【体験談】タイ転職エージェントでおすすめ3社を紹介します

【体験談】タイ転職エージェントでおすすめ3社を紹介します
転職エージェントや求人サイトはたくさんありすぎてよくわからないなぁ

どこが良いんだろう?

とりあえず現地行って探せば良いんじゃないの?

私は日本やタイの人材会社でも働いていたのでわかるのですが、転職ってやはり大きな出来事ですよね。

2013年にタイにきて働きながら、100人以上の就職・転職事情を直接現地で見て聞いています。

今日はそんな私から、タイの転職にオススメのエージェントをご紹介いたします。

なお、結論から申し上げますと、これからタイに来る予定の方は、日本にいるうちにJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)を利用して探すのが1番良いです。

\会員登録(無料)/

上記は誰にでも共通していますが、人によって平行して利用すべき転職エージェントが変わります。詳細をご紹介していきますね。

タイ転職にオススメのエージェントの定義

転職エージェントのコンサルタント

これから紹介する会社は、実際に私や友人が利用したタイへの転職を紹介してくれるエージェントの中で、信頼出来ると実感したエージェントです

信頼の定義は下記3点です。

  • 紹介できる求人案件数が多い
  • ビザの支給条件を満たしている企業
  • キャリアアドバイザーのレベル
  • 登録料、転職サポートが無料
  • 日本人スタッフのいる会社

日本と同様に、タイにも多くのエージェントがありますが、実際に利用されていて評判が良い企業は少ないです。

上記を満たしていない企業だと、

  • 案件数が少ない
  • →求人を紹介してくれない

  • ビザの支給がない企業
  • →違法労働でつかまります

  • 担当者のレベルが低い
  • →ミスマッチ案件ばかり紹介してくる

  • 登録料、転職サポートが有料
  • →基本的に無料でやってくれます。

  • 日本人スタッフがいない
  • →細かい契約条件などが伝わらず、あとで問題になるケースも

登録は無料でも転職できたら料金を取られる会社や、現地のローカル人だけで運営している会社だといろいろと問題が発生しがちです。

そもそも登録するだけ時間の無駄ですよね?

そうならないように、実際に私の周りで無料で利用できて、評判が良い企業を厳選しました。

タイ転職エージェントのオススメベスト3

上記条件を満たしているタイの転職エージェントをご紹介しますね。

最低でも登録しておきたい転職エージェントは以下の3社です。

タイ転職エージェント1位:JAC Recruitment

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は1975年、UKにて設立して40年以上経過している老舗の企業です。

アジアを中心に10カ国26拠点を誇る日系最大のグローバル総合人材紹介会社として、日本法人は上場もしています。

海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

通常、大手の転職サイトは、キャリアアドバイザーと法人営業は分業しています。

しかしJACは1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、アドバイザーとしての質が圧倒的に高いです。

当然ですよね。企業側の案件も自分でヒアリングしていますので、細かいところまで把握してますから。

求人案件の数、アドバイザーの質、ともに私の周りの評価ではNo.1です。

\会員登録(無料)/

タイ転職エージェント2位:ビズリーチ

ビズリーチ』はヘッドハンター型の転職サービスです。経歴を登録しておけば、あなたのこれまでのスキルや年収に応じたキャリアを提案してくれます。

ただし、まだスキルもなく年収も低い若年層にはあまりおすすめできない転職サービスです。

目安としては現時点の年収が600万円はないと、正直相手にされません。

逆にいえば、その年収600万円以上稼げるレベルの人はむしろ登録しないと損していますよね。

だって海外に限らず、同業界も含めてあなたの年収があがる可能性が高いですから。

「自分が世の中に必要とされているのか?」
「今のスキルって市場で通じるの?」

日々の業務に追われて、マーケットで通じなくなっていては本末転倒ですよね。

ビズリーチは登録するだけで、日本中の優秀なヘッドハンターにあなたの経歴を知ってもらます。

ある程度キャリアを積んでいればまずは登録しておくべきですね。

\年収100万UPは当たり前に発生/

タイ転職エージェント3位:doda

タイ転職エージェント3位:doda

doda』は国内では業界2番手の転職サービスで、、海外拠点数は日系転職エージェントとしてトップクラスを誇ります。。

dodaは海外求人向けの専用セクションを設けるほど海外案件に力を入れていますので、海外求人も豊富にあります。

「アジア転職相談会」も開催するなど、「転職活動全般におけるサポートの厚さ」にも定評があります。

ちなみに海外にある支店では人材紹介サービスだけではなく、広く「人事」関連のサポートサービスを企業向けに提供しています。

ビザ関係の支援に始まり、労務規定の策定など、海外各国での「会社と従業員に対するルール」を熟知しているのはツヨミと言えますね。

幅広く海外求人を見ていきたい方にとっては、dodaがおすすめできます。

\海外案件を幅広くチェック!/

これらのエージェントは、実績が豊富で求人数が圧倒的に多いので、タイ・バンコク問わず海外就職を考える方におすすめの転職エージェントです。

多くの求人数に比例した豊富な転職ノウハウもあるので、タイや海外の転職を考え始めたら、最初に登録しておくべきエージェントです。

なお、どれか1社だけ選べと言われたら、間違いなくJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)です。ここだけは外せないですね。

\会員登録(無料)/

番外編①:スキル経験無し、日本語のみの若手の方(18歳~29歳)

JAIC(ジェイック)

タイで就職をする。日本語のみで仕事をするキャリアに未来はあるか?」でも書きましたが、タイ転職にあたり正社員経験があまりなく、日本語を話せるだけという方の場合。

こういう方は焦って海外に出るよりも、国内で経験を積んだ方が良い求人に巡り合えます。(というか、そうしないとキャリアが詰むリスクが高まる)

経験値が少ない方にオススメなエージェントは、JAIC(ジェイック)です。

ジェイックの何がすごいって、まったくの正社員経験者がない方を対象にしても、

就職成功率 80.3% !!
就職後の定着率94.3% !!

この数値、ハローワークを圧倒していますからね。

ちなみに一般的な人材エージェントは、転職したあとはあまり関わりを持たなくなるケースが多いです。

それ自体は別に悪いことではないのですが、初めて正社員になる人からすると、結構不安だったりしますよね。

ジェイックは就職後の支援では賞を受賞するくらい手厚いサポートが売りです。

このあたり、慣れない正社員生活も考慮してくれる姿勢が見えますよね。

ご自身の経験値がまだ足りないなと自覚がある方は、JAIC(ジェイック)に相談してみてください

\未経験から正社員へ/

番外編②:タイ現地の人材エージェント

タイ現地の人材エージェント

ただし、後述しますがいきなり利用することはオススメしません。

今はネットも発達していますからね。まずは日本で準備して、それでも無理な場合に利用するようにしましょう。

パーソネルコンサルタント

パーソネルコンサルタントは、1994年にタイ・バンコクで設立された転職エージェントです。

タイにある日系人材紹介会社では一番長く営業をしています。

タイ現地に日本人スタッフも数名所属しています。(私の知り合いも前は何人か働いていましたので、内情はよく聞いています・・・。)

BTSスカイトレインのアソーク駅(=MRTのスクンビット駅直結)のビルに所在していますので、直結でオフィスにも行けるので利便性も高いです。

市人リクルートメント

市人リクルートメント(いちじんリクルートメント)は2009年6月創業した人材紹介会社です。

バンコク市内とタイ東部にあるチョンブリ(アマタナコン工業団地近く)に2拠点あります。

日本人2名を含む10名体制。工業系の求人がある地域に進出しているだけあり、製造業の求人に強いです。

自社のグループにも金型の設計・製作会社を持っているため、業界事情にも詳しいのはよいですね。

工業団地での技術者、セールスエンジニアなど、興味がある方は利用してみましょう。

いきなり現地で探すのはNGな理由

借金背負う男性イメージ

とりあえず旅行がてら、ふらっと寄って仕事探せばいっかな
タイって決めているなら、タイに特化している転職エージェントの方が良いんじゃないかなぁ?

タイに旅行のついでにエージェントに登録。わたしも昔やってしまったのですが、これは間違いなく損するパターンです。

タイ旅行そのものは賛成です。現地の雰囲気を少しでも味わうだけでも、タイに転職して働くイメージが変わりますからね。

ただ現地で仕事を探す前に、必ず日本でも大手転職エージェントにも登録するべきです。

まず大手エージェントに登録する理由

理由は下記3点です。

  • 選択肢を広げる
  • 大手だから持つ選考突破のノウハウを得る
  • 海外就職全般の傾向や給与の相場感を掴む

タイ駐在員と現地採用の違いでも書きましたが、あなたが思っている以上に、駐在員として海外に出て働いてくれる人を求めている企業は多いです。

当然ですが、駐在員のほうが給与も福利厚生もしっかりしています。

いきなり現地ローカル系の転職エージェントを利用すると、この可能性を自ら消滅させていることになります。

病気になったらセカンドオピニオンが大事ってよく言いますよね。

現地の人材エージェントはあくまでも現地採用の案件に特化しています。

もう少し高い視点で、あなたの可能性をまずは見てもらう方がいいですよ。

あと、旅行ついでに現地にいきなり行っても本気と思われないので、きちんと対応してくれないことがあります。

現地のエージェントは日本と比べて小さいですので、日本人の数も限られています。

当然彼らも働く時間が無限にあるわけではないですので、本当に転職できそうな人しか相手したくないのが本音です。

海外に出る覚悟がある(既に日本でも転職活動として動き始めているなど)人だけに時間を割きたいでしょうからね。

積極的に自ら情報を取りに行くことが、海外就職の成功のカギです。最低でも2社は登録しましょう!

迷ったら、業界大手の『JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)』と『doda』に登録しておけば、幅広く海外求人を確認できます。

現地採用だとお給料が悪いのはわかったのですが、

でも、駐在だとすぐに赴任できないでしょ?

これ、わたしも勘違いしていたのですが、駐在でも最近はかなり早く渡航できる案件もあるんですよ。

当然応募が殺到するので、公開せずに非公開求人としてエージェントが抱えているんですが・・・。

考えてみれば当然で、海外に出れる人材が社内にいない=中途で人材を探しているわけです。

企業側としても、むしろ早くタイや海外に渡航してほしいんですよ。早く出たい方は、早く海外に出たい旨を伝えて、キャリアアドバイザーに一緒に探してもらいましょう。

\会員登録(無料)/

タイ転職までの流れ

タイ転職までの流れ

タイの仕事を見つけて、実際に働き始めるまでのおおまかな流れは以下のとおりです。

転職エージェントに登録(5分)

エージェントから電話を受けて日程調整

キャリア面談に行くき、求人情報をもらう

(このタイミングであなたの職務経歴書のブラッシュアップもしてもらう)

良さそうな求人に応募。書類選考(約1〜2週間)

Skype面接or現地面接

内定。雇用条件や給与交渉を代わりにやってもらう

内定先の企業から指定された書類を準備する

タイに渡航し、海外就職を開始する

タイや海外向けの転職エージェントに登録後、平均2ヶ月~3か月程度で採用合格通知をもらっています。

もちろん仕事が決まってはいおしまい!ではないですよね。

内定前後の動きとして、はじめてタイに移住となると、いろいろと手続きが必要になります。

以下リンク先では一連の流れをまとめましたので、よろしければ確認してみてください。

この中で内定をもらう前に見ておくべき記事として、3つほどピックアップしておきますね。あなたの状況に応じて見比べてみてください。

タイ転職におすすめの転職エージェント:まとめ

今回はタイで転職するために、利用したい転職エージェントや活用法についてご紹介しました。

タイ転職にまず活用したいおすすめのエージェントは以下のとおりです。

あなたの現状に合わせて、うまく使い分けてくださいね。

もし機会があれば、転職に成功し、タイでお会いできる日を楽しみにしています。

タイで転職するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール

もう迷わない!

タイ就職完全MAP

タイでこれから暮らしてみたい方は、こちらのタイ就職までの流れを読めば完璧です。