高卒で海外就職する方法




最終学歴が高卒ですが、海外就職はできますか?

最近、高卒の方からタイも含めた海外就職のご相談メッセージを頂くことが増えてきました。

結論から言いますと、できます。ただし、あまりオススメはできません。この記事では、高卒で海外での就職を検討している方に向けて、

・オススメできない理由
・それでも高卒からすぐに海外就職したい場合の方法
・高卒の方にオススメする海外就職のプラン

上記3点を中心に、お伝えいたします。これを読めば、あなたにどういう選択肢があるのか?イメージがしっかり掴めますよ。

SPONSORED LINK

高卒の海外就職をオススメできない理由

まず先ほども言いましたが、高校卒でも海外就職は可能です。ただし、一部の国では大卒以上の学歴がないとビザが出ないので就労できないことがあります。

そのため、あなたがどんなに語学が堪能であったとしても、大卒ではないという点だけで就職できない可能性があります。この時点でかなり働ける海外の国が減ります。

高卒というだけで、あなたの選択肢が極端に限られてしまうんですね。比較的、高卒でも就職できる可能性があるのが、マレーシアやタイでのコールセンターの求人応募です。

スキルもいらず、英語力が無くても日本語のみで働けます。言い方を変えると、誰でも就職可能な職場。

ただし、その後の人生プランが大きく終了する可能性が非常に高いです。なので、こちらもあまりオススメできません。

ただし他に選択肢がありますので、そちらをご紹介します。早くから海外で働くなら、しっかりとあなたのキャリアに繋がる形で就職をしましょう

高卒からすぐに海外就職したい場合の順序

まずは勢いだけで海外に飛んで、現地の方やこれまでお世話になった方に迷惑をかけないように、最低限以下の準備をしてから海外で就職するようにしましょう。

①英語力をつける

海外就職をするからには、最低限の英語力は必ずつけましょう。英語力がないことは、海外では致命的です。

基本的には自国の国民を採用しますので、わざわざ外国人であるあなたが選ばれる理由を提示してあげる必要があります。

そのための英語力。国、職業によって求められるレベルは変わりますが、イメージではTOEICでいえば600点くらいでしょうか。

ただし、点数はあくまでも目安にすぎません。要は、社内にいる現地の人ときちんと意志の疎通ができるか?そこを面談でも見られます。

これまでも中学・高校の授業などを通して単語力や文法は勉強してきたかと思います。あとあなたに足りないのは、実際に英会話をする機会です。

英語を話す実践を積むには、オンライン英会話がコスパも良くオススメです。実践に勝る経験はありませんからね。

フィリピン講師のオンライン英会話ならコストも安く無料体験もあるQQ Englishオンライン英会話がオススメですよ。

仕事をしてお金をためながら、自宅にいる空き時間で効率的に勉強できるのがいいですね。人気のある講師は早く埋まるようなので、まずは先に登録しておくといいですよ。

②海外就職用の最低生活費を準備する

さて。QQ Englishオンライン英会話などで英語力をつけながら、同時進行でお金の準備をしておきましょう。給与が支払われるのは月末や翌月の頭です。現地に行ってから生活するのに必要となる資金の準備は必要です。後述する人材会社のコンサルタントに相談すれば、ある程度の必要資金の目安はつきますよ。

国ごとに生活費や物価はだいぶ変わります。ちなみにタイであれば、1か月の生活費用を10万円として、30〜50万円ほどあれば安心です。

あなたが実家住まいであればコストも抑えられるでしょう。まずはバイトや現職で貯金を作りましょう。

ただ実家は1度は出ておいた方がいいですよ。いきなり海外で1人になる経験って、かなり孤独ですからね。

海外就職までに実家を出たい方や、実家を頼れない人は、日本全国のリゾート地に住み込みで働けるリゾバ.comを利用しましょう。

住居費を節約しながら、自分の希望に合わせて職種・場所・期間を選んで働けて、休みの日はその土地ならではのグルメや観光を楽しむことも可能です。

もしくは、住居探しと仕事探しをする手間が省ける【TokyoDive(トーキョーダイブ)】がおすすめです。こちらは東京に出て、貯金をがっつり貯めこみたいという人に人気です。

通常の1人暮らしで必要な「敷金」「礼金」「仲介手数料」などが一切かかりません。何かとお金がかかる東京の生活で、30-60万円程度の初期費用を抑えることができます。

東京って地方や海外から色々な人が集まる空間ですからね。情報収集、海外に興味がある仲間探しもしたいのであれば、1度は東京で暮らすことを検討するのが良いでしょう。

③海外就職に強い人材会社を利用する

海外就職したいから、まずはとにかく仕事を探しまくります!

これはNGです。あなたは自分に合う仕事を見つけるために、大変な苦労と時間を消費することになります。

あなたは仕事を探すことが目的ではなく、海外に住んで就職したいわけですよね?目的ずれはいけません。それであれば、仕事探しはプロにお任せしたほうが良いです。

高卒できちんと就労ビザが取れる国はどこか?そのために必要な準備は何か?こういった相談を無料ですることができます。

先ほどお伝えしたとおり、高卒での就労ビザ取得の道はそんなに簡単なものでありません。基本的には大卒、既に就業経験のある人、英語力が高い人が優先的に仕事が見つかっていきます。

ただし最低限の日常会話レベルの英語力を身につけ、最初は安い給与でも向上心や意欲があれば、採用してもらえる日系企業はあります。

頑張って数年働き、英語もビジネスで使えるようになれば、より高い給与での転職も可能となるでしょう。

そのころには海外での勤務経験も含め、「自分の経験値が増えて選択肢が広がっている」、という状態になるはずです。

もし高卒のまま海外就職をするのであれば、まずは1社でがんばって、自分の売りとなるスキルを作ることがポイントとなります。

高卒にオススメの海外就職サービスは?



すぐにでも海外で働きたいということであれば、オススメできるところは2つのみです。

1つは未経験からプロになれるにツアーコンダクターなるのが1番早く、キャリアになります。

「英語を使う仕事がしたい」「世界で活躍したい」という方が、いま現在も多く活躍しています。

業務に支障のない英会話力が必要となりますが、入社時は求められていません。海外添乗を目指し、国内添乗業務からスタートする方もたくさんいるので、安心してお仕事を覚えていけますよ。

もう1つは人材サービス会社のJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)。JACは海外各国に支店があります。

登録をしておけば、就職をするタイミングが直近ではなくとも、自身が実際にその国で働くためには何が必要なのか?を客観的にアドバイスをもらうことができます。

高卒でもお仕事の紹介をもらっているケースがありますので、利用してみるとよいですよ。無料で利用できます。

社会人で海外に行きながら日本の大卒資格を取得する方法

ちなみに、あとから大学に行きたくなった方は、海外に住みながら日本の大卒資格を取得することもできます。それが「放送大学」です。

オンラインで授業が受講できるので、海外にいる方でも日本の学位を取得することができます。

ただし半年に1回は日本国内で試験があるので、その都度帰国する必要はあります。通常の大学に比べると、学費も3分の1ほどで、4年間で卒業する場合は1年あたり約18万円です。

転職までに働きながら大卒資格を取得しておくのもアリかもしれません。

高卒の方にオススメする海外就職のプラン

個人的にはすぐに海外に出るよりも、日本国内でエンジニアとしてのスキルを積んだうえで海外に来ることを強くオススメします

これはわたし自身が文系出身でありながら海外で働く身として感じていることなのですが、やはりエンジニア経験があると年齢に関係なく仕事を得やすいです。

最終的にフリーランスで生きることもできますし、その場合はノマドワーカーとして海外を自由に飛び回ることもできるかもしれません。

そこまでいかなくても、企業間での転職に優位に働くのがエンジニアのスキルです。まずはそこのスキルを勉強しつつ、国内で数年キャリアを作っておけると最強です。

TECH::EXPERTであれば、全くの未経験の方でも無料で相談ができます。自分に合うか合わないも含め、これから世の中で必要とされる知識や経験を確認しておいたほうがいいですよ。

高卒での海外就職:まとめ

高卒でも海外就職のチャンスはあります。どうしても今すぐに行きたい方は、これまでに上げた例を参考に、最低限度の準備をしたうえで渡航してみてはどうでしょうか。

  • 自分であればどういった職業が適しているのか?
  • 高卒ですぐに海外に行ける案件は??

あなたに合う仕事がなければ、ただの妄想で終わってしまいます。現時点で自分が海外で働ける可能性がどの程度あるのか?

まずはコンサルタントに相談して、自分の海外キャリアをスタートさせましょう。高卒の方におすすめのサービスは下記公式サイトよりどうぞ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!