タイ日系企業→外資系企業の求人へ応募。JOBチェンジしました。

タイの日系企業で現地採用として働き始めて丸3年。

4年目となる2017年は、「ミドルリスク・ミドルリターン元年」と位置づけ。

チャイカプとしての活動に加え、サラリーマンとしての仕事も挑戦する1年にしようと決めておりました。

そんなある日。タイのとある外資よりお誘いを受けて、あれよあれよと面接→内定と決まり。

3月からフリーランス型の契約社員として他のこともやりながら仕事しております。

日系企業以外で働くのは初めての体験。今日はそんな外資で働くメリット・デメリットを記載してみようと思います。

なお、日本からタイの外資求人を探すのであれば、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)が良いですよ。

もともとが海外発の人材エージェントなので、専門性がありますし、とにかく海外の外資系の求人数が多いです。

そもそも何故、タイに転職したのか?

約3年前にタイの日系企業へ現地採用職として入社。

入社後に違和感を感じつつも、ここにきて続けてきた仕事を辞めるという選択。

元々私がタイで働きたかった理由は下記のとおりです。

思っていたことはだいたい適いました。

しかし、その過程で「さらにこうしたいな」とか、「こういう働き方がしたいな」、という想いが出てきたので今回の決断にいたりました。

タイで外資系企業の求人に応募した理由

タイで外資系企業の求人に応募した理由は以下の5つです。

  • 自ら稼ぐ力を伸ばす
  • 無駄な付き合いからの解放
  • 働く場所・時間からの解放
  • 髪型・服装からの解放
  • 「1つの会社で1つの仕事」からの解放

自ら稼ぐ力を伸ばす

以前の職場は日系大手でした。よくもわるくも、給与は安定しています。

それなりに頑張れば、たとえ目標数値に達していなくても給与は安定的に支給されます。

ただこれからの時代、そんな受身でいるだけでは衰退していくのみです。

AI/ロボットの発展に伴って、人間のできる仕事はどんどんなくなっていきます。

今後はより自ら仕事を生み出し、稼ぐ能力はより必須になっていくのは見えていました。

社内でも何か興味があれば新しいことをしようかと思いましたが・・・

ただ残念ながら、日系企業ではいくら達成しても給与はそこまで伸びないんですよね。

今度の外資の職場はベース給与は普通です。しかし、自分の成果次第で給与は伸び続けます。

今できる範囲から背伸びするくらいの環境に挑戦する道もありかな、と思った次第です。

成果に基づいて給与設計もされますので、人によって給与の差が半端ないです。

稼ぐ人だと日本円で3,000万円超えたこともあるようですね。タイでそんなに稼いでいたら、豪邸住めちゃうよね。

まぁ起業している方から見ると中途半端な挑戦に見えるかもしれませんが、多少の安定と挑戦ができる今の環境は、わたしにとっては最高です。

ベーシックインカムもらいながら、色々とチャレンジしているような感覚でしょうか。

無駄な付き合いからの解放

また、無駄な社内の飲み会。基本的には全て断っていましたが、それでもたまに参加せざるをえない場面もあり。

出ても仕事の愚痴、女の話(どこそこの店が~とか、女の子紹介してとか)など全然生産性がない会話だけに終わるというね・・・。

個人的には、そんな会に出席させるならお金もらいたいくらいなんですよね。

「おごってあげるから」みたいに上から目線で言われて驚きましたけど。

いやいや、むしろそれは当たり前で、

時間拘束するんですから、お金いただけませんか?

それをいったらさすがに呼ばれなくなりましたw

基本的にお会いしたい方、尊敬できる方には社内でもこちらからお声がけしてお誘いしているので、全員集まる必要なんて全くないんですよねぇ。

今の職場は当たり前ですけど、プライベート重視。入社面談で「会社の飲み会とかありますか?」と聞いたら、Bossは

Boss
いや、家庭がある人間もあるし、基本的にはやらない。
クリスマスはやるけどね。
パートナーいるなら呼んでもいいぞ

ってことでした。こういう確認、大事ですね!

働く場所・時間からの解放

前職でも、仕事が終わっていれば定時で帰れます。そこは日本よりは帰りやすいです。

しかし、急に上からプロジェクトが降ってきて定時後の会議とかも結構ありました。

現職も基本的に週5日であることはかわりませんが、在宅勤務も可能な裁量労働制をとっています。まだ試していないですが、やろうと思えば

月の1週目:バンコク
月の2週目:東京
月の3週目:福岡
月の4週目:カンボジア

こんなことも制度上はOKです。まぁまだ慣れていない部分もあるので、こんな非効率なことはやりませんけどね。w

会社が今のところ1番はかどるのは間違いないです。

デュアルどころかトリプルディスプレイを使わせてもらえる環境なので、シングルのノートPC1台だとやりづらさを覚えてしまいました。

髪型・服装からの解放

まぁこれはおまけみたいなもんですが、意外と私にとっては大事な要素でした。

前職の場合、基本的に日本人はスーツやジャケット、ワイシャツを中心とした堅い服装。(タイ人はジーンズとか自由人だらけですが)

今の職場は服装は自由です(エリ付きのワイシャツを着る必要があるらしいけど、着ていない人も多い)し、髪の色が青とか赤もいますし(笑)

久しぶりにお洒落したいなぁという気持ちも復活しました。脱・おっさん化ですね!

「1つの会社で1つの仕事」からの解放

毎月の収入の源泉を1つだけに絞るのは非常にリスキーです。できれば収入源はいくつも分散させておきたいところ。

現職では成果出すなら好きなことやってていいよ(ただし、競合サービス除く)というスタンスです。

週2-3日出勤して、定時後は自分の仕事をやっているエンジニアな人もいますね。

もちろん、専業でそのままキャリアを上げてシニアマネージャークラスになるという道もあります。そのあたりは自由にどうぞ~って感じです。

タイ外資系企業で働くデメリット

良い面ばかり記載してきましたけど、当然自由に伴う責任もあります。

稼げないと、首。そうリストラされます。3ヶ月でイエローカード、6ヶ月でイエロー2枚になり、レッドカードでさようなら。

タイで外国人がクビになると、労働許可証も失効されて7日間以内にタイを出なきゃならなくなります。

まぁ出た後に、ノービザで帰ってきてまた仕事探せばいいだけですけどね。

クビショックを癒す旅に出て、しばらく放浪して帰ってきて仕事探せばいいのかなと。

見つからなければ、最悪日本に帰るという選択肢でしょうか・・・。

そう考えたら、日本でクビになっても滞在ビザなくならないし、失業保険とか色々と救済措置がありますよね。もっとみんなチャレンジすれば良いのに。

まぁ仮にクビになっても、個人で稼ぐ力を身につけておけば、フリーでノマドワーカーとして生きていけます。

個人的にはいきなり外資へ行くよりも、リスクヘッジもかねてこっちをオススメしてます。以下、参考にどうぞ。

日本からタイの外資系求人を探す方法

日本からタイの外資系求人を探す方法は大きく2つあります。これだけ使えば充分に待遇の良い求人を確保できますよ。

JACリクルートメント

JACの

冒頭でも言いましたけど、1番はJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)ですね。世界中に支店があるので、現地の最新情報をガンガンに吸い取っています。

登録会員以外には非公開になっている優良な求人案件数も多いですね。

「海外に出たい方はどう経歴書をブラッシュアップしてみせるか?」なども無料で相談にのってくれます。

いますぐに海外に出る予定がない場合でも、登録しておけば、今後あなたの経歴をどのように作っていくべきか?が分かりますよ。

\会員登録(無料)/

ビズリーチ

CMでも話題のビズリーチ

現在の年収が600万円以上ある方が使えるサイトです。そのため最近ではこれから海外に出る人や、海外経験者向けの案件が増えています。

\会員登録(無料)/

タイ日系企業→外資系企業の求人へ応募:まとめ

プロサッカー選手とかこれで生き抜いているのがホントすごいなぁ・・・と感じる日々です。

まぁクビになってもネタにはなりますので、生暖かく見守っていただければ幸いです。

せっかくの人生なので、1度くらいはチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

外資求人を探すなら、以下公式サイトを参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。チャイカプでした。

海外で仕事をするなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール
もう迷わない! タイ就職完全MAP
タイでこれから暮らしてみたい方は、こちらのタイ就職までの流れを読めば完璧です。