副業でホステスをしていると確定申告が必要?副業バレが心配な人へ

副業でホステスをしていると確定申告が必要?
副業のホステスが会社バレ?ヤバい!

稼ぎたくて勢いよく副業をはじめようとしても、確定申告や税金というワードから「会社バレしないのか」と不安になってしまいますね。

副業でホステスをしていると、確定申告や税金から会社バレしてしまうのでしょうか。

  • 副業でホステスをしている人は確定申告が必要?
  • 副業でホステスをしていると会社バレする?

心配で震えてしまうような不安に、ズバッとお答えします。

チャイカプ(私)
どうしても心配な方は、同じ男性相手でも在宅でできるチャットレディがおすすめですよ。

興味がある方は下記リンク先を参照ください。

副業でホステスをしていると確定申告は必要なのか

確定申告をオンラインでやる画像

副業でホステスをしている場合、そもそも確定申告は必要か?結論、確定申告は基本的に必要です。

ただし、必要なケースと不要なケースがあるため「絶対に必要である」と言い切ることはできません。

ホステスの副業で確定申告が必要なケース

ホステスの副業の利益が20万円以上の場合は、基本的に確定申告が必要になります。

20万円は1つのライン。副業の稼ぎが大きいため、きちんと確定申告してくださいねという話。

ホステスの副業で確定申告が不要なケース

ホステスの副業の利益が20万円以下の場合は、確定申告は不要です。ただし、住民税申告は必要になります。

確定申告をすると、税務署から住民税に関するデータが自治体に送られます。

確定申告をしていない場合はデータ送信ができません。なので、自治体に住民税申告をしなければならないのです。

確定申告をすると会社に副業バレしないか

確定申告をすると、会社に副業バレするのではないかと不安に思う副業者はたくさんいます。

基本的に心配は不要。ポイントを守れば、副業バレすることはまずありません。

会社が税務署に「この人、副業していませんよね」なんて照会することができないからです。

副業バレの最大のポイントは住民税。住民税で「普通徴収(自分で納付)」を選択することがポイント。

普通徴収を選択すると、ホステスで副業をしている人のところに住民税の納付書が届きます。

会社にバレずに副業報酬分の税金を処理することができるのです。後は会社で「ホステスの副業をしている」と口を滑らせなければOK。

口を滑らせないことも重要ポイントですね。

ホステスの副業で経費にできるものは?

ホステスの副業の利益は、経費を差し引いて計算することになります。

報酬総額が20万円以上だから確定申告・・・ではなく、経費を差し引いて20万円のラインに届くかが重要。

仮に20万円を超えたとしても、経費を引くことで課税額が少なくなる可能性が高いため、節税のためにも重要になります。

ホステスの副業の経費は次のようなもの。

  1. お店で着用する衣装代
  2. お客さんへのプレゼント代
  3. ヘアセットに必要な美容院代
  4. お客さんと連絡を取る電話代

経費はしっかり引くのが鉄則。ただし、引きすぎて利益がマイナス(赤字)まで行ってしまうと、会社バレの可能性が高くなります。

必要経費が多いと会社の方の利益(給与)と相殺されるため、税金に影響が出ます。

会社側は「あれ、どうしてこの人の税金はこんなに低いの?」と違和感を覚えてしまうということですね。

経費は引く。でも、マイナス(赤字)は避ける。重要なポイントです。

副業ホステスが確定申告をしないとペナルティはあるの?

確定申告が必要な場合に確定申告をしないと、何かペナルティはあるのでしょうか。

もちろん、あります。無申告加算税や延滞税というペナルティがあるのです。

税金が上乗せされるという恐ろしいペナルティなので、確定申告はしっかり行いましょう。

副業で稼いでも、ペナルティで持っていかれる。そんなことになってしまったら、ガッカリですよね。

確定申告をするとメリットはある?

確定申告は面倒。そんな印象が副業をしている人たちの間にはあります。

確定申告がなければ、その分だけホステスの副業にあてられる。想像すると、確定申告という存在が本当に面倒に感じられてしまうはず。

ただ、確定申告にもメリットがあります。メリットは2つ。

  1. 払い過ぎていた税金が還付されることがある
  2. 自分が働いているお店がちゃんとしたお店か見定められる

払い過ぎていた税金が還付されることがある

確定申告をすると税金が増えるという勘違いをしていませんか。

確定申告は税金を増やすための手続きではなく、正確な税金を把握するための手続きです。

税金を納め過ぎていれば、多い分を還付してもらえるというメリットがあります。

自分が働いているお店がちゃんとしたお店か見定められる

ホステスの副業報酬は、店側が源泉徴収しなければいけません。

源泉徴収しないというお店はルールを守っていないということになります。

確定申告などの税金の手続きは、自分が副業するお店がちゃんとしているかチェックするチャンス。

「このお店は不安かも」と思ったら、オンライン版のキャバクラのFANZAライブチャットを利用しましょう。

直接対面してお酒を飲んだり、体を触られたり、なんてこともありませんし、現場で働くとよくある「ノルマ」も全くありません。

\ノンアダルトで在宅チャット/
チャイカプ(私)
実際に体験している友人のお話は以下の記事をご参照にどうぞ

副業ホステスの副業バレと確定申告:まとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • ホステスの副業では確定申告が必要な場合と不要な場合あり
  • 副業バレしたくない場合は住民税を普通徴収でお願いする
  • 面倒な確定申告にも還付などのメリットがある

副業バレや確定申告のポイントを知って、ホステスの副業でしっかり稼いでしまいましょう!

チャイカプ(私)
どうしても心配な方はは、同じ男性相手でも在宅でできるチャットレディがおすすめですよ。

興味がある方は下記リンク先を参照ください。

副業するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール