薬剤師も副業ができる!薬剤師向けのおすすめ副業と注意点まとめ

薬剤師の副業の記事のアイキャッチ画像




薬剤師って思ったほど給料は高くないから本業の薬剤師の仕事の他に働きたい!何か良い副業はないかな?

副業をしたいと考えている薬剤師さんは多くいらっしゃると思います。

「副業をしたいけど薬剤師ってそもそも副業できるの?」という疑問を持たれている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、薬剤師向けの副業と、薬剤師が副業を行う上での注意点を紹介していきます。

薬剤師は、勤務先や勤務先での役職によって副業が法律で禁止されている場合もあります。

まず自分は副業が認められている薬剤師かどうかをしっかりと確認した上で、薬剤師向けのおすすめ副業をチェックしていきましょう。

薬剤師は副業が認められているのか?

チェックマークを顔に当てている4人の人間の画像

薬剤師の副業が法的に認められていないのは、以下の2つです。

  • 国立病院や役所で働く公務員の薬剤師
  • 管理薬剤師

国立病院や役所で働く公務員の薬剤師の場合は副業が認められていません。

理由としては、公務員は国家公務員法または地方公務員法で兼業(副業)禁止が定められているからです。

また、公務員以外の薬局勤務の薬剤師でも管理薬剤師として働いている方は、薬事法により管理薬剤師として働く薬局以外での勤務を禁止されています。

管理薬剤師として働いている方は、他の薬局で働く等の薬剤師の資格を活かした副業を行う場合は注意が必要です。

薬剤師向けおすすめ副業3選

薬剤師の資格を活かして働ける副業の中からおすすめの副業を3つ紹介します。

せっかく薬剤師の資格があるのですから、誰でもできる副業を選ぶよりも薬剤師資格を充分に活かせる副業を選ぶことの方が賢い選択と言えるでしょう。

薬局薬剤師

薬局の画像

薬剤師におすすめな副業の一つとして薬局薬剤師が挙げられます。

薬局薬剤師の一般的な時給相場は2,000円以上であることや、働いた分だけ収入を得ることから堅実に稼ぎたい方には最適な副業と言えます。

本業の仕事終わりや休日に働ける薬局を探すことができれば、「本業の仕事の延長」のような形でストレスなく働くことができるでしょう。

本業の休日が決まっていたり夜勤や当直が無い病院薬剤師にとっては、副業として薬局で勤務する際のシフトが組みやすくおすすめの副業です。

ドラッグストア

ドラッグストアの画像

薬局薬剤師と同様に、ドラッグストアで薬剤師として働くことも、薬剤師向けのおすすめの副業の一つです。

近年ドラッグストアの店舗が増加し深夜まで営業している店舗も多くなったため、ドラッグストアにおける薬剤師需要が増えています。

深夜営業のドラッグストアなら遅くまで本業の仕事をしている方でも働けますし、夜間帯の勤務で時給も高いため短い時間で効率的に稼ぐことができます。

またドラッグストアでは一般用医薬品を取り扱っているため、病院勤務の薬剤師の方にとっては、普段経験できない一般用医薬品の知識も増えることからスキルアップにも繋がります。

派遣薬剤師

薬剤師の女性の画像

派遣薬剤師は、「時給が高い」「単発で入れる」「業務が単調」と三拍子そろったおすすめの副業です。

派遣される勤務地までの移動距離が長かったり、劣悪な職場環境だったりする可能性はありますが、単発の仕事と割り切れる方はストレスを感じずに働くことができます。

派遣薬剤師の一般的な時給は勤務地にもよりますが3,000円以上と割高な相場になっています。

ファルマスタッフ」等の薬剤師派遣サイトに登録することで派遣薬剤師の仕事をはじめることができますよ。

派遣薬剤師は事前の契約に基づき決められた曜日や時間帯に派遣薬剤師として働くことになります。

短い期間(3か月が一般的)で契約を更新するかしないかを選ぶことが出来ますので、「ちょっと合わないな」と感じた場合でも、1年待たずに辞めることができるのは魅力ですよね。

\時給4,000円案件も多数!/

薬剤師が副業を行う上での注意点

Attention、注意の画像

薬剤師が副業を行う上での注意点を説明します。

副業を行うことによる様々な悪影響を避けるためにも、次にあげる2点には充分に注意して副業に臨みましょう。

本業の勤務先の就業規則をチェック

就業規則において「副業禁止」を謳っている会社は多く存在します。

まずは自分の勤務先の就業規則をチェックし、副業禁止の項目が無いかをしっかり確認しておきましょう。

副業禁止の会社によっては、副業を行った場合の処分について就業規則に明記されている場合もありますので注意が必要です。

副業禁止の会社に勤めていても副業を行いたい場合は、こっそり上手に副業を行う方法を把握しておくことも大切です。

100%バレないという保証はありませんので、あくまで自己責任で副業を検討してみましょう。

副業を行っていることは他言無用

順調に副業を行うことができ収入も上がると、副業で成功していることをついつい誰かに話したくなってしまうことがあります。

しかし副業の成功話を会社の同僚等に話してしまうことにより、嫉まれて副業話を本業の会社にリークされてしまう場合があるのです。

本業の会社に副業がバレた場合、副業禁止の会社ではなくとも良い印象を持たれることは少なく、本業のポジションに悪影響を及ぼす可能性もあります。

副業の話をしないこと、そしてバレない対策を事前に把握しておくことも大切です。

薬剤師向けのおすすめ副業と注意点:まとめ

今回ご紹介した内容をまとめてみましょう。

  • 公務員薬剤師及び管理薬剤師は法律上原則として副業はできない。
  • 薬剤師は資格を活かして〇〇などの派遣等で薬剤師の副業をするのがおすすめ。

妄想だけしていても仕方ないです。まずは派遣会社に登録して自分のスキルでいくらもらえるか?通える範囲に仕事があるのか?確認してみましょう。

\時給4,000円案件も多数!/

今回ご紹介したおすすめ副業以外にも、薬品の知識を活かしたメディカルライターなど、薬剤師向けの副業の選択肢は多岐にわたります。

本業の仕事の就業時間や仕事内容を考慮した上で、やれそうな副業ややってみたい副業をピックアップして、早速行動に移していきましょう。

副業するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!