派遣社員でも副業は出来るの?法令に沿ってお答えします。

派遣社員でも副業は出来るの?のアイキャッチ画像




派遣社員でも副業出来るの?派遣社員は副業出来ないよね、、、
副業って悪いことじゃないの?法律違反になるでしょ

え?就業規則に従う必要あるの?

副業をすることって良いイメージありませんよね?

派遣社員だからといって副業することを諦めるのはもったいないです。

派遣社員でも副業することは出来ます。ただ会社に認めてもらえるのか「不安だな」という人は多いのではないでしょうか?

この記事では派遣社員でも副業することが出来るのかについてお伝えします。

派遣社員でも副業は出来る

女性がOKしている画像

結論から言いますと、派遣社員でも副業することは可能です。

副業することが違反といったイメージがありますが、副業は法律で禁止されているわけではありません。

副業を禁止しているのは企業です。

副業することを派遣元から認めてもらうことが出来れば、派遣社員でも副業することが出来ます。

ただし、派遣社員は副業することが可能ですが、中には副業することが出来ない場合もあります。

副業をすることで派遣先の業務に支障をもたらす場合があると考えている派遣元企業は少なくありません。

最近では、副業を認める企業が増えてきましたが、副業を認めていない企業は一定数存在します。

「法律が副業を認めているから企業に従う必要はない」というわけにはいきません。

企業には就業規則があり、就業規則で副業を認めていない場合には、法律で認められていたとしても基本的には副業をすることが出来ません。

副業をしたいのであれば派遣元の就業規則を確認してから派遣先を選ぶ必要があります。

派遣元の就業規則を確認する

派遣元の就業規則の画像

派遣社員で副業をするのであれば、派遣元の就業規則を確認する必要があります。

派遣社員でも就業規則に従う必要があるのか、就業規則を破るとどうなるのか?ご紹介します。

就業規則に従う

派遣社員でも就業規則には従う必要があります。

派遣社員であっても法律上は、労働者とみなされるので就業規則に従わなければいけません。

しかし、就業規則は時に労働者に対して不利な規則に定められている場合があります。

労働者にとって明らかに不利益な就業規則である場合には、就業規則として定められた規則が無効になる場合もあります。

また、企業が労働者に対して就業規則を周知していない場合も無効になります。

就業規則は、労働者に不利益でなく規則を周知されていれば基本的に従う必要があります。

就業規則を破るとどうなる?

就業規則を破った場合、企業から解雇されることはありませんが厳重注意などの処分を下される可能性があります。

就業規則はあくまで企業で定めたルールなので、就業規則を破ったからといって解雇などの処分を下すことは出来ません。

例外で、法律を犯すほどの規則を破った場合は懲戒解雇などの重い処分を下される可能性があります。

就業規則は、企業と労働者の双方にメリットがあるように定める規則なので、正しく定められた就業規則であれば従いましょう。

派遣社員が副業をする時に注意すべきこと

Attention、注意の画像

派遣社員が副業をする時に注意すべきことは2つあります。

副業をする時に注意すべきことを具体的にご紹介します。

派遣先の業務に悪影響を与えない

副業をすることで、派遣先の業務に悪影響を与えてしまう可能性があります。

例えば、夜遅くまで副業でパートの仕事をしていたと仮定します。

遅くまで仕事をし、寝坊してしまい派遣先の業務が普段よりもなかなか進みません。

ミスも増え、業務に支障が出てしまったので、1日の目標を達成することが出来ませんでした。

このような場合は、副業をすることによって夜遅くまで仕事をしていることが多くなった結果、寝坊をして派遣先に悪影響を及ぼしたと判断されます。

実際に副業をすることで、夜遅くまで行う業務は少なくありません。

副業をする時は派遣先の業務に悪影響が出ないように十分に注意しましょう。

派遣先の信用問題に発展しない

副業によっては派遣先の信用問題に発展する可能性があります。

例えば、風俗店などの夜の仕事を副業先とした場合。

そして派遣先の企業が子供向けの商品を扱っており、会社のイメージを非常に大切にしていると仮定。

もし、副業先でなんらかの問題が発生し、子供向け企業の社員が風俗店などのお店で勤務しているとなると・・・

派遣先も企業の信用問題に発展する可能性があります。

SNSの普及によって思いもよらない形で広まることが考えられるので、副業先は派遣先の信用問題に発展しない仕事を選びましょう。

まとめます。

  • 派遣社員でも副業は出来る
  • 副業をする際は、就業規則を確認する
  • 派遣先の業務に悪影響を与えないようにする
  • 副業先は派遣先の信用問題に発展しない仕事を選ぶ

就業規則で認められていれば派遣社員でも副業することは可能です。

副業をすることに対して良いイメージがありませんが、副業することは法律で禁止されているわけではありません。

派遣元が規則で禁止していないのであれば、派遣社員でも副業をすることをおすすめします。

副業をする際は、派遣先や派遣元の悪影響にならないように注意しましょう。

派遣社員として働きながら、副業で収入を得ることによって、金銭的な余裕を手にいれましょう。

副業するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!