タイ・バンコクでの求人の探し方

転職エージェントのコンサルタント
バンコクで仕事をしたいんだけど、どうやって探せばよいのかな。

そんなあなたに向けて、タイのバンコクで日本人が働く場合の求人情報の探し方について記載いたします。大きく分けて下記5つです。

  • 自分で探して応募する
  • ネット系求人広告サイトを活用する
  • 仕事を紹介してもらって応募する
  • 企業から直接アプローチ、スカウトされる
  • 知り合いに紹介してもらう

結論から言いますと、まずは日本でJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)などを利用して求人を確認してからタイに来ることをおススメしています。

\無料!バンコクや海外案件が多い/

さて、それでは1つずつ見ていきましょう。

バンコク週報などの求人で自分で探して応募する

wise

バンコクのフリーペーパーや、そこが運営するWebサイトを参照する方法です。

以前、いくつかバンコクのフリーペーパーを紹介させていただきましたが、巻末には求人情報が載っています。

そちらからメールをして応募することができます。また、同じ内容は各社のWEBサイトにも掲載されております。

掲載されている求人は月給3万~7万バーツ(10万~24万円)程度のものが多い印象です。個人的には毎回のように募集をしている企業を見ますと、

売り上げ急上昇<離職者多数or条件悪い

という想像につながります。胸に響きますな・・・。

ちなみにハロータイNewsclipも求人情報があります。

ただし、あいだに代理店(後述するような人材紹介会社)が入って求人を掲載しているんですよね。

なので純粋な企業求人も載っているという意味ではwiseかバンコク週報になります。

ただし、こういったフリーペーパーの巻末や、掲示板などを利用して応募するのはオススメしません。詳細は下記御覧下さい。

バンコクのネット系求人広告サイトを活用する(タイローカル、日系)

woman-690036_640

バンコクにあるネット系求人広告サイトを利用して案件を探す方法です。

タイローカルサイト

基本的にはタイ人がタイ人を募集する際に活用しているケースがほとんどです。

ただ日本人求人もたまにあります。ただここから探すのは効率が悪いですけどね。

Jobsugoi.comは日系企業向けの人材採用支援サイトですね。オザキコンサルティングという日本人が代表の会社です。

以前、ソフトバンクグループが株式を取得したと話題になってました。

日系サイト

2015年度にできたサイトでWakuWaku というサイトがあります。

5万THB以上、日本人、正社員、バンコクで検索したら34件ですか。思ったよりあるなぁ~と思っていました、、、が。

残念ながら、良く見たら半分近くは人材紹介会社が案件を載せてますね。これなら後述する人材会社に登録しておくだけで充分ですね。

バンコクにある求人をエージェントに紹介してもらって応募する

agent

例えば日本でも有名な外資のJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)、はバンコクにも支店をかまえています。

基本的にはこういった人材紹介会社を活用してタイで就職、転職というケースが圧倒的に多いです。

定期的に日本でもタイの就職相談会を開催していますね。

いきなりタイに行くのではなく、まずはエージェントに登録をして、日本で話を聞きに行くと良いですよ。無料で相談することができます。

JACリクルートメント

画像参照:JAC Recruitment

JACリクルートメントの詳細

求人数 約6,000~10,000件
取引先企業数 約25,000社
コンサルタント数 1,200名以上
転職実績(累計) 430,000人
特徴 外資系・海外企業に強み
料金 無料
運営会社 株式会社ジェイエイシー リクルートメント
主要対応エリア 全国対応

おすすめできる人

  • 語学力を活かして働きたい方
  • 外資系企業・海外勤務を希望している方
  • 海外駐在で資産を貯めたい方
チャイ猫
海外移住、海外転職を支援するサービスではないんだね。

あくまでも国内の外資企業か、日本法人がある企業からの海外勤務ってことだよね。

チャイカプ(私)
そうそう。いきなり海外の現地で仕事を探しても給与はたかが知れてます。

海外駐在、海外出張でグローバルに活躍したいなら、JAC Recruitmentは外せない1社ですね。

海外で働きたい人や、国内で英語を活用して活躍したい人はJAC Recruitmentを利用しましょう。

中でも年収600万円〜2,000万円の方はさらにチャンスが広がります。

チャイカプ(私)
わたしの周りの友人も利用しています。無料で使えますしね。
\無料で利用できます/

バンコクにある企業から直接アプローチ、スカウトされる

-shared-img-thumb-PAK85_otonashikushiyagaredon20140830184335_TP_V

いわゆるダイレクトリクルーティングというやつですね。LinkedInが有名です。

SNSなどを活用して、必要な人材に企業が直接アプローチする手法です。

上記で紹介してきたような求人メディアや人材紹介といった「仲介役」を介さずに、直接採用候補者(つまり、あなたです)とやりとりする採用活動です。

日本だとWantedlyや先日紹介したキャリアトレックなどはそれにあたります。

LinkedInはきちんと職歴を記載しておくと、結構メッセージが飛んできますよ。

私はだいぶ放置していたのでチャンスを逃してました・・・。でもこの手法はバンコクだと外資だけが利用していますね。

余談ですが、バンコクにいる日系大手の採用担当者はこういったことは基本的に行わないでしょう。

採用担当だけをやっているわけではないので、彼らは試す余裕がないと思います。なぜなら、

  • アプローチ時点では自社に興味を持っていない人材
  • そもそも転職意向がない人材

これは候補者にアプローチしてみないと分かりませんからね。

説得のプロセスに採用担当者の工数がかなり割かれるため、タイの日系大手ではこの手法は今はまだ難しいかも。

逆にいうとバンコクにある日系ベンチャーは良い人材確保のために積極的に取り入れるべき手法の1つですよね。

バンコクにいる知り合いに求人を紹介してもらう

friends-775356_640

従業員からの紹介(いわゆるリファラル・リクルーティング)はタイでも多いと思いますよ。

私が以前に所属していた日系企業も「紹介者には奨励金出すよ」~なんてメールが飛んでいました。

忙しくて英語読むのを途中で放棄したので奨励金の額はしりませんが・・・。まぁ微々たるものでしょう。

バンコクの求人の探し方:まとめ

12053176_1006884382695910_1699468369_n

ひとくちにタイで現地採用として働くといっても色々なアプローチ方法があります。

ただ個人的には、いきなり現地に飛ぶのではなく、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)などで海外駐在案件を探したあとの方が良いですね。

海外駐在案件の方が給料も福利厚生も高いです。良い条件で海外にいける可能性を探しておきましょう。

\無料!バンコクや海外案件が多い/
チャイカプ(私)
これからタイや海外で就職活動を始める人へ。

注意点、手続き、就職活動に必要となる情報をまとめた記事一覧は下記リンク先から確認してみてください

完全網羅
\海外就職の始め方/

海外で仕事をするなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール
もう迷わない! タイ就職完全MAP
タイでこれから暮らしてみたい方は、こちらのタイ就職までの流れを読めば完璧です。