【被害続出】のライン副業詐欺!4つの手口と相談先とは

ライン副業詐欺
スキマ時間にいっぱい稼げる!

ラインでこんな勧誘を見たことはありませんか。

「稼げます」と言われると、気になってしまいますよね。

もし安全な副業だったら自分も挑戦したいと思いませんか?

ただしラインなどのSNSには、副業詐欺もさりげなく隠れています。

軽い気持ちで「やります」と手を挙げてしまったら、予想外の事態に巻き込まれることも!

  • ラインなどのSNS副業詐欺の手口とは
  • ライン副業詐欺はどこに相談すればいいのか

ラインの副業に興味がある人が知っておきたい。

そんなライン副業詐欺の知識をまとめました。

ラインなどのSNSを使った詐欺×3つ

ラインは月間8,000万ユーザーを抱える巨大SNSです。

ツイッターの月間ユーザー数が4,500万。

Facebookの月間ユーザー数が2,800万。

ラインにいかにたくさんの人が集まるのか、よく分かる数字ではないでしょうか。

人がたくさん集まるということは、情報もたくさん集まります。

ラインをはじめとしたSNSは副業情報の宝庫。

情報を求めてさらに人が集まると、さらに情報が集まってくるという連鎖反応が起きるのです。

ラインなどのSNSでは、ホットな情報を集めやすいですよね。

ただ情報が集まってくるということは、玉石混合が起きやすいということでもあります。

副業情報がたくさん集まるラインなどのSNSには、詐欺まがいの副業情報も集まるのです。

ラインでは、実際に3つの副業詐欺が起きています。

    • ラインスタンプの副業詐欺
    • 画像投稿の副業詐欺
    • クレジットカードの副業詐欺

ライン副業詐欺の3つの手口を詳しく見ていきましょう。

ライン副業詐欺の手口「ラインスタンプで稼ごう」

ラインスタンプ副業詐欺とは、「ラインスタンプで稼げますよ」という内容の詐欺です。

指定されたアカウントにラインスタンプを送ると、それだけで稼げてしまうというのです。

ラインスタンプをポンポン送れば稼げる。

びっくりするほどカンタンな副業ではないでしょうか。

楽して稼ぎたい人ほど「いいじゃない」と思って飛びついてしまいますよね。

実際は、まったく稼げないのですが・・・。

ラインスタンプ詐欺では、「稼ぐためには審査が必要です」と業者が言ってきます。

言われた通りに審査を受けると、即座に落選。

落選してがっかりしているところに、「もっとおいしい副業があるよ」と勧誘し、高額な商材やツールを売りつけるのです。

もちろん、商材やツールを買っても稼ぐことのできません。

ライン副業詐欺の手口「画像投稿で副業しません?」

ラインで画像投稿をすることによって稼げる。

これも、ラインスタンプの副業詐欺と似たような手口です。

ラインへと画像投稿をすることによって稼ぐためには、特別なツールや商材が必要である。

このように詐欺業者は、副業を申し込んできた人を言葉巧みに勧誘し、ツールや商材を買わせるという仕組みです。

もちろん、ツールや商材を買っても稼げません。

ラインを使った副業詐欺の一種なので、最初から副業させる気がないのです。

ライン副業詐欺の手口「クレジットカードを作って」

「副業をはじめるためにクレジットカードが必要です」とクレカ作成を行わせるタイプのライン副業詐欺です。

クレジットカードを作ったら、情報入力をさせて副業詐欺の業者が取得。

不正利用などにクレジットカードを利用するという手口です。

もちろん、副業させる気がないので稼げません。

「ラインの副業詐欺?」と思ったらどこに相談すべき?

「ラインの副業詐欺?」と思ったらどこに相談すべき?

うっかりツールや商材の費用を払ってしまった。
ラインで変なURLを踏んでしまった。
副業のメッセージに返信したが、詐欺かもしれない。

こんな時は、どこに相談したらいいのでしょうか。

ライン副業詐欺の相談先は3つあります。

  • 国民生活センター
  • 警察
  • 弁護士

国民生活センターへライン副業詐欺を相談

国民生活センターでは、副業詐欺の相談も受けています。

国民生活センターに相談することによって、ライン副業詐欺の業者に返金するよう話してもらうこともできます。

ただし、ライン副業詐欺の業者が返金に応じるかどうかは別の話。

返金してもらえない可能性がかなり高いのです。

国民生活センターが怖く副業詐欺をやっていられるかという話ですよね。

国民生活センターでは、法的手段を取ることはできません。

ライン副業詐欺業者が応じなかったり、逃げてしまったりすると、対応が難しくなります。

>>国民生活センター

警察にライン副業詐欺を相談

警察でもライン副業詐欺の相談を受けています。

しかし、残念ながら警察による返金対応は望めません。

警察は犯罪に対処する存在だからです。

被害届を出すことはできますが、法的手段は警察の対応外になります。

弁護士にライン副業詐欺を相談

ライン副業詐欺でお金を払ってしまった場合や、コンタクトを取ってしまった場合は、弁護士が強い味方になります。

なぜなら、弁護士は法律のプロだからです。ただし、弁護士によって得意分野が違っています。

弁護士の中には詐欺に強い弁護士がおり、メールや電話で無料相談を実施している事務所も。

たとえば弥栄(ヤサカ)法律事務所副業詐欺事件の解決件数も多く、24時間メールで対応している代表的な弁護士事務所です。

ライン副業詐欺で困ったら、弥栄(ヤサカ)法律事務所へまずは無料相談してみるといいですよ。

\なんどでも相談無料!/

ラインの副業詐欺の手口と相談先について:まとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • ライン副業詐欺の代表的な手口は3つ
  • ライン副業詐欺の相談先として頼れるのは弁護士
  • 24時間、メールで無料相談を受け付けてくれる弥栄(ヤサカ)法律事務所がオススメ

ラインなどのSNSは便利なツール。

人も情報もたくさん集まるため、情報収集にはもってこいです。

しかし、情報の中には副業詐欺も混じっているため、注意が必要。

心配な時や、副業詐欺に巻き込まれてしまった時は、詐欺に詳しい弁護士に相談しましょう。

\なんどでも相談無料!/

副業するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール