シーチャン島(ko sichang)で絶景の景色を眺める in Paree Hut




バンコクの南東、シーチャン島(ko sichang)に行ってきました。タイには島が多いですねぇ。

シーチャン島(ko sichang)の場所、行き方、ホテル、絶景ポイント、注意事項、帰り方を記載致します。この島はバンコクから日帰りでも遊びにいけますよ。

ちなみにこの島に遊びに行った感想は、私とタイ人では全くの正反対になりました。笑

SPONSORED LINK

シーチャン島(ko sichang)ってどこにあるの??

13730545_1177502765634070_104847319_o

ラーマ5世が避暑地として愛していた島、シーチャン島(ko sichang)。バンコクの南東チョンブリー県シーラーチャー郡にあります。

タイの在留邦人ランキングでも2位に位置するシーラチャから最も近い島です。

バンコクからだと車で2時間くらいの距離です。私は前日にシーチャン島の南にあるパタヤ(Pattaya)のSiam Bayshore Resort and Spa(サイアム ベイショア リゾート & スパ)に泊まっていましたので、そこからの移動です。

13720442_1177502782300735_2136871161_o

パタヤからタクシーで約40分くらいで到着しました。

フェリー乗り場からシーチャン島(ko sichang)へ

13699328_1177502815634065_499967532_o

フェリー乗り場は日除けがないので、炎天下の待機にはご注意下さい。

13709624_1177502812300732_1167678475_o

この怖そうなおばさんがチケット売りかと思ったら違いました。なんか観光ツアーとか売っていますね。

13730553_1177502808967399_846167429_o

こっちの金網の中にいる人がチケットの売り子さんでした。

13728290_1177502805634066_1018925062_o

チケットは50THB(約150円)です。安いですね。

13728444_1177502798967400_321834189_o

船が小さくて乗るのも降りるのも少し危なかったです。なんせ、セルフィーに夢中になって海に財布落として泣いているタイ人女子がいましたからね。この船の店員はマックスで30人程度でしょうか。

13692164_1177502775634069_595341973_o

スピードはゆっくりですので揺れも少ないです。途中で見えた小島の1つ。何かを建設していますね。

13730701_1177502752300738_794692223_o

航海時間は75分でした。もう少し早く着くと聞いてはいたのですが、航海中は電波(TRUEとDTACは確認済)も入ったので、携帯を見てたらあっという間でしたね。

13702367_1177502748967405_1637543773_o

シーチャン島へ到着!!

13702299_1177502755634071_198411901_o

一応、島を出るボートの出発時間の目安が書いていますが、満員になり次第の出発です。約30~40分に1本でしょうかね。

13692203_1177502758967404_1404038951_o

結構広いんですねぇ。歩いて周る距離ではないですね。w

船着場から宿泊先のParee Hut Resort (パリーハットリゾート)へ

13720568_1177502532300760_1792177768_o

ちなみに島にはコンビニがありません。個人商店はありますけど。今回泊まる宿もドリンクくらいしかないので、このあたりで購入してから行くのが良いと思います。

13694113_1177502562300757_1134802168_o

sykylab(スカイラブ)と呼ばれるトゥクトゥクのようなもので移動します。150THBでした。

これは最終日に宿からシーチャン島フェリー乗り場に向かう時の動画です。なかなかの悪路ですね。

13728447_1177502498967430_711832464_o

こういうところ通ると、田舎というか自然に来たなぁって感じられますね。

Paree Hut Resort (パリーハットリゾート)の外観、内観

13699578_1177502592300754_1417428248_o

すぐ隣が崖と海という立地に立てられた宿です。

13694220_1177502595634087_1457090025_o

はしご的なものを渡って、バンガローへ向かいます。

13709702_1177502618967418_772174586_o

受付の注意書き。「崖から飛び降りるときはスタッフにお声掛けください」って見て驚きましたわ。どうやら、そういうスポットでもあるようです。ただ、宿泊しているタイ人は誰も飛び降りていませんでしたよ。私もやろうという気にはなれなかったな・・・。

13711522_1177502505634096_226585260_o

夕焼けの時間はやはりきれいですねぇ。

Paree Hut Resort (パリーハットリゾート)のお部屋

13699594_1177502615634085_1742654702_o

バンガローですね。私たちが予約した部屋はエアコン付きです。テレビもありましたね。エアコンなかったら、暑すぎて死にますね。

13728328_1177502608967419_1648568891_o

扉は竹?で閉めるのみでした。鍵なしですw

13709454_1177502605634086_442256285_o

シャワー兼トイレ

13709676_1177502575634089_132782185_o

寝るときは蚊帳で寝ましょう。蚊がいますからねぇ。久しぶりに使いました。

Paree Hut Resort (パリーハットリゾート)の料金

バンガロー

土曜日と祝日、特別パッケージ価格で、3食+シーフードバーベキューが含まれています。

  • 平日日曜日 – 金曜日
  • ファンのみ2,500THB/1人
    エアコン付き2,700THB/1人

  • 土曜日と特別な休日
  • ファンのみは2900THB/1人
    エアコン付き 3100THB/1人

  • その他
  • 特別な行事や祝日はプラスで500THB/人
    12時間以内の予約は予約なしと同じ扱いとなる。
    朝食2人分

    ファンのみ2,500THB/1軒
    エアコン付き2,700THB/1軒
    エアコン付き5500THB/朝食/ 4-5名様。

テント

ファンのみ1,500THB/1人
エアコン付き1,700THB/1人
特別な行事や祝日はプラスで300THB/人
 

わたしたちはエアコン付きバンガローを利用しました。夜中に雷雨が急に降りましたので、テントだったらやばかったですねぇ。

Paree Hut Resort (パリーハットリゾート)の宿泊メリット・デメリット

13728349_1177502572300756_907016018_o

メリット