正社員と派遣社員どっちがいいの?それぞれのメリットとデメリットをご紹介

正社員と派遣社員どっちがいいの?それぞれのメリットとデメリットをご紹介
正社員か派遣社員、どっちになるか迷う。どうしよう?
派遣社員として働いてるけど、正社員の誘いがきた。どちらを選ぶべき?

正社員と派遣社員、どちらの雇用形態を選ぶかは働く上で大きな分かれ道ですね。自分自身が仕事に対して何を求めているのか、考えた事はありますか?

それぞれのメリットとデメリットを理解しておく事が、どちらの雇用形態を選ぶべきか決める手助けになりますよ。

正社員と派遣社員どっちがいいの?
  1. 正社員と派遣社員の違いとは?
  2. 正社員と派遣社員それぞれのメリットとデメリットとは?
ここを解説!

このような内容について、ご紹介していきます。

正社員と派遣社員の違いとは

この2つの大きな違いは「社員なのかどうか」ですね。

同じ会社の中で働く仲間でも、正社員と派遣社員というだけで福利厚生や待遇などが大きく変わってくるんです。

自分自身のライフスタイルに合わせて、派遣社員を選ぶ人もいますね。将来のことも考えた上で、自分自身はどの雇用形態を選ぶべきなのかを考えてみましょう。

どこに雇用されているのか

正社員と派遣社員の始める際の違いの画像

画像参照:パーソルマーケティング

派遣社員は「社員」ではないとご説明しました。具体的に言うと、正社員と派遣社員では雇用主が違うんです。

  • 正社員は勤務している会社が雇用主
  • 派遣社員は人材派遣会社が雇用主

派遣社員は、実際に働いている会社とは雇用関係は無いんですよ。

その会社が即戦力になる人材を求めていたり、限定的に人材が必要な場合に人材派遣会社から「派遣」されてくる社員の事を指します。

正社員のメリットとデメリット

まず初めに、正社員として働くことのメリットをご紹介しましょう。

そして正社員として働き始めてみないと感じる事ができないデメリットも覚えておいてください。

正社員で働く事が、本当に自分が求めるライフスタイルに当てはまるのかも一緒に考えてみてくださいね。

正社員で働くメリット

一般的に「会社で勤務する」という姿を思い浮かべた時にイメージできるのが正社員の働き方ではないでしょうか。

特に新卒で就職する場合は、ほとんどの人が正社員を選んでいると思います。

正社員にはどんなメリットがあるのか改めて考えてみましょう。

雇用の安定性・安心感

正社員として雇用された場合は「〇〇年〇〇月までの雇用契約」というような期間での縛りはありません。

そのため、よほどの問題が発生しない限りは定年退職を迎えるまでは同じ会社で勤務する事ができますね。

いろんな仕事を転々とするのではなく、働く場所が保証されているので毎月の給料を不安に感じることもありません。

福利厚生

正社員として雇用されると、ほとんどの場合に適用になるのが福利厚生ですね。

  • 社会保険
  • 有給休暇
  • 厚生年金
  • 育休休暇
  • 休業補償
  • 様々な優待サービス
  • 会社の株を保有できる

このように、勤務先独自の福利厚生が用意されています。

アルバイトなどでは利用する事ができない福利厚生が魅力のひとつでしょう。

チャイ猫
育休と休業制度をフル活用している人もなかにはいるよね。給料の何割かをもらいつつ、会社に行かないって凄い制度だなぁ。
チャイカプ(私)
まぁ大手ならまだしも中小でそれやると叩かれるかな・・・そもそも制度がないとこも多いですからね。

昇進・昇給の可能性

正社員として同じ会社で働き続けると、昇給やキャリアップの可能性が高くなりますね。

努力次第では次の役職へとキャリアップできるので、上の役職を求めている人には正社員がおすすめですよ。

キャリアップに伴い、給料も上がっていくので会社が存続している限りは安心して暮らしていけるでしょう。

正社員でお仕事を探すなら

リクルートエージェント

画像参照:リクルートエージェント

今後もし正社員でお仕事を探したい方はリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントの詳細

求人数 公開93,112件 非公開182,380件
得意な業界 IT・通信・機械・小売・サービス・人材
コンサルタント数 約400名
転職実績(累計) 約45万名以上
料金 無料
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主要対応エリア 全国対応
拠点数 16拠点

おすすめできる人

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 30代以降である程度キャリアを積んでいる方
  • 転職によって年収アップを目指す方
リクルートエージェント
\転職成功実績No.1/

正社員で働くデメリット

安心感がある正社員ですが、もちろんデメリットもありますよ。

これから紹介するデメリットも、まったく苦痛に感じない人もいれば「自分とは合わない」と感じてしまう人もいるんです。

一般的にはどのような事が、正社員として働くデメリットだと言われているのかをご紹介しましょう。

好きな仕事だけやれるわけではない

「こんな仕事をしてみたい」このような思いを抱きながら、正社員になる人もいますね。

しかし、正社員になったとしても自分がやりたいと思っている仕事ができる保証はありません。

正社員として働くという事は「その会社の為に働く」という事なんですよ。

自分がやりたいと思っていない仕事や事務作業、雑用なども振られる可能性が高いという事は覚えておいてください。

好きな事だけをしたいという人には、正社員という働き方は息苦しくなってしまうかもしれませんね。

転勤の可能性

正社員は勤務先の雇用条件によっては、別のエリアに転勤になる可能性もあります。

特に、組織を大きく展開している会社は転勤の可能性が高いので雇用契約を結ぶ際にはしっかりと確認しておりましょう。

「転勤したくありません。」では通用しないのが正社員なんですよ。

サービス残業などで時間給が低くなる場合も

正社員に付き物なのが、残業ですね。

その中でも残業代が発生しない「サービス残業」を当たり前としている会社も未だに存在しています。

例えば、残業代が発生しないのに働いていたとしましょう。

働いた時間は増えているのにも関わらず、一ヶ月に得られる給料の金額は変わりませんね。

サービス残業をする事によって、自分自身の時給をどんどん下げてしまう可能性があるというのを覚えておいてください。

チャイカプ(私)
私も昔やってましたね・・・あの時間は本当勿体ない時間でした(涙目)

会社を辞め辛い

しっかりとした雇用契約を会社と結んで働くのが正社員でしたね。

その為、自分自身が「辞めたい」と思ってもすぐに辞められるわけではありません。

正社員で働いていると、派遣社員に比べると責任のある仕事を抱えている事がほとんどです。

仕事に対する責任が増えれば増えるほど、辞めずらくなってしまいますね。

派遣社員のメリットとデメリット

それでは、派遣社員の場合はどうでしょうか?

派遣社員はライフスタイルを重視できる働き方ですが、デメリットもしっかりと覚えておきましょう。

派遣社員で働くメリット

人材派遣会社に雇用され、条件が合う企業へ期間限定で派遣される派遣社員は柔軟に働く事ができるといわれますね。

次は、派遣社員として働くメリットと特徴をご紹介します。

自分のライフスタイルに合わせて働ける

派遣社員は、人材派遣会社に雇用されているので規定の勤務時間以上働く事ができません。

基本的には残業をする必要がなく、働く時間も決まっているのでプライベートを確保しやすくなりますね。

例えば、仕事以外の時間で趣味や副業に力を注ぐこともできます。

家族や友達との時間を大事にしたいという人も、ストレスなく働く事ができますね。

自分のスキルを活かした仕事ができる

派遣社員は「活かしたいスキル」を使って仕事をする事ができます。

なぜかというと、人材派遣会社に登録する際に今までの経験で培ったスキルを申請するからなんですよ。

  • 一般事務
  • 人事
  • 英語力や翻訳力
  • 経理
  • 営業
  • ITエンジニア
  • 介護

専門分野の人材不足を感じている会社が依頼してくる事がほとんどです。

自分自身の専門的なスキルを発揮したい場合は、派遣社員もひとつの方法ですね。

派遣会社が働き先を探してくれる

勤務する会社を探す手間がいらないという利便性もあります。

基本的には人材派遣会社が次の勤務先を提案してくれるので、自分で履歴書を用意して面接を受ける必要はありませんよ。

派遣でお仕事を探すなら

パーソルマーケティング株式会社

画像参照:パーソルマーケティング

派遣でお仕事を探したい場合はパーソルマーケティングがおすすめです。

パーソルマーケティングの詳細

社名 パーソルマーケティング株式会社
主な求人職種 携帯・家電販売、スーパーでのレジ、クレジットカードキャンペーン業務、調理・調理補助、軽作業、ラウンダー・法人営業、コールセンター、事務、保育・児童指導員、受付業務
拠点 全国46箇所
総求人件数 990件(2021年時点)
料金 無料
公式サイト https://www.persol-mk.co.jp/

おすすめできる人

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 未経験者で研修をしっかり受けたい方
  • 派遣でも福利厚生を受けたい方
\採用率90%以上/

派遣社員で働くデメリット

働く上での安定や安心感が必要な人には、派遣社員は向いていないでしょう。

なぜ、そう言い切れるのか?それは派遣社員の特徴が、人によってはデメリットにもなるからなんですよ。

福利厚生は期待できない

正社員のメリットでもあった、会社の福利厚生は基本的には利用できません。

雇用主は人材派遣会社になるので、人材派遣会社にどのような福利厚生があるのかを確認しておきましょう。

また、ボーナス等も基本的には無いものと考えておいてください。

チャイ猫
前述したパーソルマーケティングにはきちんとした制度があったよね。
チャイカプ(私)
社会保険、労災保険、有給休暇制度、産前産後休業・育児休業制度・介護休業制度、定期健康診断、ストレスチェックなど多岐にわたる制度が用意されています。

責任のある仕事は回ってこない

ここまで、派遣社員はライフスタイル重視で働く事ができ、自分が持っているスキルを活かす事ができるとご紹介してきました。

しかし、派遣社員は3年以上同じ会社で勤務できないと決められています。

期間が限定されてしまっているので、責任が重めの案件は担当できる事が少ないんですよ。

自分の采配で仕事を回して行きたいようなタイプの人は、派遣社員では満足できないでしょう。

次の仕事がいつ開始なのか分からない

派遣社員が同じ会社で継続して働く為には、契約を更新してもらう必要があります。

もしも契約が終わってしまった場合は、すぐに次の職場が決まる訳ではありません。

タイミング次第では、すぐに次の勤務先が決まる場合もあれば仕事が無い時間ができてしまう場合もあるんですよ。

契約次第で、安定した収入が急に止まってしまう可能性もあると覚えておいてください。

正社員と派遣社員どっちがいいのか:まとめ

今回の記事で紹介したポイントはこちらです。

  • 正社員と派遣社員では雇用主が違うので待遇や福利厚生などが大きく違う
  • 安定した給料、キャリアップして昇給など安心感が重要であれば正社員がおすすめ
  • やりたい事、持っているスキルを活用しながらプライベートの時間も大事にしたい場合は派遣社員がおすすめ

正社員と派遣社員それぞれにメリットとデメリットがあるという事がわかりましたね。

仕事に対して、安定や安心感が必要ですか?それとも、プライベートと仕事のバランスを保ちながら自分のスキルを活かしますか?

どっちを選んだらいいのか迷ったら、自分自身がどのような働き方とライフスタイルを送りたいのかを考えてみてください。

自分に合った雇用形態を選ぶ事ができれば、働く上でのストレスも少なくなりますよ。

リクルートエージェント
チャイカプ(私)
私みたく正社員でありながら定時で帰りたいという両方の良いとこどりをしたい人は以下の記事も参考になるかと思います。

働き方を見直したいなら、こちらも読むと損しないです。

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール