タイのバイクタクシー!ポイントを押さえれば安全!?渋滞を回避できます

バイクタクシーって危なくないの?どうやって乗ったらいいの?

バンコクの交通手段としてタイ人やタイに住む外国人も多く利用するバイクタクシー。

日本にはない交通手段ということでハードルも高く少し乗るのを躊躇する方もいるかもしれません。

しかし、渋滞のひどいバンコクでは渋滞の影響を受けない貴重な交通手段として重宝されています。

乗り方や注意点を抑えれば初めてでもある程度は安心して利用できますよ。

今回はバイクタクシーの乗り方や注意点をご紹介していきます。

これを読んでバイクタクシーの乗り方をマスターしちゃってください!

チャイカプ(私)
とはいえ、タイは交通事故も日本に比べてはるかに多いです。基本的にはあまり乗車をオススメできません。

私は移動にはグラブタクシーを利用しています。

タイに来たら乗ってみたいバイクタクシー

タイのバイクタクシー

バンコクを歩いているとオレンジ色のゼッケンを着たバイク運転手をよく目にします。

このバイクこそバイクタクシーです。

朝夕にはバンコクのメイン通りであるスクンビット通りを始め多くの道路で大渋滞が起きるバンコク。

タクシーでは到着時間が読めないだけでなく、乗車時間が長引く分料金も高くなってしまいます。

そういった際に便利なのがバイクタクシー。

車の間をするすると抜けて移動できるので、渋滞のバンコクでも時間を気にせず移動できます。

また、日本にはない交通手段なので、異国らしい体験ができちゃいますね。

ローカルな交通手段である分乗り方や注意点が分からないという方も多いのではないでしょうか。

覚えてしまえばとても簡単なので、乗ってみたい方は乗り方をマスターしてバイクタクシーに乗ってみてくださいね。

バイクタクシーに乗るにはどうすればいい?

タイのバイクタクシー

バイクタクシーに乗るにはまずバイクを探しましょう。バイクといってもどのバイクでもいいわけではありません。

探すのはオレンジのゼッケンを着た運転手さんが運転しているバイクです。

バイクタクシーは基本的に運転手さんの待機所があり、乗車できるバイクはそこで待っています。

待機所は駅の高架下や、大通りからわき道に入る場所など。

それぞれの待機場所に所属している運転手さんがそこでお客さんを待っています。

待機所を見つけたら、まずは行き先を伝えましょう。

タイでは住所や建物を伝えるのではなく、行きたい通りを伝えるのが一般的です。

有名なショッピングセンターやホテルであれば名前で伝わることもあります。

しかし、そうでない場所は伝わらないことが多いので、通りが分からない場合はマップを見せて行先を伝えましょう。

バイクタクシーに乗る際の注意事項

慣れない交通手段だからこそ注意しなければならないこともあります。

ここからはバイクタクシーに乗る際の注意事項をご紹介していきます。

どこでも乗れるわけではない

これまで述べたように待機場所で捕まえる方法と、流しで道を走っているバイタクを捕まえて乗る方法があります。

しかし実は彼らには縄張りがあります。ですので、縄張り内では仲間以外のバイタクが乗せることができないんです。

乗ろうとしてもシカトされます(というか、乗せると喧嘩になるかもですね)

バイタクがタムロしている箇所では、流しではなく待機中のバイタクを捕まえて乗りましょう。

短距離移動に適している

バイクタクシーは基本的に短距離の移動を目的とした乗り物です。

行先が離れていると乗車拒否されることもあるので、そういった場合は他の交通手段を検討しましょう。

運転手さんがOKを出したら後ろに乗ります。あとは目的地までバイクの旅を楽しんでくださいね。

事故が起きても自己責任

バンコクのバイクタクシーはヘルメットを渡してくれないことが圧倒的に多いです。

ヘルメットを着けずに事故に遭っても自己責任になるため、必ずヘルメットを付けるようにしてください。

チャイ猫
バイタクで事故っても彼らは保険にも入っていないから、何も補償してくれないからね
チャイカプ(私)
血だらけで倒れているタイ人を2回ほど見たことがあるので、それ以来なるべく乗らないようにしています・・・

事前に値段を確認する

タイのバイクタクシー

バイクタクシーはタクシーと違いメーターがありません。大まかに距離によって値段が決まっています。

観光客だとわかると通常よりも高い値段を請求されることもなくはありません。

到着して高額な値段を請求されることを防ぐためにも、必ず乗車前に値段を確認しましょう。

もし提示された値段が相場よりも高いと感じたら、値段交渉をしたり他のバイクを探したりしてください。

基本的にはバイクで3分ほどの距離であれば30バーツ前後、5分ほどの距離であれば40~50バーツが目安です。

チャイ猫
基本的には彼らは送ってから帰ってくる必要があるので、往復分の料金を取られているんだよね
チャイカプ(私)
コンドミニアムの真下に待機しているバイタクとかは、駅まで10THBで乗れたりするけど、

基本的に20THB以上はかかることの方が多いですね。

小銭を用意しておく

バイクタクシーは支払金額が小額ということもあり、運転手さんがおつりを十分に準備していないこともあります。

特に500バーツや1,000バーツといった高額紙幣の場合はおつりがないと言われる可能性が高いです。

バイクタクシーは多くの場合で20~50バーツの運賃であることが多いです。

乗車前にコンビニで崩したり、日頃から細かいお金を財布の中に常備しておきましょう。

荷物に注意

タイのバイクタクシー

そして、乗車時には荷物に注意してください。

車と違い外と境目がないので荷物をひったくられたり、落としたりする可能性があります。

バンコクの道路は交通量が多いので、落ちた荷物を拾うのは非常に困難です。

カバンのチャックはきちんと閉めたり、手でもつだけでなく肩から掛けたり荷物の管理も徹底しましょう。

移動に便利なバイクタクシー

記事のポイントをまとめます。

  • バイクタクシーは渋滞を気にせず移動できるので便利!
  • オレンジ色のゼッケンを着た人がバイクタクシーの運転手さん
  • 料金は事前に必ず確認しよう!
  • 細かいお金の用意を忘れずに
  • 荷物の管理は徹底しましょう

観光地への移動だけでなく、最寄り駅からホテルまで距離がある際にも便利なバイクタクシー。

常夏のタイでは15分外を歩くのも大変なので、風を切って進むバイクタクシーでの移動は快適ではあります。

渋滞で時間が読めなくなってしまうのを避けられるだけでなく、珍しい交通手段ですしね。

乗りたい方は、事故や料金トラブルに気を付けてバイクタクシーでの移動に挑戦してみてください。

Tweet久しぶりにトンロー

バイタクは待ち合わせに遅刻しそうな時以外は危ないから乗らない😌

バスは🚌出発時間が読めないのでスルー。タクシーもこの時間は渋滞なのでなし。

というわけで、乾季は比較的涼しいので駅から15分歩きます🚶‍♀️

チャイカプ(私)
どうしても急いでいるとき以外は、私は移動にはグラブタクシーを利用しています。

タイ旅行するなら、こちらも読むと便利です。

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール