けること」「単価アップ」も大事ですが、「依頼者との関係性」も大切な要素になります。

依頼がなければ仕事を続けることはできないので、依頼者との関係性はとても大切。例えば実績も信頼もない中で「単価上げてください」って、いきなりこれでは相手も驚きます。

未経験でもいろいろと教えてくれる依頼者さんが多いので、謙虚に学ぶ姿勢と意欲的な態度で取り組めば良い関係性を保つことができますよ。

ライターのお仕事は依頼者との1対1のやり取りが多いので、信頼関係を築ければ安定して収入を得ていくことも可能です。

ライターで副業収入を得る!始め方と収入を安定させる方法:まとめ

簡単にまとめてみます。

  • ライターのお仕事はクラウドワークスなどのクラウドソーシングのサイトで探せる
  • まずは継続することを意識して実績を築く
  • 単価アップ交渉、依頼者との良好な関係が収入を安定させる要素となる

副業でライターをするなら、まずは継続して実績を示し信頼を勝ち取ることが大切です。そのうえでできるだけ少ない稼働時間で収入を得ることができるように、こういったポイントを意識して始めてみてください。

副業するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!