本帰国後も安心!「本帰国前」の効率的な家探し

本帰国後も安心!「本帰国前」の効率的な家探しのやり方
本帰国が決まったけど日本で暮らす家が決まってない!

一時帰国して家探しをする時間が無いし、どうしよう

本帰国後の家が決まっていないと不安になりますよね。

しかし焦って妥協し家探しを行い失敗してしまっては、せっかくの本帰国後の日本での生活が残念なものになってしまいます。

そこで今回は、本帰国が決まり海外に住んでいるうちに家を探す方法について、効率的かつ失敗しないポイントを交えて紹介していきます。

本帰国直前になり焦って家探しをする事態にならないように。

家探しの流れとポイントをしっかりとチェックしていきましょう。

本帰国前の家探しはインターネットが必須

pcとコーヒーと携帯の画像

本帰国前の家探しはインターネット上で賃貸物件を探すことになります。

お部屋探しのサイトに登録した後に、引っ越し先の地域や希望条件を選択して物件を絞り込んでいくといった流れです。

お部屋探しサイトは沢山ありますが、その中でも本帰国後の家探しのおすすめとして下記の2つのサイトを紹介します。

おすすめポイントはお祝い金やキャッシュバックが充実しているという点です。

引っ越しは何かと物入りですので、お祝い金やキャッシュバックは嬉しいですよね。

お祝い金やキャッシュバック制度が充実している「DOOR賃貸」

DOOR賃貸」は、エイブルやアパマンショップ等の大手不動産仲介業者の情報をまとめて提供している不動産情報検索サイトです。

そのため仲介手数料は物件を取り扱っている仲介業者によって異なります。

エイブルの物件なら家賃の0.5ヶ月分、アパマンショップの物件なら1ヶ月分の仲介手数料の相場になっています。

DOOR賃貸の魅力は「お祝い金」と「キャッシュバック」です。

まずお祝い金についてですが、DOOR賃貸を通して入居が決定しただけで15,000円のお祝い金を受け取ることができます。

他社サイトでもお祝い金制度は見受けられますが、厳しい条件付きだったり、申請が複雑だったりとお祝い金を受け取るためのハードルが高いサイトが多いです。

DOOR賃貸なら、簡単な手続きだけで入居が決定した方に漏れなくお祝い金が手軽に受け取ることができるのです。

またDOOR賃貸にはキャッシュバックがあり、DOOR賃貸を通して申し込みを行うことで受けられる様々なキャッシュバック制度が充実しています。

例えばインターネット回線サービスの申し込みで15,000円やウォーターサーバーの申し込みで8,000円等のキャッシュバックを受けることができます。

インターネット回線やウォーターサーバーを元々使用する予定の方にとっては、嬉しいキャッシュバックですよね。

\現金最大9.9万円プレゼント/

独自キャッシュバックシステムで人気の「キャッシュバック賃貸」

キャッシュバック賃貸は先述したDOOR賃貸同様に、大手不動産仲介業者の情報を取りまとめて掲載している不動産ポータルサイトで、近年利用者が急増している人気のサイトです。

人気の理由はサイト独自のキャッシュバックシステムにあります。

キャッシュバック賃貸は「成約課金型の広告料金」を採用しており、サイト掲載費用をお部屋の成約時に報酬として不動産会社から支払われるという仕組みになっています。

不動産業者は一般的な不動産ポータルサイトに掲載するために係る膨大な広告料金を、成約したときのみに支払う形にすることにより広告費を抑えるメリットがあります。

また成約時の広告費の一部を利用者にキャッシュバックという形で還元しているため、不動産業者そして利用者にメリットがあるというわけです。

またキャッシュバック賃貸はお祝い金の対象条件がとても単純で、キャッシュバック賃貸を通して契約を決めればお祝い金対象となります。

例えばキャッシュバック賃貸を通して不動産会社に連絡し希望する物件を見に行きます。

そして希望にそぐわなかった場合でもその不動産会社が紹介した別の物件に決めればお祝い金対象なのです。

掲載物件豊富なキャッシュバック賃貸で物件を決めてキャッシュバックを受け、お得に家探しをしてみましょう。

\引越し祝い金が必ずもらえる/

本帰国前の家探しの流れ

本帰国前の家探しの流れ

次は本帰国前の家探しから新しい家に住むまでの基本的な流れを紹介していきます。

先述した不動産ポータルサイトを活用して、効率よくそしてお得に家探しが行えるようにしっかりとチェックしておきましょう。

不動産ポータルサイトで賃貸物件を探す

インターネットで先述したおすすめの不動産ポータルサイト等を利用して賃貸物件を探します。

引っ越し先の地域を選び、間取りや近隣の環境等の希望条件を選択して物件を絞っていきましょう。

100%自分の理想に合致する物件を探すことは困難ですので、最低限の譲れない条件を決めたうえで物件探しを行うことが効率的です。

希望する物件が見つかったら不動産ポータルサイトを通して不動産会社に申し込みを行っていきます。

不動産会社に問い合わせ物件情報と必要書類を確認する

不動産会社には問合せ物件についての詳細の情報や、現在海外在住で本帰国のための物件探しであることを説明し、契約時の必要書類について事前確認しておきましょう。

事前に必要書類が用意できるのであれば後の契約がスムーズに行うことができます。

また、物件の仮押さえが可能になる場合もあります。

本帰国時に内見する

一時帰国の予定がある方はその際に物件の内見することができます。

もし本帰国まで日本に戻れない場合は、本帰国するまで契約を延期してもらうか、内見無しで契約する形になります。

しかし内見無しで契約すると失敗することも充分考えられるため、本帰国するまで契約を延期してもらうことをおすすめします。

契約を遅らせて希望する物件が他の人に契約されてしまったことを想定し、不動産会社に希望条件を伝え複数の候補物件を抑えてもらうと良いですよ。

内見後契約する

内見後物件に問題なければ契約することになりますが、契約前に不動産会社の入居審査が行われます。

賃貸物件によっては保証人が必要になる場合もありますので、先述したようにしっかりと不動産会社へ必要書類や事前準備の確認をしておきましょう。

賃貸物件の契約は、重要事項説明書や賃貸契約その他保険など各種申し込みの書類を取り交わすことになります。

面倒くさがらずにしっかりとチェックし不明な点は契約前にしっかりと確認しておきましょう。

入居までの仮住まいの確保

申し込みから入居まで時間がかかることが多いため、本帰国後のタイミングで入居が間に合わない場合。

実家やホテル等の仮住まいを確保しておく必要があります。

そして本契約後は不動産会社立会いの下で鍵の引き渡しが行われます。

その際にガスや電気そして水道などの使用手続きを行い、晴れて新居での生活がスタートします。

本帰国前の家探しの注意点

本帰国前の家探しの注意点

本帰国前の家探しで注意点は、「実際に住むことをより具体的にイメージする」という点から2点紹介します。

住環境周りの確認

まずは賃貸物件の近隣の住生活環境をチェッしましょう。

賃貸物件自体の機能面や間取りはインターネットの情報で充分チェックすることはできます。

ただし近隣の住生活環境を事前に詳しく調べることが抜けてしまう場合があります。

静かな住環境を重要視する場合は、近隣に娯楽施設や飲み屋街、そして学校等人が多く集まる施設など、騒がしい要素が無いかを確認しておきましょう。

求める住環境は人によって様々ですから、自分に合った住環境が整っている地域をしっかりと選定が必要ですね。

荷物の整理

引っ越しを行う荷物が全て収納できるかどうか?という点もしっかりと確認しておく必要があります。

海外の住まいは比較的広い物件が多いため、日本に帰国した場合、海外の家と比較すると狭くなることが考えられます。

そのため収納スペースや家具を置くスペース等を十分考慮した上で物件を探す必要がありますよね。

現在住んでいる海外物件の間取りと希望物件を比較しながら「荷物が納まる物件」をしっかり検討していきましょう。

引っ越し後にどうしても荷物が収まりきらない場合は、自宅付近のレンタルボックスなどに荷物を預けておくのも良いですね。

1か月程度預けてみて、必要なければ実家に送ったり、処分したりするなどの目途をたててみましょう。

\即日契約・使用可能/

本帰国後も安心!「本帰国前」の効率的な家探し:まとめ

今回ご紹介した内容をまとめてみます。

  • 本帰国前の家探しはキャッシュバック制度等のメリットがある不動産ポータルサイトを活用しての家探しがおすすめ
  • 家探しの流れをしっかりと確認し、必要書類や保証人や仮住まいの確保等の事前準備を行っておく
  • 本帰国前の家探しの注意点は「希望する住環境かどうか」と「荷物が収納できるか」を事前にしっかりチェック

本帰国前の家探しは手順や注意点をしっかりと確認しながら行えば、決して難しいことではありません。

本帰国後の新生活を快適に行えるように、「本帰国前」に理想の物件をどんどん探してみましょう。

本帰国にむけて、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール