タイ就職、タイで働くなら chai krap bkk 

海外就職・現地採用ブログ。タイ・バンコク現地採用シェアハウスを運営しています。

ブラック企業の特徴。タイバージョンを考えてみる。

time 2016/08/22

ブラック企業の特徴。タイバージョンを考えてみる。

永江さんの記事を読んで、タイにおけるブラック企業とそこで働く人はどんな人なのか?を書いてみました。
 
 

ブラック企業とそこで働く人が減らない理由

なんでブラック企業に就職する馬鹿がいるのか
 
ブラック企業が消滅しないでやっていけている理由は
1 他のどこも雇ってくれない
2 情報収集能力がない
という2点を兼ね備えた求職者が存在するからに他ならない。社会悪であるブラック企業の存在は、そこに応募して搾取されるみなさん自体にも責任があるわけです。詐欺師に騙されてお金を取られてその資金でまた新しい詐欺が展開されるのと同様です。欲の皮を突っ張らせるから詐欺に遭うわけだし、その資金がまた新しい詐欺に使われてしまう。

参照:タイでブラック企業に就職する人の謎と、被害者から加害者にかわるリスクについて

 
結構厳しいことをおっしゃっていますが、正論ですね。企業で求められる能力を持ち合わせていない、新卒であれば企業の課題を解決できるポテンシャルを示せない(そのための準備をしていない)場合は、タイでも転職や就職をするのは一般的には厳しいです。
 
一般的と書いたのは、所謂人材紹介会社から紹介されるような案件です。ある程度、最低限度のフィルタリングがかかった企業、ともいえますかね。
 
リファラル採用や無料のフリーペーパーとかで求人を募集する場合はちょっと違ってきます。
 
 
 

他のどこも雇ってくれないケース

YUUSEI75_ya-san15215338_TP_V

1の「他のどこも雇ってくれない」の大半(もちろん本人の才能や家庭の事情もあるとして)は、学生時代に遊びほうけて勉強や努力を怠って来たという側面は少なからずともあるでしょう。これは自業自得とも言える。返済が必要な奨学金という名の学生ローン借りてFラン校に進学して遊びほうけてあとで「奨学金返せない」というのと大差ない。

タイだとBビザや労働許可証(workpermit)を付与しない企業、5万バーツ(約15万円~)未満の給与で人を雇う企業(BOI登録企業以外)と、そこで働く従業員でしょうか。
 
ちなみに、コールセンターの給与3万THB~(約9万円~)とかですが、BOI登録企業なので、違法ではありません。
 

Workpermitが付与されないケースはサービス業で多いですよね。一部の飲食店、日本人キャバクラ(←ワイロでも渡しているのかしら?)とか。
発見された場合、企業だけでなく採用された本人にも罰則がありますよ。
 
▼参照:タイ就職に必要な就労ビザと労働許可証について
 
 
 

情報収集能力がない

ditzy

また、2の「自分で転職先の評判を調べるどころか、社内見学したり面接の際の質問で異常を察知できない」という世間知らずぶりは、そもそもいままでの人生、なにしてきたの的な感じもする。ブラック企業の話が出ると、殆どの人は「企業が悪い」ってことしか言わないのだが、そうした企業がやっていけるのは、「他に就職できない」レベルの、いままで努力をせず、無知のままで来た求職者にも責任があるんだよとは誰も言わない。なので代わりに私が言いました。

ただ評判を調べるのはタイだと難しいかもですね。そういった情報が蓄積されたデータベースは、、ないかな。
 
だからこそ、永江さんもおっしゃるとおり、面接通して雰囲気で察知するというのは大事ですよね。
 
少しでも「あれ?」って思った疑問はそのままにしないで、きちんと確認しましょう。(面談中に聞きづらければ、内定後とか)
 
そこをうやむやに入社して、「あーしんどー」ってなるケースが多い気がします。
 
あとは、上記の話題提供の元になったキャリコネ転職サービス を使う手はあります。キャリコネ転職サービス は主に日本の企業の口コミを集めたものですが、タイで日系企業に就職する場合、多くの方は日系上場企業(製造系)のタイ支社になるかと思います。
 
▼参照:タイ就職がしたい人へ。日本人がタイで働くための最新事情を人材紹介会社に聞いてきましたよ!
 
それらの会社は、日本のルール、風土をそのまま持ち込んでいるケースが多々あります。少なくとも、日本側がタイに求めてくる雰囲気を掴む意味でも、情報収集の役にたちます。
 



 タイ就職に関連する人気記事
タイ就職やアジア地域で転職をしたい人におすすめの海外就職サイト
タイ就職インタビュー一覧
タイ就職がしたい人へ。日本人がタイで働くための最新事情を人材紹介会社に聞いてきましたよ!
 人気記事ピックアップ
タイ就職、現地採用インタビュー 齋藤奈々子
現地採用で働くことと、その後ってどうしますかって話し
タイで海外就職をした現地採用向け賃貸アパート&コンドミニアム(11)
------------------------------------------------------

個人・法人のお問い合わせはお問い合わせからお気軽にどうぞ。
「chaikrapbkk(チャイカプ)」はバンコク情報ブログランキングに参加中です 。


follow us in feedly 

↑タイ就職、タイの現地事情を早く知りたい方は登録をおすすめします。

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

sponsored link

オピニオン

管理人

チャイカプ

チャイカプ

198●年生まれ。これまではアジア計12か国を旅行し、フィリピンと香港は3ヶ月ほど生活をしておりました。 2006年より人材系の職業を中心に約6年ほど日本で就業後、 2013年12月よりタイに在住、現地採用として日系企業で働いております [詳細]

無料で手軽に更新情報をGET

follow us in feedly

sponsored link

アーカイブ

本日の読者に人気の商品!