新卒でのタイ就職(海外就職)に関する私の意見




大学卒業してすぐの海外就職について。ちょっと検索すれば、色々なサイトで若いうちからの海外就職をおすすめしているのを発見できるかと思います。

私の意見としては、結論から言えば「好きにすれば?」です。

こういってしまうと身も蓋もないですが、 結局やってみないと当人が身に染みてわからないし、最終的には人生なんて自己責任ですからね。

転職回数が少なく、綺麗にステップアップしているキャリアを積みながら、着実に給料もUPしているのが理想かもしれませんけど、本人が満足していなければ何も意味ないですし。

自分が誰とどこでどういう生活をしていきたいか?によりますよ。ただし、私が新卒で海外で働くことについて相談された場合。

一部の人を除き、国内での就職をおすすめしています。以下、その理由3つ。

  • 新卒カード
  • 給料が安い、キャリアアップに繋がりにくい
  • 非常に小さな中小ベンチャー企業での就職になる

1つずつ詳細を見ていきましょう。

SPONSORED LINK

新卒でのタイ就職(海外就職)をすすめない理由

kyohi

理由1:新卒カード

日本の就職体制は特殊です。新卒カードを使わずに卒業すると、正社員としては非常に就職しずらくなります。

特に学歴が高い人ほど、新卒時の就職活動はやりやすいです(就職の説明会や面談希望のスケジュール候補が多いとかね)。

利用しないのは非常にもったいない。加えて、大手なら研修が充実しています。勉強しているだけでお金がもらえるとか、すごいですよ。利用できるうちは利用したらどうですか?

理由2:そもそもタイで就ける仕事が限られる=給料が安い、キャリアアップに繋がりにくい

ここ数年で海外就職が話題になることもあり、職歴がない新卒でも働けるような求人をたくさん見ることができます。

しかしながら、基本的には海外現地法人がわざわざ外国人である日本人を雇う=その国のローカル雇用では対応できない仕事を任せるわけですよね。

そうなると新卒で就けるような仕事は、例えばコールセンターのような日本語だけで解決できる仕事だったりします。この場合にキャリアを積むというのは難しいと思います。

将来日本に戻りたくなった場合も、採用側の人事からしてみれば、

採用担当
日本語しか使わない仕事で、たいして責任もおわずに海外で暮らしていただけでしょ?アルバイトと何が違うの?

こう見られがちです。

理由3:上記にあてはまらない企業=非常に小さな中小ベンチャー企業での就職になる

この場合キャリアは積めます。しかし、人によっては地獄になります。なぜか?当たり前ですけど、何も揃っていないので何もかも手探りで仕事を回していく必要があります。

前例がない中で自ら頭に汗かいて、胃液吐きながら解決していくことに喜びを感じる人には向いていると思います。

任される仕事量も多いので、残業は必須。残業代金?もちろん出ません。海外なので日本人のための労働基準監督署なんてないですよ。誰も守ってくれません。

採用担当
一般事務職で定時で帰って夜はヨガ。土日は海外旅行したい♪

とか考えている人が入ってしまうと、地獄ですよ。どんだけミスマッチやねん、と。

同期がいるわけでもないので、まったく同じ悩みを持つ人もいません。状況を本当に理解してもらえないので相談もできない。想像以上にしんどいことになります。

新卒でのタイ就職(海外就職)の結論

thailand-beach

というわけで、新卒で海外就職(タイ就職)をおすすめできる一部の人は、これから起業したい、もしくは日本でもベンチャー企業でしか働くつもりはないという人だけですかね。

上記にあてはまらない、でもいずれは海外に出たいという方は、将来的な駐在ポジションを狙って国内で就職をするのが良いです。

新卒でタイではなく国内で就職するなら

わたし(文系出身)がもし今、新卒で就職するならば、迷うことなくエンジニアとしてのキャリアを積みます。

これだけ世の中に必要とされているポジションはありませんからね。供給が足りていないポジションって本当においしいですよ。なぜか。それは、

市場が伸びている=自分のスキルも給与も勝手に伸びる

結局、市場が伸びていないと企業の業績は上がりません。業績が上がらないと給料も上がりにくくなります。

企業の平均昇給率って知っていますか?中小企業の昇給率「1.45%」。25万円の給与なら3,500円前後。大企業の昇給率は「2.59%」。25万円の給与なら6,500円前後ですよ?笑

散々とサービス残業で働かされて、1年後にこれしか増えないとか、理不尽すぎますよね。

ただしこれは平均です。つまり、伸びいている業界にいれば、逆にこっちが強気に交渉できるんですよ。

給料低いし、ほかの会社に移ろうかな

これが余裕で可能です。あとエンジニアであれば、リモートワークもやりやすいです。将来的に結婚した後の在宅勤務とか考えたら、やらない理由がないわけで。

私の周りで複業で稼いでいる人も、だいたいはエンジニアスキル持っている人が多いですよ。そのための学習方法としてはTECH::EXPERTを利用するのがオススメです。

実績、知名度ともに業界最大級の未経験を対象としたテクノロジースクールです。(卒業生は9,000名以上)

全国に8教室を構える他、オンラインでも受講が可能なので、地方にいるからついていけないといった心配は起きません。

主な特徴は下記3つです。

  1. トレーナーがマンツーマンで最適な学習プランを提案
  2. あらゆるテクノロジースキルが学び放題
  3. 分からないところは何度でも質問ができる

受講期間中はいつでもメンター(講師)に質問ができ、1人1人の目的達成のためにトレーナーが徹底的にサポートしてくれます。

トレーナーとは定期的に面談を行い、適切な学習内容や学習計画をアドバイスをもらうことが可能です。

そして大事なポイントとして、ほとんどの人は「自分一人では続けることができない」ことを理解しています。

1人でコードを書いていると、うまくブラウザに反映されないことがよく起きます。でも自分では理由に気づけないんですよね・・・もう何度PCをぶん投げてやろうと思ったことか(笑)

そんな時に、気軽にプロに相談できると学習効率も大幅にUPします。精神も安定します(笑)

プログラミング学習は悩んでいる時間が無駄TECH::EXPERTでは1秒でも早く、悩みを解決できるため、最短で目標を達成することができますよ。

また、最新のテクノロジースキルを学べる環境が用意されているので、あなたが学習するにつれて学びたい方向性が変わった場合でも、柔軟に対応してくれます。

自分に合うかどうかも含め、就職活動に無料カウンセリングをうまく活用しましょう。大事なキャリア形成は早めに確認して行動することが大事ですよ。

海外のお仕事を探すなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!






1 個のコメント