日本への一時帰国で免税制度を利用してお得にお買いもの♪




※追記あり2016年10月12日

自分への夏休み休暇も兼ねて、日本に一時帰国したいと検討しています。

その際に買出しする予定の商品を備忘録を兼ねてメモしておきます。

わざわざ日本で買うものですので、これからタイに赴任しようという方の参考にもなりますよ。

LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵 高城剛

今回の一時帰国に関して、参考にした雑誌です。世界中を年中旅する高城氏。

これは便利だな~って思うものから、それいるか!?ってモノまで。彼のこだわりも見れて面白い1冊でした。

海外在住者や海外赴任者は免税??

a0e01bebbacf8885921c8273c2bd56fe_s

中国人の爆買いが話題にあがりましたが、別に外国人でなく海外に住んでいる日本人でも、

日本への一時帰国時に免税店で消費税を支払わずに買い物できます。条件は、

  • 外国にある事務所に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
  • 2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
  • 1及び2に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
  • 1から3までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者

2年以上外国に滞在する「目的」という点がポイントですね。

免税品を購入しても2年間以上住んでいなくても問題があるわけではありません。

つまり国外に長期滞在している会社員や留学生、ワーキングホリデー、インターンなどをしている人

こういう方々は、一時帰国で免税品を購入する際に、消費税を支払わずに日本でお買い物ができます。

ただし。海外居住者でも日本に半年以上いると、「居住者扱い」になってしまいます。

ビックカメラの免税クーポンを使うとさらにお得!?

bickamera-china

通常、ポイント還元10%または免税のどちらかを選ぶ必要があるようですが、

ビックカメラには非居住者向けのお得な免税クーポンがあるようです。

ビックカメラ公式ウェブサイト中国版のチラシを利用すると8%免税+5%のディスカウントで合計14%できると。

下記ブログを参照させてもらいました。

>>大さんのブログ

というわけで、雑誌、免税、クーポンの情報を元に、実際に購入予定の商品をメモっておきます。

一時帰国で免税品として購入予定のモノ

PCなどIT系機器

とにかく軽いPCが欲しいんですよね。

タイで暮らすようになってから、1年のうちに旅行に行く回数が増えてまして。そういう時にも使いたいし。

とはいえ、タブレット以上のスペックは欲しい。CPUがcore5以上で1キロ以下の製品を探していました。

これ、気になってます。ちなみにPCで日本語キーボードが必須な方は、忘れずに日本で買ってこないとダメですよ~。

PCの画面の覗き見防止フィルターですね。

タイでもMBKとかで買えそうですけど、せっかくなのでこれも一緒に購入してこようかな、と。

外付けのHDDですね。PCの備え付けのハードディスクでは、容量はしれていますからねぇ。

iphoneで動画撮影も増えているし、128GB、もしくは256GBなど多めの容量を購入予定です。

Bluetoothキーボード。高城さんご紹介の商品とは違うかな?

普通のキーボードより1列少ないキーボードになっています。

口コミに書かれてた、キーの打鍵感の動画も見てみましたが、しっかりとした押し心地があるようです。

一度ペアリングしてしまえば次回からはキーボードの電源をONにするだけで自動的に繋がるようなので、これは買いかな、と。

家電量販店で売っているかなぁ。これだけはamazonで頼んでおこうかしら。

生活用品

圧縮袋はあると長期旅行の際に便利なんですよねぇ。

買っておいて、友人宅で受け取らせてもらおう予定です。

シワ伸ばしスプレー。これは必須ですね。

上着とかシワシワになっちゃいますからねぇ。

あれもこれも欲しくなっちゃいますが、使用頻度が高い物や利便性があがる商品サービスはケチりたくないので、色々買ってきたいです。

過去に海外への引越し前に揃えたものは下記をご参照ください。

参照:海外生活の必需品。タイに赴任したら必要なものを駐在員にも聞いてみたよ。

追記:実際にビックカメラで免税品として購入してきました

bigcamera

外国人対応ができるスタッフもこんなにいるんですね。タイ語対応人材もいます。

というか、多くない?それだけタイ人観光客がくるんでしょう。

bigcamera-2

上記で購入予定だった商品の一部を、実際にビックカメラにて購入しました。

8%免税+5%のディスカウントで合計14%の値引きを実行してもらえましたよ!!

パスポートと中国ビックカメラ公式ウェブサイト中国版のサイトをキャプチャで撮って見せただけです。

池袋のビックカメラに行った際には「各フロアごとの清算」「チラシは画像が粗いと読み込めないので対応できないかもしれない」と言われましたけど、

新宿店で購入した際には「まとめて清算」「読み込めなくてもバーコードの数字を手打ち」してくれて、対応をしてくれました。

ちなみに5,000円以上購入しないと免税対象にはならないようですので、ご注意ください。

海外で暮らすなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!