【実体験】残業だけで月に200時間働いてた頃の経験を暴露します

【実体験】残業だけで月に200時間働いてた頃の経験を暴露します
新卒のころの私
残業して早く成長するんだ・・・!!

まだ若かった頃。浪人、留年までしていて私は焦っていました。

人よりも多く経験を積み、仕事をしないと、世の中では食っていけないだろうと強く思い込んでいたんです。

本日は、そんな私が残業だけで月に200時間、月間トータル360時間近く働いていた頃の話をご紹介します。

なお、いまは残業地獄から抜けだし、定時で帰宅してだいぶ幸せに生きています。

どうやってその地獄から抜け出したのか?残業で悩んでいる方の1つの参考になると思います。

残業月に200時間は立派なブラック企業です

エージェントの女性画像

私が働いていた業界は人材派遣業界。

外部にはベンチャー企業とアピールし、TVのニュースや日経新聞などでも取り上げられるような会社でした。

しかし内実は安価な給料で若い社員を長時間労働をさせることで、なんとか利益を確保せざるを得なかった中小企業です。

営業やりながら営業事務もやらないといけないので、2人分以上は働かないと業務が全く終わらない状態でした。

残業を月に200時間すると1日あたりの業務時間は?

女性が残業してもタイムカードを切れないブラック企業の画像

平日は定時の8時間に加え、残業が7時間。7×5日=35時間。
土日は2日間で10時間程度。

1週間に45時間×4週=200時間/月

だいたいこのくらい働いていました。

当然ですが休みの日にプライベートで誰かに会うとかできない生活です。

当時のタイムスケジュール

1日のスケジュールはこんな感じでした。

8:00 出社、メールチェック
9:00 始業開始、朝会
9:30 外回りorテレアポなど

18:00 帰社、スタッフさんのフォロー電話開始

21:00 資料作成、システムへの案件入力、たまに会議

0:00 会社に泊まるか、帰るかを判断する

深夜の12時で仕事が終らないときは、漫画喫茶でシャワーだけ浴びて、会社に泊まった日も何日もあります。

もう帰れないなと早めに分かった際には、夕方くらいにはパジャマに着替えて仕事したり。

さすがに派遣社員で来ていた方からクレームをもらった思い出もあります・・。

会社の中で起こる、おかしな出来事

こんな生活をずーっと続けていると、さすがに倒れました。

先の人生を考える余裕もなくなり、思考停止に。目の前の作業を終わらせることだけに意識が傾いている状態です。

ちなみに私以外の同期や先輩後輩も、

  • 起きれなくて毎日遅刻するようになる
  • 営業先の道路で倒れる
  • 達成できないプレッシャーから嘘のアポイントを入れる
  • 社内恋愛、社内不倫が横行する

今考えるとおかしなことなのですが、当時は

倒れたやつがおかしい

逃げだ

これくらいの雰囲気は出ていました。

会社の仕組みや体制が悪いという雰囲気は一切なく。一種の宗教染みた空間になるんでしょうね。

残業月に200時間してた時の残業代は?

当時わたしが所属していた会社は、みなし残業代金を給料にのせる感じでした。月に約2万円。

どんなに残業をしても2万円以上にはなりません。

今考えると、ほんと安くこきつかってくれたなぁと、思うばかりです。

未払いの残業代をもらうために

わたしは請求しませんでしたが、以下のような場合は正当に残業代を請求する資格があります。

  • 1日8時間を超えて働いたにもかかわらず、その超えた分の残業代
  • 1週間で40時間を超えて働いたにもかかわらず、その超えた分の残業代
  • 深夜労働(午後10時~午前5時まで)に対する割増賃金
  • 休日労働に対する割増賃金が支給されない

このような所定の就業時間を超えて働いたにもかかわらず、その超えた分の残業代等が支給されない場合は、きちんと請求できます。

ただし、残業代請求の権利には2年の消滅時効があります

ですので、未払いの残業代を請求するなら、辞める前にやるのが良いです。

当然ですが、証拠をそろえ会社と戦うには、かなり緻密な準備が必要です。

チャイ猫
でもただでさえ忙しい中で、

そこまですべてを完璧に準備するなんて・・・

難しくない?

はい、それはそうです。

ですので、残業代金をしっかりと請求したい方は、専門家に相談しましょう。

取りこぼすこともなくいただくことができます。

相談さぽーとなら無料で相談できますので、聞いてみると良いですよ。

\無料で24時間相談可能/

残業をやめて外の世界を見る

残業をやめて外の世界を見る

わたしは自分が倒れるまで働いてしまいましたが、もしあなたが今も残業で苦しんでいるのであれば、そうなる前に辞めることを視野にいれてください。

別に「逃げ」とか言われてもいいんです。逃げたっていいじゃないですか。

そんな奴らとは2度と合わなくても、もっと良い出会いにたくさん巡り合えますよ。

もし余裕があるならば、在職中に次の仕事を探せるとよりベターですが、そんな余裕すらない当時の私みたいな人は、まずは辞めるという行動に出ましょう。

すぐに辞めることなんてできるわけない!と思う人は

すぐに辞められないと思われる事情ってありますよね。たとえば

  • 転職したばかり
  • 引き継ぎしたばかり
  • 特殊な顧客で引きつげない
  • 周りが頑張っているし、自分だけというのは・・・
残業代とかもういいから、とにかく辞めたい!

・・・けど、みんなまだ働いているし

そんなこと簡単にできるわけがない

責任感のある人ほど、業務を自分で抱えてしまいがちです。でも、それ手放していいんですよ!

特定の人がいなくても回る仕組みを作るのが、組織である会社の存在意義です。それができていない時点で、管理者の監督不行き届きなだけですから。

そうはいっても、頭でわかっていても行動に移せない・・・

こういう方は退職代行EXITのような退職を手伝ってくれる業者を利用しましょう。

大事なのは会社ではなく、あなたの健康です。すでに多くの方が利用して会社を退職して次に進んでいますよ。

\明日から会社に行かなくてもOK/

残業がない会社へ転職するには

転職エージェントのコンサルタント

あなたが思っている以上に、残業のないホワイトな求人ってありますよ。

ただ、市場には出回らずに、人材会社が非公開求人として持っているケースが大半です。

公開すると応募者殺到して、企業側の時間が無駄に取られちゃいますからね・・・。

あなたが日本国内でよい求人を探したいのであれば、リクルートエージェントJAIC(ジェイック)を利用するときっと良い求人に巡り合えますよ。

リクルートエージェントは人材業界でも最大級の求人数を持っていますので、ある程度キャリアがある方であればよい案件を紹介されやすいです。

リクルートエージェント
\転職成功実績No.1/

JAIC(ジェイック)は第2新卒の方や比較的キャリアが若い方におすすめです。内定後もしっかりとフォローをしてくれます。

既卒やフリーターなどの未経験者の転職成功率も80.3%!!

そして転職希望者の転職後の定着率94.3%という驚異の数値。

きちんと優良な企業を紹介していることを裏付けていますね。

JAIC(ジェイック)
\就職後の定着率94.3%!/

私と同じように海外で働いてみたい方はJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)を利用しましょう。

人材会社として世界最大級の海外求人を持ち、日本人スタッフも世界各国に多くいますので、日本語で優良な求人を紹介してくれますよ。

\無料で利用できます/

ほかにもおすすめの人材会社はありますので、詳細が見たい方は下記も参考にしてみてください。

残業月に200時間やってた経験:まとめ

残業で会社のために散々尽くして働いてきましたが、労働の対価としてきちんと給与を受け取ることが私はできませんでした。

もちろん、いやなことばかりではありません。

当時共に働きまくった仲間に会うときは、同じ時間を共有した唯一の戦友として今でも大事です。

ただし、もし今同じ環境があった場合にそこに入社するか?と問われれば答えはNOです。

会社にだけ人生を預けていれば、安心して老後を迎えることはできる時代・・・では完全になくなってしまっていますからね。

これからはいかに会社をうまく利用しつつ、どれだけ自分の力で個人でも稼げるような人材になれるか?が大切です。

副業解禁も政府によって推進されます。会社のために残業ばかりしている場合ではありませんよ。

まずは退職をし、転職して自分の時間を確保し、個人で稼げるように自己投資する時間を作っていきましょう。

残業で悩んでいるなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール