副業でコールセンターはおすすめ?経験者が教える注意点とデメリット

副業でコールセンター
コールセンターの副業は座って話すだけでしょ?

楽に稼げそう

そんなふうに考えていませんか。もちろんメリットはあります。

でも実は、コールセンターの副業はもの凄くハードなのです。

高い報酬につられてはじめたら、思わぬデメリットで後悔する可能性も。

  • コールセンターのメリット
  • コールセンターのデメリットと苦労
  • 副業をコールセンターに決める前に知っておきたい注意点

コールセンターでの副業経験者が、リアルな現実を教えます。

コールセンターで副業をするメリットは4つ

メリットの文字の画像

コールセンターで働くメリットはなんでしょうか?主なメリットは4つです。

  • 報酬の高さ
  • 外出不要で座ってできる
  • 対面ではなく電話
  • シフト制で出勤調整がしやすい

副業を探している人にとって、コールセンターの「報酬の高さ」や「座ってできる」「対面ではなく電話」という点は大きな魅力です。

勤務時間も柔軟に対応してくれる会社が多いため、さらにメリットがあるように感じられるのではないでしょうか。

しかし現実は、そんなに甘いものではありません。

コールセンターのメリットばかり見ていると、副業をスタートしてから後悔することになりかねないのです。

もちろんやってみたい!ということであれば止めません。

少しでも条件が良いコールセンターを探すのであれば、世界最大級の人材派遣会社マンパワーを利用するといいですよ。

派遣スタッフ満足度調査 8項目で1位を取得するなど、評判が良い人材派遣会社です。

\満足度調査でNO1/

コールセンターで副業する3つのデメリット

デメリットの文字画像

コールセンターの副業は、経験してはじめてわかるデメリットが3つもあります。

経験者として、実際にどんなデメリットが感じられたか、ポイントをおさえて説明いたしましょう。

コールセンターのメリットの裏には、こんなデメリットが隠されているのです。

  1. コールセンターでのどがガラガラになる
  2. 変な電話の応対でやる気が削られる
  3. 意外と体力が必要な仕事である

コールセンターでのどがガラガラになる

コールセンターでの副業では、とにかく声を使います。

次から次へと電話が入るため、忙しい日は勤務時間中ノンストップで話し続けることになるのです。

仕事の途中に飲料を飲み、なるべくのどを労わっても、翌日は基本的にガラガラ声になります。

それだけのどや声を酷使するということです。

コールセンターで副業をした、翌日。

会社に行くと「その声、風邪?」「お酒でも飲み過ぎたの?」と言われてしまいます。

コールセンターでは、ただ相槌を打っていればいい。

お客様とちょっとお話するだけ。

そんな考えでコールセンターの副業をする決断をすると、のどや声の酷使というデメリットに気づいて大いに後悔することでしょう。

会社で応対や営業をする人は、よく考えて副業を決めたいものです。

変な電話の応対でやる気が削られる

コールセンターの副業では、クレームや長話、変な電話が風物詩になります。

特に「語気の強いクレーム」は、気持ちもやる気も削られるんですよね・・・。

なかなか電話を切らせてくれない「世間話がしたい人」や「セクハラまがいの質問をしてくる人」の応対でも、心がガリガリ削られることに。

コールセンターの副業をしていると、やる気が削られたまま本業を頑張ることになるのです。

意外と体力が必要な仕事である

コールセンターの副業は座って応対するだけだと思う人が多いようです。

現実は違います。

電話応対をしながらパソコンの入力を行い、メモを取る。

必要なら、契約書類などを担当部署にダッシュで届けることになります。

体重52㎏の女性で、1時間座って会話をするだけで27kcalは消費している計算です。

パソコン操作にメモ、契約書類を抱えてのダッシュ。

コールセンターに必要な業務を追加すると、1時間あたりの消費カロリーはさらに膨らむことでしょう。

意外に体力が必要な仕事なのです。

2時間ほどのコールセンターの副業で、腕と足がパンパンになっていることも少なくありません。

むくみやすい人は、副業をはじめてから半泣きになることも。

副業でコールセンターを選ぶ前に知っておきたい3つの注意点

コールセンターを副業にする場合は「座ってのんびりおしゃべりしていればいい」という甘い考えは通用しません。

デメリットを聞いてなおコールセンターの副業を検討したいと思っている人は、3つのポイントに注意して決断を下しましょう。

  • 体に注意する
  • 気力に注意する
  • キャリアに繋がるか注意する

元気と体に要注意!本業に影響が出る可能性

コールセンターの副業は、のどを痛めがちな副業です。

たくさんの応対をこなす日はのどを酷使するため、どのようにのどを労わるかが重要になります。

のどが疲れたままだと、風邪をひく可能性が高くなるからです。

自分にあったのど飴を探したり、飲み物を工夫したりと、元気を持続させるために注意が必要になります。

コールセンターの副業によりのどを痛め、風邪をひく。

本業の方の商談や応対に影響が出る。これでは、副業の意味がありません。

コールセンターで副業するなら、自分なりの対策が必要です。

心がとにかく疲れる!明日の気力は大丈夫?

コールセンターの副業は、クレームなどと切り離して考えることはできません。

自分以外のクレームに対し我がことのように応対することもありますし、会社という組織自体へのクレームに対し適切な処理が必要になることもあります。

クレームの対応は、場数を踏むことで慣れることが可能です。

ただ、心は疲れます。

コールセンターの副業で心が疲れると、本業でもミスしてしまったり、思うように仕事ができなかったりします。

「自分なら大丈夫」と思うかもしれません。

しかし、心は気づかないうちにすり減っていることが多いもの。

副業の後の気力の回復法について、自分なりの対策が必要です。

他にも稼げる副業がある!選択肢は広く持つ

副業を決める時は「将来に繋がるか」を冷静に考えることも重要になります。

副業を通じてキャリアを磨くことができれば、より多く稼ぐことができるからです。

正直に申し上げますと、コールセンターの副業を続けても、なかなかキャリア形成に繋がりません。

副業をするなら、給与や報酬のアップを見込める副業をした方が、将来への投資という意味でメリットがあります。

コールセンター業務は、近い将来なくなると言われています。

AIによる応対やシステムによるオペレーションが、近い将来に実現するからです。

オペレーターが不要になる時代が迫っています。

あなたが稼ぎたいのが目先のお金だけというのであれば、止めません。

ただそれでも効率良く稼げる副業は他にもありますよ。

自分のキャリアアップにつながらないという点で、オペレーターの副業にはあまりメリットがないですね。

キャリアアップにつながる副業とは?

エンジニアの需要

どうせなら、システムを作る側に回ってはどうでしょう。

エンジニアになるための講座も多く開講されており、書籍なども豊富に発刊されています。

エンジニアの方がキャリア磨きという点でも、メリットがあると思いませんか?

これからは年金も足りず、個人でも2,000万円は用意しないといけない時代です。

おそらく今働ている現役世代であればさらに受給額は減りますので、3~4,000万円は準備が必要でしょうね。

それだけの資産がありますか?普通はないですよね・・・。

そのために、ただ稼ぐだけではなく、キャリアにつながるスキルをつけておくことが大切です。

目先のお金だけを稼いでいるだけでは、将来確実に貧困老人化しますからね。

エンジニア?

プログラミングの勉強なんてしたことないし、

できるわけないじゃん。。。

そういう方は以下の副業で5万円を稼ぐ方法の記事を参考にしてみてください。

目先のお金を稼ぐだけでなく、将来につながる仕事を多くの人が手に入れていますよ。

副業でコールセンターはオススメか?:まとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • コールセンターの副業は本業にも支障をきたすデメリットがある
  • コールセンターよりも手堅く稼げる副業の存在もあることを理解する
  • 将来のキャリアも考慮した副業を選ぶ視点が大事

コールセンターの副業は座って話しているだけ。

報酬も高いし、魅力がある。

そんなふうに考えていませんでしたか。

コールセンターで副業をすることは、想像している以上の苦労やデメリットがあります。

近い将来無くなる職業とも言われているため、キャリア磨きやさらなる報酬アップという点でも、あまり明るい未来は考えられません。

コールセンターのデメリットや将来性を考えて、より良い選択を行っていきましょう。

\満足度調査でNO1/

副業するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール