バンコクの日本人街はどこを指す?日本人が集まる場所

バンコクの日本人街
バンコクって日本人が多いって聞くけど、

いわゆる日本人が多く集まるエリア「日本人街」ってどこにあるの?

こんな疑問にお答えします。バンコクに住む日本人人口は実は年々増えており、最新の情報でも7万2754人と、前回調査より2,000人増えております。

私自身、2013年からタイのバンコクで暮らしていますが、そんな日本人街(リトルトーキョーとも言う)と呼ばれる場所は年々増えてきています。

正直人数が多いので、特定の狭い地域のみを指す言葉というよりかは、バンコクの場合はエリアと表現した方が正しい場所もあります。

今日はそんな日本人が集まる特定の狭い地域、広く集まるエリアについてご紹介していきますね。

SPONSORED LINK

バンコクの日本人街?(日本という名がつく場所)

多くの日本人在住者が集まる場所。まずは特定の狭い地域のご紹介です。以下、3つは日本という冠がついているor異常に日本人が集まる狭い地域になります。

  • 夜の歓楽街
  • 日本村
  • 日本街(にほんまち)

夜の歓楽街(タニヤ・ソイカウボーイ・ナナ)

ソイカウボーイ

例えばソイカウボーイ。夜遊び用のカラオケクラブや性的なサービスを提供するお店が多い地域です。

ここは日本人全員が集まるというよりは、接待目的を中心とした日本人男性会社員が集まる地域ですね。

日本村

日本村

日系企業の駐在員とその家族が多く暮らす、バンコクのトンロー通りから1本入った場所にあります。

ソイ13という小路にあるのが「日本村」。ただ、「村」といっても飲食店が数店集まっているだけの場所ではあります。

今はバンコクに日本食はめちゃくちゃありますからね。わざわざここまで食べに来る人は近隣の人しかいないかもしれません。

日本街(にほんまち)

日本街(にほんまち)はソイ26、ラマ4世通り近くにある小さな区域です。在タイ日本人にはお馴染みの日系飲食店が多く集まっています。

ただこちらもそこまで繁盛して日本人でにぎわっている印象はないんですよね。特に平日はタイ人をチラホラ見かける感じでしょうか。

バンコクの日本人街=スクンビットエリア

スクンビットエリア

現代タイの日本人街はBTSスクンビット線沿いを中心とした一部のエリアを指すと言っても過言ではないでしょう。

先ほども触れましたが、海外の在留邦人数は国別順位で第4位まで浮上しています。

ちなみに1位はアメリカ、2位中国、3位のオーストラリアに次いでタイです。

いずれもタイよりも国土が広いところが多いですよね。ちなみに在留届を出している人数が約7万人で、出していない人を含めれば、長期滞在者だけで10万人を超えているでしょう。

特に日本人が多いとされる地域は、

  • プロンポン
  • トンロー
  • エカマイ

アソークは働いている人が多いですが、住んでいる人は少ないかな。

このBTSスクンビット線にある3駅がここ10年くらいは1番日本人が多いです。このエリアではタイ人向けの店でも日本語を見かけます。

実際にこの3駅をふらふら歩いてみてください。この近辺を歩いていると、時間帯によってはタイ人より日本人とすれ違うことが多いです。

観光客はこのあたりにはそこまで多くいませんので、昼間なら駐在員妻、夜は会社員と普通に日本語が聞こえてきますよ。

主に駐在員の方が多く住んでいるエリアになります。日本人学校の迎えのバスの送迎エリアがこのあたりまでというのも大きいかな。

日本に比べたら危険。とはいえ、バンコクは夜道でも日本人女性がひとりで歩いていたりするので、中心地は比較的平和ですよね。

バンコクで新たに日本人街になりつつある町

オンヌットのマッサージ通り

バンコクで新たに日本街になりつつある町、それはオンヌットです。わたしも海外移住したばかりの頃はこちらに1年半ほど住んでいました。

オンヌットの特徴は以下で紹介しておりますので、よかったらご参照下さい。

タイについて調べるなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール