ランパーン県で泊まったホテル「バーン サッチャダ ラムパーン リゾート」

ランパーン県で泊まったホテル
ランパーン県で泊まるホテルはどこにしようかな?

上記のように検討している方に、今日は私が宿泊したバーン サッチャダ ラムパーン リゾート (Baan Suchadaa Lampang Resort)をご紹介します。

ランパーン空港から4.7キロ、ソンテウで15分くらい(300THB)で到着です。

結論を先に言いますと、小さなお子様連れの方やワイワイ騒ぎたい方には向かないホテルです。1人~2人でぼーっとするには適しています。

SPONSORED LINK

バーンサッチャダラムパーンリゾート:ホテルの館内

ランパーン県で泊まったホテル

welcomeドリンクでお出迎え

部屋の前は池がありました。魚が泳いでいます。

ランパーン県で泊まったホテル

館内は放し飼いのウサギがたくさんいたので、30分くらい遊んでいました。人間慣れしているせいか、むしろ寄ってきます。かわいい。

バーンサッチャダラムパーンリゾート:ホテルの部屋

ランパーン県で泊まったホテル

部屋はスーペリアです。入り口のドアがなくて、ベランダ?から入るスタイルです。そういえばここのホテルは下足する機会が多いですね。

ランパーン県で泊まったホテル

部屋の奥から入り口を撮影

ランパーン県で泊まったホテル

ちょっと残念なのがシャワー室が別になっていないんですね。これだと夜にシャワー浴びる度にトイレが水浸しになります。

朝食

ランパーンのホテル

こちらの景色を素足で眺めながら食べる朝食は気持ちがよかったです。タイ飯とアメリカブレックファーストの2種類から選べます。

ランパーン県で泊まったホテル:まとめ

こちらのホテルのデメリットに感じた点は以下です。

  • トイレとシャワーが同じ部屋
  • どこかに出かける際の費用が高い
  • 年末の対応がゆるい

ホテルをベースにして、ここからランパーンの観光(ナイトマーケット、象に乗る、寺に行く)をしていましたが、毎回車やソンテウをチャーターしないといけません。

ホテルからナイトマーケットはソンテウ往復400B、動物園・寺・市場のセットで車をチャーターしたら往復1300B。

車をレンタカーできる人はランパーンの空港で借りたほうが安上がりだと思います。

あと年末だと従業員がお祭りモードなので、サービスが適当な気がします(笑)まぁタイ人らしいと言えばそれまでですので、仕方ないですけど。

そのあたりは同じタイ国内の年末でも、リボン島スコータイのホテルの方が対応が良かったですね。主要観光地じゃないので、サービスレベルも少し落ちるのかな、と。

ちなみに、こちらのホテルに泊まって幸せを感じる人は以下のようなタイプです。

  • 観光は1日1件程度でホテルでのんびりしていたい
  • 子供連れのうるさい環境が嫌い
  • 2階建、全7室というプライベート空間が心地よい

やはり14歳以下は宿泊できないという決まりが大きいですね。静かに過ごしたい人には快適な環境と言えます。

ランパーン県の中でもagodaの評価が高いホテルです。上記デメリットが問題ないという方は、1度泊まってみてはいかがでしょうか。

\agodaで確認/

ランパーンに行くなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール