タイのラムパーン県おススメ観光地

タイのラムパーン県おススメ観光地
タイの主要な観光地域はもう飽きたなぁ
海よりも山が好き

年末年始にタイのラムパーン県に行ってきましたので、そちらの観光情報をシェアしたいと思います。

上記のような願望がある方にはおすすめできる地域です。

ラムパーン県ってどこ?地図でいうと・・・

ラムパーン県はタイ・北部にある県(チャンワット)の一つです。バンコクから北へ約600キロメートル。

すぐ左隣りがチェンマイで約100キロメートルの距離にあります。

人口は75万人程度、主な産業は山地の鉱業と、一部の観光業です。

ラムパーンへの行き方

  • 飛行機
  • スワンナプーム国際空港からバンコクエアウェイズ(1日3便)所要時間は約1時間30分。

  • 鉄道
  • バンコクのフアランポーン駅発の快速や特急が1日6本[ナコーン・ランパーン駅下車/所要約11時間]

  • バス
  • バンコク北バスターミナル発、1日約10便[所要約9時間]

ランパーンは主要観光地でもないんですけど、実は直行便があるんですよね。これは助かります。

ただし地方の空港なので、かなり小さいです。ランパーンの空港については下記をご参照ください。

ラムパーン観光地①:ナイトマーケット

ランパーンのナイトマーケットと言えばKad Kong Ta Street Marketでしょう。ここは土日しかやっていませんのでご注意ください。

田舎だし人なんていない寂れたナイトマーケットだろうと思っていたのでびっくりです。人・人・人ー!!

ラムパーン観光地②:タイ象保護センター

ラムパーンで観光した象施設

体調の悪い象の病状や産まれたばかりの子象の世話をする、世界初の象の専門病院が併設している施設です。

他にも象の糞で作る紙の製紙工場、象の糞で作る有機肥料工場、センター内で使用する電気を生産するためのバイオガス工場などがあります。

開園日時は、毎日午前8時30分から午後4時30分まで。象のショーを見るだけでなく、象に乗ることもできます。

ラムパーンで観光した象施設

入館料はショーを見ないなら、シャトルバスの25THBだけで済みます。

ラムパーンで観光した象施設

象に乗る場合は10分なら100THBと格安です(看板には200THBって書いてあったけど)。30分は500THB、1時間なら1000THB。

注意点としては、象の体調などのメンテナンス次第では乗れる時間に制限があるそうです。わたしもこの日は10分コースしか乗れませんでした。

ラムパーンで観光した象施設

象に触れたり近くに寄ってみたいという方がいれば、餌やりをしながら、写真撮影もできますよ。

ちなみにここはホームステイもできます。象と共に生活するだけでなく、象使いの生活の様子を生で伺うことができる機会を設けているそうです。

ラムパーン観光地③:kad-tung-kwian-market

ラムパーンで観光した市場

こちらのkad-tung-kwian-marketはタイ人に人気のようで、かなり多くのタイ人が来ていました。

ここでは北タイの名物商品を購入することができますよ。ヘッドポ、カオソーイタット、キャップムー、サイウア。

トゥアナオ、マージャイダムといった調味料、お酒。なお、このお酒はバンコクのキングパワーでもみかけました。

ラムパーンの名物

鶏の絵の器はランパーンの特産品です。

ラムパーンの名物
ラムパーンの名物

綺麗な陶器がたくさん売られていました。

ラムパーン観光地④:ワット・プラタート・ラムパーン・ルアン

ラムパーンで観光したお寺

現地のタイ人に聞いたのですが、こちらのワット・プラタート・ラムパーン・ルアンというお寺はソンクランと正月は人が多いようです。

ラムパーンで観光したお寺

わたしが行ったタイミングも参拝客でいっぱいでした。都会に出稼ぎに行ってる人が返ってきて、無事の帰宅と来年度の商売繁盛と安全を祈っているそうです。

ラムパーンで観光したお寺

いくつか仏塔があり、下足すれば中に入れます。こちらのお寺は入館料等は特に必要ありませんでした。

ラムパーンで観光したお寺

このワット・プラタート・ラムパーン・ルアンの周辺には約2,000軒の家がありますが、普段はガラ空き。お年寄りと子供しかいないそうですよ。

女性は立ち入り禁止の建物がありまして、そこの内部は男性しかいないんですね。

こんな感じで光が差し込んでいると寺が反転して映し出されます。これ、肉眼だと実はよく見えないんですけど、写真だと結構はっきり写りますね。

ラムパーンで観光したお寺

お寺の周りには屋台街と、観光客向けの花馬車がありました。1914年、ランパーン王族最後の国主が初めて馬車をこの地に持ち込んだのが由来とのこと。

撮影だけなら10HB、乗車はだいたい5分くらいでお寺の周りを走ります。1台200THBです。

なんか結婚式みたいですけど、タイ人は結構乗っていましたので、カップルなら恥ずかしくもないかなと。

乗車のやり取り含めても10分程度で200THB稼いでいるので、繁忙期にはかなりコスパ良い副業ですよね。

タイのラムパーン県おススメ観光地:まとめ

探せばありそうですが、さすがにバンコクのようにどこでも日本食を食べることはできませんね。観光地化していないので基本ローカル仕様です。

短期で移住して滞在するには不便ですが、旅行で来る分には北タイらしさを楽しめるスポットがいくつもあります。

気候もバンコクに比べ涼しいですし、のんびりと山に囲まれて過ごしたい方は1度訪ずれてみてはいかがでしょうか?

ランパーンに行くなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール