webデザイナーとして副業で稼ぐ!未経験からトライしていきましょう!

webデザイナーを副業として活用する。未経験からトライしていきましょう!
webデザイナーの副業に興味あるけど未経験でもできるのかな?

興味はあっても未経験だから不安もあり、何からはじめて良いのかわからず困っている方は多いですよね。

webデザイナーの仕事を未経験の方がイメージした場合、「デザイナー」というその魅力的なネーミングから「センスや才能が必要だ」と考える方は多いはずです。

しかし実際のところwebデザイナーの仕事は、webデザインについての知識を少し勉強するだけでセンスや才能を問わずにできる仕事は沢山あります。

そこで今回は未経験者でもwebデザイナーの副業ができる方法について紹介していきます。

Webデザイナーの仕事の内容や未経験からのはじめ方、そして稼ぐ方法をしっかりと理解し、webデザイナーを副業候補の一つとして検討してみましょう。

結論から申し上げますと、ある程度は勉強をして自己投資をする時間は必要です。

効率的に学んで早く稼ぎたい方や、これまでの学生生活で勉強に挫折をしたことがある方は、TechAcademy [テックアカデミー]を利用して体系的にわかりやすく勉強することをオススメします。

\プログラミング無料体験!!/

webデザイナーには様々な種類がある

webデザイナーには様々な種類がある

一口にwebデザイナーと言っても様々な種類の仕事があり、大きく分けると4種類に分けられます。

  • 企画
  • ワイヤーフレーム作成
  • デザインカンプ作成
  • コーディング

webデザイナーの仕事の多くは、「センスや才能」よりも「知識と経験」が求められる仕事であるため、ある程度の知識を得るための勉強は最低限必要となります。

企画

Webデザインの仕事は、まずwebサイトを作るに当たっての企画を立てることから始まります。

企画とは「作成するwebサイトはどのような目的でつくられるのか」や「ターゲットとするユーザーは誰か」をまず定めること。

そして目的を達成するためにどんなコンテンツが必要かという大枠を練ることです。

ワイヤーフレーム作成

企画が決まったら次は必要なコンテンツのレイアウトを決める等のデザインの下書きである「ワイヤーフレーム」の作成をします。

ワイヤーフレームは実際に作成するwebサイトのどこに何を配置するかという、いわゆるwebサイトの設計図の役割になります。

まずは紙ベースでワイヤーフレームを作成し、その後「Cacoo」等のツールを使い見やすく清書するという流れが一般的です。

デザインカンプ作成

デザインカンプとはワイヤーフレームに基づきサイトの完成図を作ることです。

デザインカンプで使用するアイコンや画像等は実際にwebサイトで使うものを選定し、実際のwebサイトと全く同じ見た目に作ることが大切です。

コンテンツ間の空白や文字のフォントやサイズ等も事細かに決める等、デザインカンプを厳密に作りこめばこむほど次の作業であるコーディング作業が楽になります。

コーディング

コーディングとは、デザインカンプを「HTML」や「CSS」そして「JavaScript」等といったプログラミング言語に置き換えて作成することです。

プログラミング言語への置き換えは未経験者が苦労するところです。

ただ調べながら多くのコーディングを経験したり勉強して知識が蓄積されていくことにより、スムーズに作業が行えるようになります。

Webデザイナーの将来性

Web業界は拡大しており、それに伴ってWebデザイナーの需要も高まっています。

大事なことは技術力を上げる、もしくはwebマーケティングスキルをつけることでしょうか。

JavaScriptなどの動きを取り入れるプログラミング、アプリケーション開発技術、検索エンジンからの集客を最適化するSEO対策などを身に着ける。

そうすれば組織内にとどまらずにフリーでも充分に食べていけるだけの金額は稼げるでしょう。独立しなくても、副業で稼ぐのにも非常に効率がいいです。

単価も高いし、リモートで仕事もとれるので、私の周りのノマドワーカーはWebデザイナーをしている人が結構多いですよ。

ちなみに一般的には複雑なプログラミングはプログラマーに、Webサイト内の文章の執筆はライターに分業されることが多いです。

これらのスキルも併せて身につけていれば、さらに価値がある人材として単価が高くなっていくでしょうね。

そして企業案件のみならず、わたしのように自分でサイト運営もしてしまえば、上記のスキルを活かしながら半自動的に稼ぐことも可能です。

  • ブログ=自分の分身で不労所得に近い形で稼いでもらう
  • 受託=単発で足りない分を受託案件などで稼ぐ

こんなイメージですね。

Webデザイナーの年収

Webデザイナーの年収

Webデザイナーの年収は契約形態、働く地域、企業規模などによってもだいぶ異なりますが、平均的には年収は300~400万円程度です。

決して高いわけではないですが、派生して伸ばせるスキルの伸びしろが大きいですよね。

Webデザイナーからのキャリアアップとしては、WebディレクターやWebプロデューサーの道があります。

WebディレクターやWebプロデューサーへ転身した場合は、年収も大幅に上がりますよ。

未経験からもwebデザイナーの道はある

未経験からもwebデザイナーの道はある

未経験者でももちろんwebデザイナーの道はありますが、いきなり高単価で案件を取るのは難しいです。

初めのうちは収入や支出は度外視でとにかくwebデザインに関する経験や知識を積み重ねていくことが大切です。

未経験からwebデザイナーを目指す方におすすめの経験の積み方を2つ紹介します。

ドットインストールでサイト作りを学ぶ

ドットインストールは、webサイト作りに関する事柄を1セクション約2.3分程度の動画で解説してくれるサイトです。

動画でわかりやすく解説してくれるので、動画の説明手順通りに操作すれば未経験者でも簡単なサイトを作ることは充分に可能です。

ドットインストールで取り扱う解説動画の内容は、基本的な内容の解説から流行の機能の解説まであります。

webデザイナーとして必要な様々な知識を得ることができるのです。

しかも「無料」で視聴することができるため、未経験からwebデザイナーを目指す方にとってドットインストールを利用しない手はありません。

テックアカデミーでプログラミングを学ぶ

本業を抱えていて平日や日中は時間が取れないという社会人の方は多いですよね。

会社員がプログラミングを学ぶなら、オンラインのプログラミングスクールである「TechAcademy [テックアカデミー]」がおすすめです。

テックアカデミーのwebデザインコースでは、最短4週間プランから最長16週間プランがあります。

自分のスケジュールに合わせて実践的かつプロ仕様のwebサイト作成が学べます。

専門の担当者が付き完全リモートで教えてくれるので、本業が忙しい方でも問題なし!

休日や本業の仕事終わりの時間を使いしっかりとwebデザインの知識や能力を身につけることができます。

テックアカデミーのwebデザインコースの受講料は129,000円からとなっていますが、webデザイナーを副業にするための初期投資と考えれば十分に元は取れますね。

きちんと自分のための初期投資ができない人は正直稼ぐことは難しいです。受験勉強と同じですね。

学校で無料で習いつつ、塾や予備校でポイントを抑えて点数をよくする。

子供のころは親が投資してくれましたが、大人になった自分で追い込まないと誰もサポートはしてくれません。

時間という投資をかけて己の力のみで稼げるようになる、お金を投資して効率よく学び稼ぐ。

時間だけは平等なので、どちらを選ぶかは、もちろんあなたの自由です。

\プログラミング無料体験!!/

webデザイナーの副業で稼ぐポイント!

Thumbsup、いいねする男性

webデザイナーの副業で稼ぐために大切なことは、いかに安定してwebデザインの仕事を得られるかということです。

webデザインの仕事を得るための一番手っ取り早い手段は、CrowdWorks等の「クラウドソーシングサイト」を利用することをおすすめします。

クラウドソーシングサイトでは様々な募集案件の中から、自分のwebデザインに関する能力や作業可能期間を考慮した上で仕事を選ぶことができます。

またクラウドソーシングサイトのランサーズでは、仕事の実績が多く評価が高い等のランサーズが提示した条件をクリアすれば「認定ランサー」になれるという制度があります。

認定ランサーになると、自分で仕事を探さなくても好条件の仕事の依頼が来るようになります。

安定して仕事を受けることができるようになりますね。

まずは報酬が低い仕事でも自分ができる仕事をどんどんこなしスキルと実績を上げましょう。

レベルが高く好条件の仕事を受けられるようになることはランサーズを利用する醍醐味でもあります。

私の友人は認定ランサーまではなっていませんが、やり取りして納品した企業に気に入ってもらって、個別に定期的な案件を受けています。

最初は低報酬でも安定的に仕事が入ってくるようになれば、だいぶ安心ですよね。

webデザイナーを副業にする方法:まとめ

今回ご紹介した内容をまとめてみます。

  • webデザイナーには知識と経験が求められる仕事が多い
  • 未経験者でもwebデザイナーとして働ける道は開ける
  • 自分のスキルに合った仕事が選べるクラウドソーシングサイトの利用がおすすめ
  • 「認定ランサー」になれれば、好条件の仕事依頼が自動的に来る
  • 先方が納得のいく成果を出せばクライアントからの指名もある

未経験者がwebデザイナーとして稼ぐことは最初は困難です。

ただしはじめの採算を度外視してwebデザインに関する勉強や仕事に取り組み、知識と経験を積むことによってwebデザイナー成功の道は開けます。

webデザイナーを継続的に稼げる副業にできるように早速webデザインの知識と実績の積み上げに励んでみましょう。

\プログラミング無料体験!!/

副業するなら、こちらも読んでみてください

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール