タイでワーキングホリデーはできません。じゃあ代わりの手段は?

タイでワーキングホリデーはできません。じゃあ代わりの手段は?

わたしは2013年からタイで現地採用として働きながら生活をしています。

来た当初に比べ、海外から旅行でタイに来る方や、在留邦人として長期間タイに住む日本人も増えてきております。

日本やタイの人材会社で勤務していたこともあるので、旅行者以外の日本人も多く見てきました。

タイでワーキングホリデーってあるのかな?

タイを好きになって、旅行の次はワーホリで住んでみたいという方も少なからずおります。

ただ残念ですが、結論から申し上げますと、タイでワーキングホリデーはできません。

とはいえ、せっかく興味を持った国だから、なんとかして長く滞在できる方法を探している方もいると思います。

そこで今日は、『タイのワーホリ』以外で、キャリア経験も詰めて長期滞在もできる方法をご紹介します。

タイにワーホリはないから、アルバイトでいい?

本業とパートを天秤にかけている女性の画像

先ほども申し上げましたが、タイにワーホリという制度はありません。

東南アジアでワーホリの制度を設けているのはシンガポールのみです。

そうなんだ。

じゃあアルバイトやパートでいっか。

はい、これダメです。

タイではビザの関係上アルバイトであっても現地の給料をもらって働くことは禁止されています。

そもそも労働ビザとワークパーミット(就労許可証)。

この2つがないと週1回だろうが、週5日だろうが働くことはできません。

飲食店とかで違法に募集をかけているケースもありますが、見つかった場合は最悪2度と入国できなくなる可能性も0ではないですね。

タイではワーホリの代わりにインターンシップ?

タイではワーホリの代わりにインターンシップ?

じゃあインターンしようかな。

最近海外インターンって流行ですよね?

なんか箔もつきそうだし。

たしかに、日系企業を中心にインターンシップの制度を設けている会社はあります。インターンを専門に扱うWEBサイトなどもあります。

しかし、上記を利用して参加するためには、あなたがお金を払わなければなりません。

労働力を提供するのに、お金がマイナスになって帰国するのはどうなのでしょう?

インターン先でも給料はほとんど出ず、しっかりとビザや労働許可証を出さずに、単純作業で募集をかけているところも多いのが現状です。

それに人事担当は数百人、数千人と応募者を見ています。

人事担当
やった内容だけ見ると

それ別に日本でもできたよね?

たとえ口には出さなくても、実査にやったことを聞いてみれば一目瞭然。

海外はただのミーハー心かな?と思われ、たいして加点もされることなくスルーで終わります。

あなたにとって、なんのためのインターンなんでしょうか?

もし企業で本格的に働いてキャリアを積みたいというのであれば、あまりおすすめはできません。

それでもやりたい方は、以下を参考にしてみてください。

タイで働くキャリアを手に入れるには

タイで働くキャリアを手に入れるには

とにかく長く滞在したい!

というならば、素直に初めから語学留学で学生ビザを取り、半年~1年ほど滞在しましょう。

そうではなく、キャリアを積みたいというのであれば、現地で就職するのもありです。

いわゆる現地採用という形で、現地の日系企業などに雇用され、働く形態です。わたしもこれです。

ただし、日本語以外にスキルがない状態で働くと、安く使われて損をする可能性が高まります。

会社員として今後しばらく生活することを想定しているのであれば、まずは海外の就職に強いエージェントを日本で利用しましょう。

たとえばJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は世界中に支店もあり、海外案件に強いことで有名です。

自分でも採用してもらえる企業があるかを確認してから、現地のタイへ飛ぶのでも遅くはありませんよ。

\登録も利用もすべて無料です/

現時点で「日本語くらいしかスキルがない!」という方は以下をご参照ください。

現地採用はキャリアアップに繋がるのか?

現地採用はキャリアアップに繋がるのか?

タイ・バンコク駐在員インタビューでも書きましたが、基本的には給与などの待遇面では駐在員のほうが圧倒的にいいです。私自身、現地採用として働いていますので、

タイでワーホリをしたいと思ったのであれば、現地採用として仕事をしてみることを無条件におすすめします!

・・・と言いたいところですが、現実は違います。人材系の派遣や転職のエージェントは、

人事担当
現地採用で2年~3年といった経験を積めば

日本に帰ってからも評価をしてもらえますよ!!

時代はグローバル!

海外経験があれば転職には困りません!

人事担当

バンコクであれば英語が通じる会社も多いです。

働きながら英語力を上げられますよ!

おそらくこういう前向きなコメントをいただくと思います(笑)

ハッキリ言ってしまいますと、現地で働いたという経験がキャリアとして正当に評価されるかどうかは、その人の年齢、入った会社、実績で変わります。

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

タイでワーホリはできない:まとめ

タイでワーホリはできない:まとめ

ワーホリができないと嘆いている方もいるかもしれませんね。

ただご安心ください。むしろやらなくてよかったと思っている人も多いです。

理由としては帰国後のキャリア形成です。タイに限った話ではなく、現在の日本の企業ではワーキングホリデーに対する評価はあまり高くありません。

あなたがどんなに大変で苦労をしたというエピソードを話しても、『現実逃避をして海外で遊んでいた』と捉える企業も多いのが事実です。

ワーホリは海外経験として前向きにはみなされず、正当な評価を得られないという声はよく聞きます。

冷静に考えると当たり前なのですが、、、、たとえば社会人になって数年経過した人間がアピールするスキルとして

日常会話の英語
そしてイチゴを効率よく摘めます!

と言って、その会社のオフィスで活躍するイメージを人事担当に持ってもらえますか?という話ですね・・・。

タイで雇われるキャリアとして実績が積みやすいのは、

駐在員>>現地採用>>インターン>>違法バイト(経歴書にかけない)

日本は『正社員として働いていたかどうか?』を強く重視します。

あなたがすでに日本で正社員経験が数年あるのであれば、すぐに海外チャレンジをしてもいいと思います。

キャリアが途切れることもないので、海外から帰国しても引き続き活躍できる場所はあるでしょう。

\登録も利用もすべて無料です/

スキルがないまま渡航して、帰国後に仕事が見つからずに困る人にならないように。

それなりに準備をしてから望むことをお勧めします。

20歳~25歳くらいならまだなんとかなりますけど、アラサー付近になってくると結構大変です。

海外へ出る準備の例として、以下のリンク先も参考にしてみてください。

海外へ出るなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール
もう迷わない! タイ就職完全MAP
タイでこれから暮らしてみたい方は、こちらのタイ就職までの流れを読めば完璧です。