ジェイックって評判良いの?合う人はこんな人です。




転職したいけど、人材会社がたくさんありすぎて良くわからないんだけど・・・
正社員経験が浅いけど、すぐに転職できるの?
ニートだったから、もはや正社員なんて無理なんでしょうか?

こんな疑問をお持ちではありませんか?この記事ではそんな転職に関するお悩みを、人材系企業で6年近く働き、キャリアアドバイザーとしても就業経験のあるわたしの観点から解決します。

具体的には

・転職するにあたっての注意事項
・ジェイックがオススメな点×7選
・ジェイックのメディア掲載実績
・ジェイックを利用するとメリットがある人
・ジェイックの研修の評判
・ジェイックの研修の詳細

この順番にご紹介していきます。これを読むことでジェイックがあなたに適した転職エージェントか否かを知ることができます。

今のあなたに必要な情報が集まっている可能性が高いので、まずはご一読をしてみてください。

SPONSORED LINK

人材会社なら何でもよいわけではない

厚生労働省がまとめた職業紹介事業報告書の集計結果によると、有料職業人材系の転職エージェント(紹介事業所数)は 19,355社以上と対前年比 4.9%も増えています。

約2万社もあるわけなので、とにかくやみくもに登録するのはよくありません。

わたし自身も転職をした経験もありますし、転職エージェントでも働いていましたのでよくわかるのですが、

各社に一斉に登録してしまうと、それぞれの転職エージェントとのやり取りがメインとなってしまい、目的である転職するという行為からずれていってしまう可能性が非常に高いです。

ですので、大事なことは、

  • あなたの転職目的に合ったエージェントを使っているか?
  • あなたの経歴だけでなく、これからの希望をきちんとくみ取ってくれるエージェントかどうか?

ここが大事になってきます。世の中にはデパートのようになんでも売っているお店もあれば、服だけに特化している、お酒だけに特化しているなど、専門業者として商売をしている企業があります。

転職エージェントも同じです。特定の業種や職種の求人に強かったり、広く浅く扱っていたり、特徴には大きな違いがあります。

ここの選び方を間違えると、エージェントもあなたもお互いに不幸なんですよね。エージェントは良い案件を紹介できない、あなたも応募したい企業がない。

まさに無駄な時間を使うことになってしまいます。

最低限「自分がどういった業種や職種に転職したいのか?」を明確にして、利用する転職エージェントを選んでいきましょう。

ジェイックがオススメな点×7選

ジェイックは既卒やフリーター、ニート、第二新卒といった20代の若者の就職に強い転職エージェントです。

わたしがオススメできる理由は下記7点です。

①就職成功率80.3%!

ジェイックのサービスを利用した方のうち、80.3%の方が未経験→正社員としての就職を成功させています。

実は、この数値はかなり驚異的です。以下の図を見てください

これは厚生労働省の職業安定局がまとめた、若者(既卒やフリーター、ニート、第二新卒)向けの転職支援実績です。

サービス名が2つありますが、行っていることはほぼ同じ事です。結果を見てほしいのですが、

  • 新卒応援ハローワーク
  • 利用者数51.3万人に対して就職件数9.8万人=約19%

  • わかものハローワーク
  • 求職者数21.8万人、就職件数10.5万人=約48%

参照:公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績

ひどい結果ですね・・・ここまで顕著に差が出るのもすごいですね。

まぁ名ばかりカウンセラーで年齢だけを重ねた人に相談してもですね、、、前線の市場感は全く分かっていなかったりします。

そこも踏まえると、ジェイックの就職成功率 80.3%という数値がいかにすごいかがわかると思います。安心して任せられますよね。

②入社1年後定着率94.3%!

ジェイックのサービスを利用して就職した方のうち、94.3%の方が1年後も離職せずに働き続けられています。

これってすごいことなんですよ。要は、入社前↔入社後のギャップを限りなく少なくさせているってことです。

一般的に人材会社はあくまでも”外部の人”なので、ここの微調整がすごく難しいんです。

  • 対:候補者
  • 候補者がこれまでにやってきたスキルの棚卸し、これからやりたい未来についてしっかりと理解している

  • 対:企業側
  • 入社後にやってもらいたい業務、希望する人材のヒアリング

これって文章にするとシンプルですが、かなり大変です。人も会社も生き物ですからね。時間の経過とともに両者に食い違いが生じやすいです。

そこをしっかりと深堀りして、ミスマッチを生じさせないようにしているのはかなり信頼がおける行為です。

③職業紹介『優良事業者』認定起業である

ジェイックは、厚生労働省委託事業より、職業紹介優良事業者として認定を受けています。

国内ではいまだに48社/20,000社しか認定されておらず、その審査基準には、候補者に紹介する先の企業審査なども含まれます。

そのためブラック企業などを紹介される心配がかなり少ないです。もちろん、世の中には星の数ほど企業はあります。

なかには一部すり抜けてくるかもしれません。ですが、ちょっとおかしいな?と思えば、いつでも担当と相談しながら無理に働かないように進めていけます。

④完全無料

ジェイックのサービスを利用して就職・転職する方に費用は一切かかりません。

ジェイックの理念、提供している研修の価値を評価している企業側からいただいたお金で経営されてます。

ですので、いますぐ利用を開始してもデメリットはありません。

⑤未経験でOK

ジェイックでは未経験の方でも就職可能な企業しか取り扱っていません

また、事前のビジネスマナー講座もあるため、未経験で入社してから恥をかいたり嫌な思いをすることもないです。

⑥就職後も手厚いフォロー

人材系企業は通常「仕事を紹介して終わり」です。なぜなら、人を紹介して入社したタイミングで企業側からお金をもらうからです。

「金をもらったあとは知らないよ。入った会社の責任でしょ。」

こういう人材会社が世の中の9割以上を占めています。ただし、ジェイックでは就職後もフォローを続けています。

入社直前、入社1か月後、3か月後、6か月後とフォロー研修を用意しており、新入社員が抱えやすい悩みや問題への対処法を丁寧に教えてくれます。もちろんこれも無料です。

入社して1年後の定着率が94.3%にもなるのは、ここのサポートも大きいでしょうね。

⑦15年で14,882名の転職支援実績

どんなに綺麗ごとを並べても、結果が出ていなけば絵に描いた餅です。

ジェイックはこれまでに15年という長きにわたり、今の形での就職支援を行ってきています。

様々な方々の支援をしてきた中で培われたノウハウで、就職後のどんなケースにも対応可能なアドバイスができるのは大きな強みと言えますね。

メディア掲載実績が多い

既に見かけたことがある人もいるかもしれませんが、ジェイックはこれまでに310以上のメディアに紹介されています。

これだけのマスコミが取り上げたくなる、実績と信頼のある転職エージェントでもあります。

特にジェイックが入社後に提供している『活躍支援研修』の取り組みは、人材領域での優れた新しい取り組みとして表彰されています。

また、ジェイック自体も2017年・2018年と2年連続で、『働き甲斐のある会社100選』に選ばれてます。

中の人もやりがいをもって働いているからこそ、転職者に対しても真摯に対応できるということですね。

ジェイックを利用するとメリットがある人

上述した7つのオススメをふまえて、同社を利用するのに向いている方は下記のような人です。

職種:営業を目指す人

ジェイックの紹介先は「営業職」が多いと言われていますが、実際のところ紹介先には営業職採用が多いのは事実です。

その理由として、若いうちに営業経験を積み、コミュニケーションスキルを身に着けることで、その後のキャリアの選択肢が広がるという考えがジェイックにはあるからです。

ただし、それでも営業だけはしたくないという利用者の方も多かったため、現在ではエンジニア職や販売職・総合職など多様な職種を紹介可能な企業へと変わりつつあります。

とはいえ、依然としてツヨミとしては「営業職」が多いので、そちらの職種を中心に検討している方には向いていると思います。

私も今でこそ、キャリアカウンセラーやサイト制作だったりと多様な仕事をしていますが、もともとは営業職でキャリアをスタートしています。

当時営業として様々な企業を訪問したことは決して無駄ではなく、今に活きていますよ。

結局のところ、自社含め会社がどうやって稼いでいるのか?がわからないと、内部で仕事をする際にも顧客視点に欠けてしまい、良いパフォーマンスが出せなかったりするんですよね。

1度は経験してみて良い職種だと思います。最終的にやってみて合わないと思って職種チェンジしてますが、これもやってみて分かったことです。

正社員経験がない人

未経験でも、ゼロから研修を受けて、正社員を目指せる

こちらを謳い文句にできるくらい、ジェイックは就職する前の研修に力を入れています。

一般的にニートの期間が長かったり、march( 明治・青山学院・立教・中央・法政)より偏差値の低い大学を卒業していると、まともな求人を紹介してもらえないケースが多いです。(もちろん求人企業はおおやけには言いませんが)

それでもジェイックであれば

  • ニート期間が長かった人
  • 卒業後に何もせずにブラブラしてた人
  • 大学を中退した人
  • 転職経験の多い人
  • 年齢が30手前になってしまった人

こういった状況の方もしっかり正社員として就職できています。

それでもジェイック以外が良いと思えた方

正社員経験も少ない、語学力も無い方。そういう方は若者正社員チャレンジ事業
もおすすめです。

こちらは東京都の正式な事業として、人材会社としても長年の実績があるパーソルテンプスタッフ株式会社が運営しています。

第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方向けの正社員求人が多数あります。

どうしても営業職以外を多く見たいと思われる方は、こういう会社を利用してみると良いですよ。

POINT公式サイト:若者正社員チャレンジ事業

ジェイックの研修って評判良いの??

↑ジェイックの就職支援講座を卒業し、実際に社会で活躍する女性の体験談

ジェイックの研修は昔は、体育会系で厳しいという印象がありました。実際にジェイックの担当者にも確認しましたが、

ジェイック
過去にはそういった時期があったのも事実です

と認めています。ただそれは当時、企業から求められていた資質が「根性」「忍耐力」などだったからです。

いわゆる超人気企業である電通などは今でもそうですが、当時はたいして有名でもない企業でも超買い手市場(企業がいくらでも人を採用できる)でした。

そのため、採用の基準も各社かなり厳しくしていました。私の同僚も採用動画を作成していたので、当時の市場はよく分かります。

あえて営業研修で上司から詰められる映像ばかり作成していましたね。しかし時代は変わりました。

現在はむしろ売り手市場。企業から求められるものもただ従順に指示に従う人間ではなく、「自分らしさ」「多様性」へと変わってます。

そのため、ジェイックの研修も大幅に変わり、より一人一人の「自分らしさ」を尊重できるような内容へと変わりました

もちろん、「自分らしさ」といって好き勝手ふるまっていいわけではありません。

社会人として求められる最低限度のふるまい、そこに「自分らしさ」を加えていくにはどうしたらよいのか?そこの本質を学ぶわけですね。

具体的になにを学べるの?

大きく分けると3つあります。1番目のマインド研修は全員に共通した研修です。

  1. マインド研修
  2. 女子カレッジ
  3. 営業カレッジ

それぞれで学習できる体験は異なります。1つずつ見ていきましょう。

ジェイックの研修:マインド研修(共通)

ビジネスマナー研修

社会人としての心構え、報連相や挨拶、名刺交換、身だしなみなどのいわゆる一般的な企業対応で求められるビジネスマナーを学べます。

コミュニケーション研修

またよく言われる「コミュニケーション能力」。こちらは営業職に限らず、社内においても大事とされる必須能力です。

グループワークを通し、実際にあり得るシチュエーションを想定した対人コミュニケーションに必要な要素を経験を通して学ぶことができます。

7つの習慣を取り入れたオリジナル研修

スティーブン・R・コヴィー博士の「7つの習慣」をご存知でしょうか?人生を本当の幸福へと導く成功哲学、自己啓発、ビジネス書の一冊です。

こちらを応用し、目標達成の技術「原田メソッド」を導入。自分の目的・目標を考える力を身に着けることができます。

ジェイックの研修:女子カレッジ

街頭インタビュー実習が特徴的です。チームごとに仕事にかかわることをテーマにインタビュー内容を考えます。

質問内容、想定質問、調査結果の報告、プレゼンなどPDCAを回す訓練をここで積むことができます。

できた・できなかったを定量的に判断し、回す思考のクセを身につけられます。

女性ならではの柔軟性や気配りなどのツヨミに加え、ビジネスの現場で役に立つ論理的思考力と分析力を養うチャンスですね。

ジェイックの研修:営業カレッジ

座学を通して営業の基礎、コミュニケーション、主体性や目標設定などを勉強したら、実践です。

営業の基本となる飛び込み営業を体験できます。飛び込みと聞くと、しんどさや辛さを思い浮かべそうですね

確かに断られ続けると精神的に来るときもあります。ただ、

ちょっとしたセリフの言い回しを変える表情を変える

これだけでだいぶ変わってくるんですよね~わたしも昔新人時代にやっていましたけど、意識と行動変えるだけで、結構効率的にアポ取れちゃったりします。

あと余談ですけど、たまに可愛い受付の娘がいるときは、違うアポ取りを頑張りましたね。このあたりを勝手に競争項目に入れて同期と張り合っていました(笑)

もちろん目的(ゴール)は意識した上で、遊びの要素を入れて楽しむのが大事です。

ジェイックの評判まとめ

ここまでの話をまとめましょう。まず大事なのは、自分のできること・これからやってみたいことをまずは考えてみましょう。その際に人材会社を上手く活用するのがポイントです。

こういうのって人に相談することで、自分が今後どうしていきたいか?を整理しやすくなりますよね。いま転職する気がなくても転職サイトには登録しておいた方がいいですよ。

なぜなら、仕事を辞めたい気持ちで活動をしようとしても、人に頼る気力すら無くなってしまいますからね。気になる求人情報をまずは整理してお気に入りに入れておくだけでも、大丈夫です。

【正社員として安心して稼げる職場】を自分で可視化しておくことで、、過労で倒れる前に転職という手が打てるようになります。

登録は無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめの仕事もメールで届くので、今は転職できなくても登録だけは先にしておくべきですね。

未経験やキャリアブランクがあっても就職できるジェイックの公式サイトは下記より確認してみてください。

ジェイックや転職について興味があるなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!