タイのバンコクでGRAB TAXI(グラブタクシー)の使い方を振り返る




タクシー配車アプリのGRAB TAXIが便利なので、本日はそちらのご紹介です。

タイへ旅行に来る観光客の方は年々増えております。しかし、タイでは観光客に対するタクシーのボッタクリが一向になくなりません。

旅行者
日本より安いとはいえ、ぼったくりタクシーには乗りたくない
旅行者
タイ語も英語もしゃべれないけど、タクシーを利用したい

こんな悩みにお答えしていきます。

アプリに登録をしているドライバーであれば、アプリに表示された金額以上を要求してくることはありませんので安心です。

タイでは日本と比較すると圧倒的にタクシーの料金が安い(初乗り約120円)ので、私も毎週1回以上は使っています。

SPONSORED LINK

GRAB TAXI(グラブタクシー)って?

GRAB TAXI logo

東南アジアで配車アプリ事業を展開している会社です。アプリ+配車といえばウーバー(Uber)が日本では有名化と思います。Uberの東南アジア版です。

アプリでタクシーや普通乗用車を呼び寄せて、行き先まで連れて行ってくれるサービスです。

トヨタやソフトバンクが出資したことで、日本でも認知度が上がってきていますね。

使用できるタクシーの種類としては現在は全7種類です。

  • GrabTaxi:通常のタクシー (登録車)
  • GrabBike(Delivery): デリバリー専用 (宅配や配達をお願いすることが可能 )
  • GrabCar(Economy) : グラブタクシーの上位版。ハイヤー車
  • GrabCar+(Premium) : ハイヤー車でエコノミーよりさらに良い車
  • Taxi 7-seater(Adv.Only):7人乗りのタクシー
  • GrabXL(Adv.Only): ハイヤーかつ事前予約が必要な車 (バン)

Grab Taxiの利用可能エリア

Grabはマレーシア発の会社で、本部はマレーシアとシンガポールにあります。

他にも東南アジアでは

  • インドネシア
  • タイ
  • フィリピン
  • ベトナム
  • ミャンマー
  • カンボジア

上記の国々で展開しています。基本的には首都圏がメインです。タイならバンコクですね。

ただ、タイで2番目に大きい都市チェンマイでも利用でいることは確認できています。徐々にエリア拡大してくれているのは良いですね

GRAB TAXI(グラブタクシー)の使い方

GRAB TAXI app

使用前に、まずは電話番号等を入力or facebookより登録。その後、アプリを立ち上げて現在位置を確認して、行き先を指定する。それだけです。

この記事の文末に招待コード載せています。そちらを使うとお得です。

 

Grab (GrabTaxi)

Grab (GrabTaxi)
開発元:MyTeksi Sdn Bhd
無料
posted with アプリーチ

12041965_1001264616591220_1122769075_n

GPSで現在地から近くにいるタクシーが地図上に自動的に表示されます。

12064137_1001264606591221_1780664102_n

この日、私はトンローで予定があり、広島でお好み焼きを食べたかったので[hiroshima]と検索したら、すぐに候補として出てきましたよ。近くに226台もいるんですね。

12047574_1001265793257769_1017946751_n

問題なければConfirm Bookingを押します。料金目安は42THB~63thbですね。

12064183_1001265776591104_533759928_n

入力して、しばし運転手からの問い合わせを待ちます。

この時点でやはり私のネット環境が弱かったせいか、少しだけ読み込みに時間かかりましたが、そこまで危惧するほど遅くはなかったです。

12048423_1001264613257887_1200263953_n

はい、無事に成立するとこの画面です。8892がナンバープレートなので、それさえ覚えておけばOKですね。この日は計3回利用しましたが、全て1分以内に成立してます。

成立後3人中2人が私に電話をかけてきましたが、1人はそのままコールをせずに目の前まできましたw

運転手はタイ語で質問をしてきますので、タイ語ができる人がいないと少し面倒かもしれません。

Grab Taxiの料金は

いずれのタクシーも手数料+メーター料金+高速代(高速道路に乗った場合のみ)がかかります。

  • GrabTaxi:手数料(35THB)+メーター分の料金
  • GrabBike(Delivery):手数料+メーター分の料金
  • GrabCar(Economy):初乗り30B。メーター料金はない。初めに指定(記載)された料金の支払い。※最低料金50B
  • GrabCar+(Premium):初乗り75B。メーター料金はない。初めに指定(記載)された料金の支払い。※最低料金100B
  • Taxi 7-seater(Adv.Only):手数料(35THB)+メーター料金。※ドンムアン、スワナンプーム空港に行く場合は手数料150B
  • GrabXL(Adv.Only):初乗り300B※最低料金300B

Taxi 7-seater(Adv.Only)は前もっても予約が必要です。※2時間~7日前の事前予約

通常のGrabよりメーター料金も少し高いです。その分デカイスーツケースも2個とか乗せれるから良いですけどね。

空港行く場合を除くと、捕まりづらい印象。彼らも稼ぎたいんでしょうからね。

GRAB TAXI(グラブタクシー)メリット

12048753_1001266143257734_800988676_n

大通りから離れた場所でもタクシーを呼べる

soiの奥のお店でご飯食べた時などは、なかなかタクシー来ない時もありますよね。(今回の広島はそのケース)

こういう時にこそがっつり活用しましょう。タイ語が心配でしたらば、店員さんに説明してもらいましょう。

運転手の質がある程度担保されている

GRAB TAXI(グラブタクシー)側で審査されて通った人間しか登録できないのである程度きちんとした人が運転しているケースが多いです。

乗車拒否とか態度の悪い運転手は少ないですね。私はアプリで呼ばない時でも、タクシーを選ぶ余裕がある場合はGRAB TAXIを拾って乗るようにしています。

運転手によっては英語が話せる

片言レベルでも多少話せる人に当たる確率が高いと思います。少なくとも聞いてくれますからね。

日本語を片言で話せる人に当たった時にはさすがに驚きましたけど。

比較的新しい車が多い<

12067803_1001264619924553_153000050_n

タクシーには客用充電器まで備え付けているタクシーもありましたよ!

すぐに携帯の充電が切れるので、このサービスはいいなぁ。。。

Grab Taxi利用時の注意点・デメリット

  • 深夜の時間帯の乗車
  • 通信環境
  • 電話での会話
  • 料金が変化する

深夜の時間帯の乗車

実際に乗った人たちが評価してくれているので、評価を見て安心して乗れます。

ただし深夜の時間帯に女性が1人で利用したりとか、だめです。海外ですからね。普通に強姦被害でニュースになっていることありますよ。

旅行に慣れた人ほど油断するんですよねぇ。あなたが乗るタイミングで確実に大丈夫などという保証はどこにもありません。

通信環境

大前提として、スマホを使うわけですが通信環境が必要です。インターネットに接続していない場合は利用できませんのでご注意ください。

タイに旅行で来る人はSIMフリー携帯じゃない人もいると思います。そういう方はポケットwifiを持ってくると思いますが、携帯だけでなくwifiルーターの電源の残りも気を付けましょうね。

電話での会話

待ち合わせの時は電話がかかってくることがあります。ドライバーが英語が苦手なことがありますが、タイ語で聞いてくることが結構多いです。

予約するときはホテルや飲食店スタッフの側で予約して、電話かかってきたらジェスチャーで変わってもらうのもアリですね。

料金が変化する

料金はタイミングによって変わるので、料金表示のメッセージをしっかり確認しましょう。

時間に余裕がある場合は、何度かやってみて相場感は把握してみてもいいと思います。

Grab Taxiの今後の懸念点

2018年3末に、東南アジア事業についてはUBERが買収されました。

事実上の1社独占体制。これにより、サービスが向上したわけではないですが、各国の料金の値上げが懸念されています。

この買収によってグラブは運賃体系を見直し、料金の値上げを始めていて、利用者の不満が沸き起こっている。

これは、利用ピーク時に従来料金の最大2倍になる運賃値上げと、乗車1分当たり2ペソの上乗せを行っていたことで、事態を重く見た政府当局はグラブに対して是正命令を出した。

参照:Digima

Grab TaxiでGrabRewardsというポイントがたまる

Grabには「GrabRewards」というポイント制度があります。

原則100バーツで10ポイントとなっていますが、他にもいくつかのポイントアップ要素があり、GrabPayで乗車料金を払うと、現金より2倍ポイントがたまります。

車種によっても貯まるポイント数が異なります。

獲得ポイントに応じて会員ランクも設定されており、貯めたポイントはカタログから選んでモノやクーポンに交換することができます。

タイ語のページしかないのですが、ランクに応じて応答が早くなったり、特別なサービスを受けれるようですね。。

Grabのプロモーションについて(プロモーションコードの入力方法)

左上の人物マークを押すとチェックできますよ。

Grabはかなり頻繁にプロモーションを実施しています。SMSでもしょっちゅう通知がくるので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

プロモーションコードは、メニューの「Notifications」に届いています。大体一週間単位で期限が切られているようです。

プロモーションコードの入力は、予約画面の「Promo」というところをタッチしてください。

検索窓の「Enter your promo code here」と書いてあるところにクーポンコード(プロモーションコード)を入力します。

有効なプロモーションコードの場合は先ほどの「Promo」の部分にチェックマークが入り「Enjoy your ride!」というメッセージが表示されます。

期限切れや条件が合わない場合は「The promo code can’t be used for this booking. Check T&C for details.」というエラーが出ます。

有効なプロモーションコードを忘れずに確認して、お得に利用するようにしましょう。

招待割引コード

Grab invite you

下記コードを利用すれば、招待割引がもらえます。まず無料アプリをダウロード。

電話番号かfacebookで登録を開いて登録するだけです。しばらく待つと地図が開いて、すぐに使えるようになります。

タイで役に立つ情報をお探しなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!






5 件のコメント

  • […] 個人的には普段の生活ではほとんど利用することはありません。理由は下記3つ。   1.値段交渉が面倒くさい 結局タクシーより値段が高いことが多いです。タイ人が交渉すると安くなることはありますけど、それでもたいして安くなりませんね。加えてタクシーならエアコンが効いてますし、基本的に値段はメーター制なのでぼられる心配もありません。   2年以上住んでいますが、メーターを細工しているタクシーに乗ったのは1回だけあります。それもドンムアン空港から乗った時ですね。その時は馬鹿みたいに早く値段があがっていくので、あきれて笑っちゃいましたけどw   個人的には以前紹介したGRABタクシーが良いと思います。仮に街中でアプリを使わなくても、こちらと提携しているタクシー(タクシーにステッカーが貼ってあります。)を選んだほうが運転手が荒くなくて良いですよ。     2.単純に危ない 先ほども書きましたが、停止中に限らず、走行している時でも財布やバッグのひったくりはあります。大きい荷物を持っていてもトランクとかないので置くスペースもないですしねぇ。     3.短距離ならバイタク 要はバイクの2ケツです。機動力はこちらの方が優れているし値段も直線距離なら10THB~からと安いです。この値段交渉が面倒くさいのはトゥクトゥクと変らないですが、相場が分かっていれば便利です。   何度か使う道であれば最初の数回値段聞けば大体わかってきます。明らかに10THBでいける距離でも、人によっては20THBとか言ってきますからねぇ~。私は以前通勤で使っていました。合計500回くらい乗っていますが、、、トゥクトゥク以上に危ないのでおすすめはしません。 […]