タイでもキャッシング機能は使える!?タイのATMの使い方を徹底解説

タイのATMで日本のクレジットカードのキャッシング機能は使える?
タイのATMってどうやって使うの?

旅行の際に必要なその国のお金。

特にタイは屋台やナイトマーケットでの買物はクレジットカードに対応していない場合があり現金が必須です。

あなたは日本から日本円を持って行って両替所で両替する派ですか?

それともクレジットカードのキャッシング機能を利用する派ですか?

手数料等で嫌厭されがちなキャッシングですが、多額の現金を持ち歩きたくない方にはおすすめの方法です。

今回はタイのATMでキャッシング機能を使うときの利用方法についてご紹介していきます。

記事を読み進める前に。

海外でキャッシングを行うなら自動付帯保険の付いたクレジットカードを利用するのがおすすめです。
キャッシュレスで病院を利用できるので、ぜひ活用していきましょう。

\現金持たずに病院へ/

タイのATMは使いやすい!?

タイ atm

タイにも日本と同じように各銀行がATMを街中に設置しています。

日本もコンビニや駅など至る所にATMがあるイメージですが、タイも負けていません。

バンコクであれば街を歩いているとかなり頻繁にATMを見かけます。

さらにタイのATMは日本語対応!

これは世界的にも珍しく、英語やタイ語が分からなくても簡単に利用できるためとても助かります。

タイのATMの使い方

そんな使いやすいタイのATM。

日本語が利用できるといっても少し日本とは使い勝手が違うので使い方を解説していきます。

カードを入れて暗証番号を入力

タイ atm

日本のATMはカードを入れなくても利用する項目を選ぶことができます。

しかしタイのATMはカードを入れなければ取引が始まりません。

まずはカードを入れ、そのあと画面の表示が変わったら4桁の暗証番号を入れてください。

暗証番号を入れ終わったら緑のボタンを押します。

引き出す金額を選択

タイ atm

ここからはどの銀行のATMを利用するかによって変わるので大まかな流れをご説明します。

タイのATMでは金額を入力しなくても予めボタンで金額を設定できるようになっています。

おおよそ500~10,000バーツ引きだす場合はこのボタンで選択しても問題ありません。

タイ atm

細かい金額を指定する場合や10,000バーツ以上引き出す場合は直接入力することもできます。

キャッシングを選択

タイのATM

金額が決まったらどのような方法で現金を引き出すかの選択画面にうつります。

銀行のキャッシュカードを使う人もいるので様々な選択肢が出てきます。

クレジットカードのキャッシングを利用する場合はキャッシングと書かれているボタンを押しましょう。

現金を受け取る

選択が終わったら手数料の確認画面にうつります。この画面で確認ボタンを押すと現金が出てくるので受け取りましょう。

現金を受け取るとクレジットカードが出てくるのですがここで1点気を付けなければならないことがあります。

クレジットカード忘れの盗難防止に、一定時間カードを受け取らないとそのままATMに吸い込まれてしまいます。

銀行に連絡をして確認が取れればもちろん返ってきますが、その手間は計り知れません…。

くれぐれもご注意ください。

タイのATMの手数料は?

タイのATMの手数料は?

タイのATMでキャッシングを利用すると利用手数料がかかります。

手数料は銀行のものを利用しても利用手数料は一律で220バーツです。

(これは2020年2月現在のもので変更になる可能性があります。ご注意ください。)

実際にカード会社から請求される金額には、ここにカードの利息が加わります。

細々とキャッシングをするとそのたびに手数料がかります。

ある程度まとめてキャッシングするのがおすすめです。

チャイ猫
海外旅行用のクレジットカードは選び方は注意!おすすめは以下の記事でご紹介しているよ。

ATMと両替はどちらがお得?

タイのATMは使いやすい!?

みなさんが気になっているのは両替とキャッシングどちらがお得なのかということだと思います。

参考にバンコクで最もレートがいいと言われている両替所と比較していきます。

ちなみにキャッシングの請求金額は会社によって変わりますので注意して下さい。

両替所で10,000円で両替できるタイバーツが2,750バーツ。そしてキャッシングの場合は2,743バーツ。

ということでこの2つを比べた場合そこまで変わりません。

しかしこれはバンコクで最もレートがいいと言われている両替所を利用した場合です。

他の両替所や空港の両替所で両替した場合を想定するとキャッシングの方がお得になりそうです。

タイのATMの使い方はこれでばっちり!

記事のポイントをまとめます。

  • タイのATMは日本語利用が可能!
  • 使い方も分かりやすく使いやすい
  • タイのATMの利用手数料は220バーツ(2020年2月現在)
  • 両替所とキャッシングはお得さに大きく差がない

海外のATMはスキミングやクレジットカードが出てこなくなったりトラブルが多いイメージかもしれません。

しかし、タイではスキミングの機械がついていないか確認すればトラブルはほとんどないので安心してください。

どうしても心配な場合は銀行の中にあるATMを利用する等対策をとれば大丈夫です。

活用すれば便利なキャッシング。タイにご旅行の際にATMを利用する方はぜひ使い方を参考にしてくださいね。

タイ旅行するなら、こちらも読むと便利です。

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール