現金をハンドキャリーで持っていくと罰則を受ける!?【代替手段をご紹介】

海外旅行に行くんだけど、現地で使うお金は現金で持っていく予定。

なんか法律で制限ってあるんだっけ?

家族が留学に行くんだけど、現金っていくらまで持参できるんだろう。

コロナ騒ぎも段々と落ち着きつつあり、今後は海外旅行や留学など、制限付きでも出ていける人が増えていきそうです。

中には大きな金額を現金で持っていく必要がある人もいると思います。

本日は現金をハンドキャリーで持っていく場合の注意点や罰則、その代替案などをご紹介していきます。

記事を読み進める前に。

海外は日本に比べトラブルが多いです。費用が足りない場合に備えて、「日本から送金できる準備」をお忘れずに。
Wiseなら手数料を最安で海外送金できますので、利用していきましょう。

\今ならキャンペーン有/

現金を直接持っていけるハンドキャリー上限とは?

海外に持ち出せる現金や、海外から日本へ持って帰れる現金には実は制限があります。

海外に持ち出すお金は、外国為替及び外国貿易法(通称 外為法)という法律ですね。

マネーロンダリングや脱税を規制する目的で作られています。日本では、

  • 100万円相当額を超える現金などの海外への持ち出し
  • 100万円相当額を超える海外からの持ち込み

上記の場合、日本の税関所定の届け出が必要となります。

チャイ猫
これに加えて、渡航先の国にも規制があるよ。

旅先で現金持参で買い物したり、現地で多額の入金や送金を考えている方は、トラブルにならないように、事前に渡航先の現金の取扱いについても調べてましょう。

「現金など」「現金類」と記載がある場合、トラベラーズチェック(以下TC)や有価証券、小切手類も含みます。

海外に持ち出しできる現金額、日本へ持ち帰れる現金額

以下は主要な国へ行く際に、税関への申告が必要となる金額の一例となります。

出発前に、ご自身の行かれる予定の大使館情報などをしっかりと確認してください。

  • アメリカ:米ドルやその他通貨の現金、TC、有価証券、小切手等が合算で1万米ドル(約113万円)以上
  • EU圏:1万ユーロ(約132万円)相当額以上の現金類の持ち込み・持ち出し
  • 中国:持ち込みは、中国元の場合2万元(約36万円)、外貨は5,000米ドル(約56万円)相当額まで。持ち出しは、申告した額以内まで、超過分は要申告。
  • 韓国:1万米ドル(約113万円)相当額を超える外貨やTC等の持ち込み。持ち出しは申告した額以内まで。
  • 台湾:1万米ドル(約113万円)相当額を超える外貨の持ち込み・持ち出し。ニュー台湾ドルは6万台湾ドル(約24万)まで。
  • タイ:1万5千米ドル(約70万円)相当以下or45万バーツ(約154万円)以上のタイ通貨または無記名の譲渡可能証券。持ち出しは5万バーツ(約17万円)まで
チャイ猫
心配な方は、日本税関のサイトもしっかり確認しておくようにしておこう

税関で罰則を受けた例

2012年ドイツ,フランクフルト空港税関において日本人音楽家が持ち込もうとした楽器について、税関申告漏れを指摘され楽器が差し押さえられる事件が起きました。

その後,2013年にEU加盟国は、旅行者が職業用具としてEU域内に一時的に輸入する持ち運び可能な楽器について、EU関税法規則の改正を行うことで合意。

この規則は11月21日より施行されることとなりました。

参照:外務省海外安全ホームページ

台湾では6月28日から、改正洗錢防制法(マネーロンダリング防止法)が施行され、出入国時の税関申告対象が拡大している。

しかし、出入国者が新しい規定を理解しないまま、税関で現金などを没収されるケースが相次いでいる。

桃園国際空港では7日午後だけで、日本人を含む外国人が限度額を超える現金を無申告で持ち込むケースが3件発覚。

没収金額は計90万台湾元(約300万円)近くに上った。

違反が見つかったのは日本人2人の500万円、米国人の3万5300人民元(約60万円)、香港人の3万人民元(約50万円)。

税関は、持ち込みが許される金額を本人に戻し、残りを全て没収した。

参照:excite

チャイ猫
支払いならクレジットカード使えばいいのにね。
チャイカプ(私)
まぁでもスキミング被害とか結構多いからね。どうしても現金に頼りたい人はまだ多いよ。

国やお店によっては、クレジットカードの使用は控えたいところも多いので、現金を多めに持ちたくなる人は今後もいると思います。

ただ申告漏れは、懲役刑や罰金刑などの罰則規定がありますし、大金を盗難されるリスクは大きいです。

チャイカプ(私)
現金持参の方は、リスクを減らしてなるべく多くの現金を現地通貨に変えたいわけですよね。

もし海外現地に銀行口座がある場合は、以下で紹介する海外送金をした方が安くつくケースも多いですよ。

現金持参より安全で手軽な海外送金

スーパーリッチのレート

海外送金サービスのWiseはご存じでしょうか?国際送金というと高いイメージが大きいですが、それはいわゆる既存の銀行を使ったケースです。

今はかなり安くなっています。上図はタイの高額レートで有名な両替屋さんで、お金を両替した場合の金額例です。

100万円を、wiseを使って送金した日と同じ日に、現地でバーツに両替した場合のレートです。

  • 受け取り301,778THBで手数料は7,667円(Wise)
  • 受け取り301,500THBで手数料は6,749円(スーパーリッチ)

差額はわずか918円。日本からタイへ、長時間大量の札束を持って歩くリスクを考えたら相当安いですよね。

ご自身で海外口座がある場合や、海外現地の留学先への振り込み、友人家族への振り込みなどで大活躍してくれるサービスです。

今ならまだ送金手数料の割引を受けられますので、今後海外に出る予定がある方は登録しておくようにしておきましょう(無料で登録可能です)

\今ならキャンペーン割引あり!/

詳しい登録や使い方は以下の記事を参照にどうぞ。

海外へ出るなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイ中心に部屋で働くのが好きな人です。

【経歴】新卒ブラック社畜→ニート→海外就職+副業→海外テレワーク+複業。

35歳から副業で毎月6桁くらい事業投資(複数サイト運営)。2021年からタイで金融投資(米&全世界)を開始。2031年からは自分の事業だけでサイドFIRE予定です。

詳しいプロフィール