海外で駐在員として仕事をしてみたい!そんな人に覚えておいて欲しいポイント

海外で駐在員として仕事をしてみたい!
海外で働きたいけど、現地就職は少し不安。海外駐在員ってどういう仕事だろう?
海外駐在員として働いてみたいけど、ぶっちゃけどうしたらいいのか分からない。

気軽に海外に行けるようになった事により、海外で働いてみたいと思う人はたくさんいますね。

海外で働く方法の中でも、人気のひとつが海外駐在員として働く方法でしょう。

この記事では、海外駐在員に興味がある人に読んでいただきたいポイントをお話していきます。

具体的には

海外で駐在員として仕事をするには?
  1. 駐在員ってどんな仕事?
  2. どうしたら駐在員になれる?
  3. 駐在員求人を取り扱っている転職サイト
ここを解説!

こちらの順番でご紹介していきますね。

チャイカプ(私)
結論から申し上げますと、海外駐在員に強い転職サイトを利用して仕事を探すのが近道ですね

駐在員ってどんな仕事?

「海外駐在員」とは、一時的に海外転勤で海外に移住して仕事をするサラリーマンの事を指します。

海外で現地就職するのではなく、国内にある企業に就職する必要があるのを覚えておきましょう。

本社が日本にあるので、日本語と現地の言葉を使って仕事をしていく必要があります。

もしも赴任先で国際的な問題が起きて働けなくなってしまった時でも、日本に帰国すれば仕事があるというのは安心材料でもありますね。

企業によっては、様々な国を数年おきに転勤で飛び回るような駐在員もいますよ。

赴任先では管理職になるのが一般的

駐在員として海外赴任するほとんどの場合、赴任先では管理職を任される事が多いでしょう。

なぜなら、赴任先の海外事業所で現地労働者に指示を出す役目を担っているからです。

もしくは、日本と現地とのやりとりや、事務作業を全て任される事もあるかもしれません。

チャイカプ(私)
海外で駐在員として働く心構えについて駐在員の友人と話したことがあります。

その時に、誰かに指示してもらのではなく、自分で道を切り開いていくつもりじゃ無いと務まらないと話していましたよ。

海外で暮らしてみたいだけというような、安易な気持ちで海外で働いても挫折してしまいます。

駐在員として海外赴任するのであれば、自分自身のやる気や根性も必要になってきますね。

手厚い福利厚生

駐在員として海外赴任するレベルになると、年収も安定していることがほとんどでしょう。

しかし、それ以上に注目されているのは海外赴任時の手厚い福利厚生なんです。

  • 住宅手当(または社宅付き)
  • 医療費手当
  • メイド雇用費
  • 教育費
  • 交通費
  • 出張手当

など、企業によっても変わってきますが様々なサポートが充実しているんですよ。

現地就職の場合はビザなど不安要素も多いからこそ、安心して海外で働くことができる駐在員が人気な理由も分かりますね。

海外駐在員になるには?

では、海外駐在員になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

先にも述べているように、新卒就職の場合はまずは国内で経験を積む必要がありますね。

国内にて、その企業の専門知識や一般的な社会知識などを数年間学び、海外転勤の辞令によって海外赴任することができるのです。

そのため、就職してすぐに海外赴任できることがほとんどありません。

中途採用の場合は、企業側も「海外赴任」を前提として求人を出しています。

専門知識や語学力は持ち合わせている方が好まれますが未経験でも可能な場合もあり、新卒に比べると早いスピードで海外赴任することができるでしょう。

駐在員になれる確率が高い業種

もちろん駐在員になりやすい業種と、そうでない業種もあります。

海外赴任の可能性が高い業種はこちら

  • 金融業
  • 商社
  • 貿易
  • メーカー
  • コンサル業
  • WEB関係

就職先の企業を選ぶ際には気をつけましょう。

また、海外で駐在員を目指すためにも事前に語学力を磨いておくのもいいですね。

語学力よりも、資産運用の知識が必要

海外赴任ということは、海外現地スタッフとコミュニケーションを取る必要が出てくるという事です。

もちろん、語学力があるに越したことはありません。

しかし企業によっては、国内もしくは赴任先の現地で語学習得する為の費用をサポートしてくれる企業もあります。

語学力ばかりを気にしているのではなく、個人として生き抜くスキルも持ち合わせておきましょう。

駐在員生活をしているとかなり貯金を貯めることができます。

私の知り合いも(渡航先によりますが)1~3,000万円くらい貯めていますね。

急に増えた収入を湯水のように使っていては意味がありません。しっかりと事前準備が大切ですよ

実は未経験でも大丈夫

海外駐在員の求人に申し込みたいけど、その業界は未経験だから不安を感じる人もいるでしょう。

でも、安心してください。

最近の中途採用向けの海外駐在求人は、数ヶ月国内で研修を受け、仕事内容を理解した上で海外赴任することがほとんどです。

企業側が「この人材を海外で使いたい」と思えば、未経験でも採用してくれるでしょう。

経験不足だと不安に感じる時間よりも、気になる求人にどんどんアタックしてみる方が大切です。

チャイカプ(私)
まだまだ海外に出たくないと言っている人も多いですからね。今がチャンスです。

海外駐在員に強い転職サイト

ネット上には様々な転職サイトがありますが、その中でも海外駐在員の求人案件を多く取り扱っている転職サイトをご紹介しておきます。

これらの転職サイトは一般的な国内就職の求人に加えて、海外に事業展開をしている企業の求人情報を多く取り扱っています。

求人情報を検索する際に、勤務地を「海外(もしくはそれぞれの国名)」に設定した上で検索してみましょう。

あなたが思っていた以上の求人案件が出てくると思います。

サイトの利用登録をすればアドバイザーが転職活動のアドバイスをしてくれる上に、非公開求人についても情報も得られるので試してみてください。

海外駐在員の求人について:まとめ

今回の記事で紹介したポイントはこちらです。

  • 駐在員は手厚いサポートを受けながら様々な国で働けるから人気
  • 駐在員になるには海外展開している企業・職種を見極める必要がある
  • 転職サイトを上手に使って、語学スキル・経験に適した海外駐在求人を見つけよう

海外駐在員はやり甲斐、収入面などを考えてもとても魅力的な求人ですね。

少しでも気になっているのであれば、まずはどのような企業・職種が海外に業務展開しているのか調べてみましょう。

駐在員として働くのを目標に、語学力を磨いたりスキルを身につけるのもおすすめです。

どんな企業が海外駐在員の求人を出しているのかを転職サイトで見るだけでも、海外で働く第一歩になりますよ。

チャイカプ(私)
これからタイや海外で就職活動を始める人へ。

注意点、手続き、就職活動に必要となる情報をまとめた記事一覧は下記リンク先から確認してみてください

完全網羅
\海外就職の始め方/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール
もう迷わない! タイ就職完全MAP
タイでこれから暮らしてみたい方は、こちらのタイ就職までの流れを読めば完璧です。