フリーランスはやめとけ!?その理由×7つ




時間や場所に縛られず働きたい
大企業だって潰れる時代。個人で稼いで生きていきたい
通勤の満員電車はもう無理

こんな理由でフリーランスを目指す人も多いのではないでしょうか。

「東京で消耗しているの?」とか、「プロ無職」などサラリーマンでうまくいかなかった人が、自分のポジションを作る

そのために、ひたすら会社員を煽ることで、一定の支持を得てきたことは記憶に新しいですよね。

でも果たしてフリーランスになることが本当にあなたにとっての幸せにつながるのでしょうか?

結論から言いますと、焦って独立せずにまずは副業からはじめてみることをおすすめしております。

本日は、

フリーランスのメリット、デメリット
フリーランスで食えない現実
会社員でいることのメリット
副業からはじめること、その方法

これらの事実を述べ、実際に副業→複業へと昇華させた私の立場からお伝えさせていただきます。

SPONSORED LINK

フリーランスはやめとけ:メリットが実はメリットではない点

正しさの中に潜む悪

フリーランスのメリットとしてよく挙がるのが、

終身雇用なんてそもそもない
対人ストレスがない
通勤のストレスがない

このあたりはよく言われますよね。ただこれのほとんどが幻想です。まだまだ会社員でいるだけで、安定して給与が入ってくるのは事実です。

フリーランスでも全くの対人関係をなくしてしまうと、受注するのに物凄い苦労をすることになります。紹介からの受注とか多いですからねぇ。

また通勤ストレスですが、昨今は在宅勤務ができる会社も増えており、フレックス制度もあります。

プレミアムフライデーは機能していないとはいえ、社会全体としてサービス残業どうなの?という空気はだいぶ強く押し出されていますからね。

つまりメリットと言われることは、実は会社員でいれば達成できることばかりだったりします。

フリーランスはやめとけ:デメリット×7つ

  1. スキルアップする時間がない
  2. レベルアップのための模範となる人が近くにいない
  3. 安定収入などない
  4. 世間からの目線
  5. 好きなこと以外の業務がむしろ多い
  6. 労働法で保護されないリスク
  7. 世帯を持ちづらい

①スキルアップする時間がない

できないことに冒険して失敗しても、会社のように給料がいただける環境ではありません。当たり前ですが、あなたにも生活がかかっています。

失注したらシャレにならない案件に手を出す余裕がなくなり、いまあるスキルをやりくりして受注せざるを得なくなります。

週3くらいに抑えてスキルアップしようか迷うときもあるでしょう。

ただ後述するような税金などの支出、いざという時の貯蓄を考えると、「今稼いでおかなくては!」となります。

結果、自由を手に入れて羽ばたいているはずが、同じところをぐるぐると回っているだけということになりかねません。

②レベルアップのための模範となる人が近くにいない

わたしは普段会社でも発注することがあるのでわかるのですが、ダメな納品者に対して、わざわざダメだしをすることは一切ありません。

リスクが伴う仕事はきちんとした責任を取れる法人に発注しますし、ダメなものはその場でもらうものはもらって、今後2度と発注しません。取引を中止するだけです。

コンペなどでどんなに丁寧に書かれていても、失注することはあるでしょう。

でもその理由もわざわざ伝えません。出品者は同じ失敗を繰り返すリスクはありますよね。

つまり、自分が成長しているという事実と実感を伴うことは非常に難しいということです。

気づいたら、時代に取り残されて、社会で使えない人間になっているかもしれません。

スキルアップは常にプロフェッショナルが揃っている会社に所属したほうが断然効率が良いです。

会社に安定してお金をもらいながら勉強できる、ベーシックインカムをGETできる会社員って実は恵まれていますよ。

フリーランスをやたら煽る人たちは、その利益を享受できなかったんですよね。だから悔しい。

素直に認めると、これまで得てきた信者からのお布施もなくなる。

自らのポジションすら危うくなる。だから仮想敵を作り、演者を演じ続けるしかないんですよね。

③安定収入などない

ある程度信頼して継続的に仕事を発注してくれるお客様がいればいいですが、誰でもその状態でフリーになれるわけではないです。

そしてフリーになると、税金、医療保険、社会保障費も収入から支払う必要がありますね。

また、それまでにサラリーマンとして働いていた方は、前年に稼いだ額に基づく住民税がドカンと降り注いでいきます。

サラリーマンであれば給与は毎月月末に決まった曜日で振り込まれます

しかしフリーの場合は取引先によっては振り込みが納品の翌々月というのは良くある話。

最初に入金されるまでに、あなたは一体いくらの貯金を食いつぶす必要があるのでしょうか?

④世間からの目線

これは若い人や、超有名どころの企業出身じゃないケースによくある話ですが、、仕事でもなめられることがけっこうあります。

相手が急にタメ口になったり、入金を後回しにされたり(どうせ訴える金もないだろうと)。

フリーランス=フリーターと年配の人には勘違いされたりね。

まぁこれはそんな声を無視すればいいだけなんですが、社会人として認めてもらえない反応って、意外と辛いかもしれませんね。

日本では大学を出てサラリーマンとしてスーツを着る=正義。この空気感と同調圧力は島国独特の文化を生み出していますよね。

⑤好きなこと以外の業務がむしろ多い

毎日、MacBookを持ってカフェを渡り歩いて仕事。スタバでMac開いてドヤ顔。起きる時間、寝る時間、働く場所も自由。

傍から見ると華やかに見えるその姿、実は好きなことをやっている時間ではないかもしれませんよ。

フリーになることで営業、交渉、マーケティング、納品、督促、入金、税金対策といった取引先や自身のお金の管理などのやりとりのすべてを自分ひとりでやる必要があります。

デザイナーとして独立したのに、デザイン以外の業務が多すぎる

こうやってストレスを感じる人は多いです。

⑥労働法で保護されないリスク

フリーランスは基本的に労働法で保護されません。けがをしたり働けなくなったりしたときの保障が基本的にない。

あなたがロボットであれば別ですが、いつか動けないシーズンも必ずあります。あなたがしんどくても納期は変わりません。

フラフラになりながらも、きちんと求められる成果を出せなければ、そこで試合終了。2度とあなたに依頼をしてくれることはなくなるでしょうね。

基本的には保障されないと知った上で、それなりに稼いていかなければなりません。

⑦世帯を持ちづらい

昨今日本で毎年のように騒がれている待機児童問題。フリーランスだと保育園の審査はかなり厳しいです。

お子様をこれから持ちたいと考える方は、会社員でいるほうがメリットでかいです。

フリーランスやめとけ:実際にあったしんどい話

・仕事が終わらずに真冬の深夜にクライアントのところまで車で納品しに行った

・間に合わなくて大赤字になりながら街のセルフの印刷屋で大量にコピーした

・納品し終わったと思ったらサイズが間違っていて結局ぜんぶ作り直しになった

・金額と仕事の範囲があいまいで、後から大量の修正が発生。時間単価が全くわりに合わなかった。

・お金出して一部外注してみたら意思疎通がうまく取れなくて、結局全部自分がやるはめになった

・自由に働ける分、オーバーワークになり、コアタイムなんて簡単に崩壊。体調が大きく悪化し、周りにも迷惑をかけました。(その間の給与は0)

・誰ともリアルでしゃべることがなくなり、家に引き籠り。気づけば仕事をした気になっているだけで、全然生産性が落ちていることに。

・連絡手段の多くはメールやチャット、Skype通話など。実際に会っていないので、相手の感情がわからないんですよね。

嫌われたくないので、本当は確認すべきことも遠慮してしまい、聞き取れず。結果的に、やるべきタスクが増えてオーバーワークになってしまいました。

・会社員時代は打ち合わせ時間も給料は発生しましたが、フリーランスはただ自分の時間が取られるだけなんですよね。

そこで納得のいく受注ができなければ、その時間は0円。不要な打ち合わせと大事な打ち合わせの住み分けにすごく苦労しました。

・エンジニアであればコード書くだけではなくて、クライアントとのやり取りや進行管理も発生します。もちろん交通費やカフェ代金などの経費もかかるし、意外と出費が多いです。

後からは笑える話かもしれませんが、いずれもしんどいことに変わりないですよね。

会社に所属していない以上、全ての仕事の責任は一から百まであなたです。

「自由」であればあるほど、一緒にまわってくるのが「責任」です。

自由に動いているように見えるあの人は、実はものすごく自分の人生に責任を負っているし、誰も保証してくれなかったり。

でも、影響力のある自由な人は、わざわざ負の側面ばかり発信しません。

みんなプロ野球選手やプロサッカー選手と同じですよ。

いきなり実力のみが評価される世界に放り込まれるのに、甘く見ている人が多くありませんか?ダメだった人はわざわざ失敗をネットに残しません。

プライドを捨てて書けているのは、今がある程度余裕があるからにすぎません。というか、死にそうな人はWEB書く余裕すらないでしょう。

いきなりフリーランスをやるまえに、あなたがやるべきこと

ここまでフリーランスの負の側面を見てきました。

まぁなかなか公では語られないし、少なくとも良い面の方が目に入る機会は多いと思うので、これはしっかりと覚えておいてほしいですね。

そのうえで、それでも今後フリーランスを目指す方は、まずは副業からはじめてみることをおすすめします。

副業をする時間を作れない方は、なんとかして副業ができるような会社にまずは転職するという1ステップを図るといいですよ

私の場合は、以下を意識して転職しました。

  • 定時で帰れる
  • 副業とのシナジーがある

定時で帰れる会社へ転職する

元々は朝5時には起きて7時から会社で仕事を開始するような生活を送っていました。

ただこれでは夜には疲れきっていて、副業どころではありませんでした。

なのでまずは定時で帰れる会社に移りました。本業の給与はかなり下がりましたが、健康的な生活がおくれるようになってむしろハッピーです。

今の会社でなかなか定時で帰ることが難しい人は、職場近くに引っ越しをするなど、少しでも自分の資産となる仕事を作るための時間を捻出しましょう。

どんなに会社で残業をしても、それは会社の資産となるだけで、あなたに返ってくる利益はほんのわずかな昇給というケースになるかと思います。

ただ会社が帰りづらい雰囲気だと結局は難しかったりします。そういう方は、しっかりと定時で帰れるホワイト企業にまずは転職しましょう。

副業とのシナジーがある会社へ転職する

自分が副業としてやろうとしていることと、会社の業務にシナジーがあるといいですよ。

エンジニアならどの分野のエンジニアがいいのか?WEBマーケならSEOとかSNSを常時利用している会社とか。

わたしもECサイトを運営している会社にいるのですが、

  • 会社でSEOとか施策考えてやる→効果ある→自分のサイトでも試す
  • 自分のサイトでうまくいったこと→会社のサイトで生かす

こんなことが可能なので、やってて楽しいです。会社のサイトって規模がデカイので反応がわかりやすいし、勉強になるんですよねぇ。

もしあなたが私と同様に海外で仕事を探したいのであればJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)がオススメです。世界でも有数の人材会社として各国に支社も建てています。

海外の豊富な案件が強みです。登録して案件を見ておいて損はないでしょう。

\海外案件が多数!/

そして、もし私が今から複業を始めるなら、迷うことなくエンジニアスキルを学びます。

正直、語学なんかよりも、最低限これだけやればOKです。

将来的に在宅で仕事をするとか、海外で仕事をするとか、リモートでもお金を稼げるスキルを身につけておきますね

いざというときに、パパっと案件取って稼げるようになっておけると、非常に安心感があります。

その点、TECH::EXPERTであれば実際に転職までサポートして成功させている実績があるので、オススメです。

勉強だけを推すのも違うし、転職だけを推すのも違うんですよね。

結局、身に着けて結果的に受講者どうなったの?という部分に責任負って成果を出しているサービスを選ぶことが大事です。

あなたがそういったスキルをお持ちでないのであれば、まずは最初に検討すべき課題ですよ。もちろん、やる・やらないはあなたの自由です。

\登録は無料です/

フリーランスを希望するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!