ストレス限界サインを知ろう。仕事であなたがつぶされる前にできることX5つ(責任感を感じやすい方ほど読んで欲しい)

ストレス限界サインを知ろう。
仕事をしなくちゃいけないのに、どうしてもやる気が出ない…以前はこんなにイライラすることなんて無かったのに
毎日のようにイライラしてしまいストレスを感じている気がする。このまま働き続けて大丈夫なのかな?不安しか感じない…

仕事中にイライラして、なかなか作業が捗らないそんな時ってありませんか?

「疲れている」「ストレスが溜まっている」そう分かってはいるけど、その感情を置き去りにして働き続けているといつかは限界を迎えます。

実はストレスの状態を知ることができるストレス限界サインというモノがあるのはご存知でしょうか?。

仕事でのストレスを溜め込んでしまい辛いと感じているあなたへ向けて。

ストレスへの正しい対処法について知って、もっと効率的にストレスフリーな仕事環境を作ってみましょう。

ストレス限界サイン
  1. ストレスが限界を超えてしまうとどうなってしまうのか?
  2. 5つのストレス限界サインについて
  3. 5つのストレスへの対処法を身につける
ここを解説!

この順番にご紹介していきます。

わたし自身も様々な仕事をしてきた中で、ストレスを溜め込みすぎて大変だった時期がありました。

今ではストレス限界サインを理解することで、ストレスを溜め込まずにバランスを取れています。

そんな体験も踏まえて、対処法も書いていきます。

ストレスが限界値を越えるとどうなるの?

ストレスが限界値を越えるとどうなるの?

まず初めに、ストレスを溜め込み続け限界値を超えてしまった時にわたし達がどのような状態になってしまうと思いますか?

仕事が捗らなくなってしまうというのはもちろんの事なのですが、あなた自身の精神面や身体面にも大きな影響を与えてしまいます。

最悪な場合は命を失うことも

ストレスが原因で精神疾患を患ってしまうのは、現代社会では知られていますが実はストレスが慢性化すると身体的な疾患に繋がる場合もあります。

  • 心因性嘔吐
  • メニエール病
  • 気管支喘息
  • 糖尿病

他にも色々ありますが、これらの疾患は正しいストレス対処法を行うことで防ぐことが期待できると実際に病院でも診断されます。

ストレスが限界を越える前の5つのサイン

ストレスが限界を越える前の5つのサイン

自分自身がストレスを感じているのか自覚していない人も多くいます。

日々仕事をしていると「周りからのプレッシャー」「失敗に対する不安」「人間関係の悩み」など多くのストレス要因に触れているのです。

そんな生活の中でストレスに押しつぶされる前にストレス限界サインを知って、自分自身でストレスをコントロールしましょう。

具体的には以下の5つです。

  • 睡眠不足
  • 興味・関心の低下
  • 集中力の低下
  • 食欲不振または過食
  • ネガティブ思考

なかなか眠れなくなる

ストレスを感じ始めると体に現れ始める代表的な異変として、睡眠障害が挙げられます。

毎日の仕事で疲れているのに、家に帰宅してもなかなか寝付けないまま朝を迎えてしまう…

そんな体験ありませんか?

人間は睡眠が不足すると、仕事に加えて日々の生活でさえも支障が起きてきます。

睡眠障害には個人差がありますが、寝付けない「入眠困難」、夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」そして早い時間に目覚める「早朝覚醒」など様々あります。

最近仕事中になぜか眠くなってしまうんだよなぁ。。

いつもより眠りが浅い日が続いてるせいかな。なかなか寝付けない日も多いし・・・

いつもと違う睡眠障害に気が付いた時はそれがストレスが限界に近づいているサインだと思いましょう。

好きだった事にも興味が持てなくなる

今まで、好きで夢中になっていた趣味や事柄に対して興味を持てなくなるのも一つの限界サインです。

例えば仕事面だと、楽しみにしていたランチタイムでも楽しめなくなったり。

今まで楽しんでいた作業に対して「嫌だな」と感じる訳ではなく「何も感じない」という無気力な状態になってしまいます。

日々の生活では「好きだった音楽を聞いても何も感じない」「ファッションを楽しめなくなった」など、毎日暮らしていく中でのメリハリを感じられなくなる場合が多いです。

普段に比べて周りへの関心や興味が低下してきたと感じた場合、心がSOSを出し始めているサインです。

集中して考えられなくなる

仕事中や会議中にも関わらず、集中できなくなってしまって困った状況になったことはありませんか?

上司が出してくる指示も集中できなければ理解できずにミスコミュニケーションに繋がってしまいます。

集中力低下が引き起こすミスコミュニケーションは悪循環を続けて、仕事に大きく影響します。

「なんだかケアレスミスが増えてきた」そう感じ始めたら集中力が低下してきているサインです。

食欲のコントロールができなくなる

ストレスが溜まってくると日々の行動にも大きく影響が出てきます。

食欲が急激に増えたり、食欲不振に陥ってしまったりするのも典型的な限界サインです。

空腹を感じていないのに極端に食べ過ぎてしまったり、食事することに楽しく感じることができず過度に食事制限をしてしまい体重が激減することもあります。

食事をする際に、食べながら自分自身が「今どう感じてるか?」を考える時間を作ってみるとよりサインを見つけやすいでしょう。

常にネガティブに考えてしまう

仕事がうまく進んでいるのにも関わらず、不安に感じてしまうことがあります。

自分では役不足な気がする。

きっとうまくいかないわ

周りの人たちに迷惑をかけるかもしれない

そうやって常にネガティブな事ばかり考えるようになったのに気がついたら、次に紹介する対処法を使ってそこから抜け出せるようにトライしてみましょう。

ストレス限界サインを越える前に試して欲しい5つの対処法

ヨガをする2名の女性の画像

このようなストレス限界サインに気づく事ができたら、自分でストレスを和らげる方法を試してみてください。

自分自身の心のバランスはコントロールする方法、そして限界を迎える前に取るべき方法について具体的に5つの対処法をご紹介します。

  • 原因を書き出す
  • 親しい人と時間を過ごす
  • 自分が幸せに感じたときを思い出す
  • 病院に相談する
  • 転職を考える

ストレスの原因を書き出してみる

イライラしてどうしようもない時、大抵は自分自身の事しか考えられなくなっていますよね。

そんな時にペンを取って考えている事を書き出そうとすると、頭で考えていた事を文字に起こし文章化するために脳内で理論的に整理整頓してくれますよ。

更に書き出した文章を読む事で、自分が考えていた事を客観的に理解することができます。

自分は本当はこう思ってたんだ

イライラしてる自分ってこういう感じなんだなぁ

これが原因だと思ってたけど、本当の原因は違ったんだ

自分の感情と冷静に向き合うことができます。

自分の感情を理解する事で、ストレスの原因を突き止めることができますよね。

1日10分ぐらいで構わないので、自分の考えを書き出す時間を作ってみましょう。

書き出す前と、後ではストレスが軽減されているのを実感できますよ。

心おきなく話せる人と時間を過ごす

職場での人間関係でストレスを感じる人もたくさんいます。

常に緊張感を持ちながらコミュニケーションを取っていると、自然と心も疲れてきてしまいます。

そんな時は、職場もしくはプライベートで信頼できる仲間と一緒にリラックスできる時間を設けましょう。

楽しい時間を過ごすことでストレス解消にもなりますし、より親しい仲間であれ愚痴を聞いてもらって客観的なアドバイスをもらうのもおすすめです。

自分が幸せや満足感を感じる瞬間を思い出してみよう

過去に自分が「幸せ」「満足感」を感じることができた瞬間を思い出してみましょう。

人間は頭で思い浮かべた状態に、身体が自然と動いていく仕組みになっています。

簡単にいうとアスリートが試合前に行う「イメージトレーニング」のことです。

より具体的に思い浮かべる方が効率的なので、過去の幸せな瞬間を鮮明に思い出してみましょう。

「その時自分はどういう気持ちだったか」
「周りの人たちはどいう反応をしていたか」
「なぜ、自分は幸せや満足感を得られたのか」

思い出してみて、ストレスを感じている状態の自分からより前向きでポジティブな方向へ状態へと導けます。

思い切って病院に相談してみる

ストレスは自分でコントロールすることも可能ですが、限界ギリギリになってしまうと難しくなってしまうのも事実です。

限界サインが出ていて、対処法も試しているけれどストレス発散が上手にできない人は無理をせずに病院に相談してみてください。

心のトラブルの専門家に相談する事で、心が壊れてしまうのを未然に防ぐことができます。

心療内科など「病院」に通うのに不安を感じる人は、自分探しを手伝ってくれる「コーチング」も意外におすすめです。

自分自身を客観的に知ることができれば、ストレスと上手に付き合っていくベストな方法を知ることができます。

転職を検討する

ストレス限界サインを知ることで自分のストレスの感じ方を知ることができても、環境を変えない限り改善が見込めない場合もあります。

そんな時は、無理にその仕事を好きになる必要はありません。

1日の大半を過ごす職場だからこそ、自分に適した職種を選ぶ事でストレスも改善されます。

環境を大きく変えることは、最初は緊張してストレスを感じるかと思いますが「新しい事に挑戦する」という変化がストレスよりも期待感をあげてくれます。

ストレス限界サインと対処法X5つ:まとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

代表的なストレス限界サイン

  • 睡眠不足
  • 興味・関心の低下
  • 集中力の低下
  • 食欲不振または過食
  • ネガティブ思考

5つの対処法

  • 原因を書き出して客観的になる
  • 親しい人と楽しい時間を過ごす
  • 過去の幸せな瞬間を思い出す
  • 病院に行く
  • 転職する

どんなに憧れて就いた仕事でも、働く環境や仲間があなたに合わなければそれはストレスになってしまいます。

ストレスが限界値に達すると心も体もコントロールできなくなるので、そのストレスの状況を無意識に知らせてくれるのが今回紹介した「ストレス限界サイン」です。

実際に私も、自分の身体が発してるストレス限界サインに気がつくと適した対処方法を試しています。

ストレスをコントロールする事で、より仕事を効率的に楽しんでいくことができるのでおすすめです。

働き方を見直したいなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール