【医師常駐】バンコクで腰痛を治しに行ってきましたよ

以前から肩こり腰痛で悩んでいる際にお世話になっている、Pain Away Clinic(ペインアウェイクリニック)さん。

新たに医師の方が入られたとのことなので、腰痛治療も兼ねて伺ってきました。

新しい環境で疲れが溜まっているなぁ
肩こりや腰痛がひどくて、毎週マッサージに行っています

でも、どうせなら根本的に解決したいな

こういう方は、Pain Away Clinic(ペインアウェイクリニック)に行ってみましょう。

Pain Away Clinic(ペインアウェイクリニック)とは?

Pain Away Clinic

10万人以上の患者に関わってきた豊富な治療経験のある菅谷院長が運営しているのがPain Away Clinic

バンコクの整体マスター、整体オタクともいえる院長のアドバイスは正確無比です。

肩こり、腰痛、足の痛みなどなど、身体の痛みや慢性的な疲労の回復において、右に出る方はいません。

ペインアウェイは世界的に大きいレースのスポンサーもしているんですよね。

菅谷院長から見て、ペインアウェイの特徴ってなんでしょうか?
菅谷院長
ペインアウェイの治療は日本基準でなく、世界最高レベルを目指しています。

そのため、常に新しい治療法や機械を世界中から取り入れております。

実際に患者さんも日本人は25パーセントで、

残りは世界中からペインアウェイの治療を受けにきてくれていますね。

グローバル基準で支持されている証拠ですね。

すごい。

実際に私も受けている施術については、以下をご参照ください。

新しい医師も常駐しています

理学療法等の国家資格

ペインアウェイのセラピストはみなさん理学療法等の国家資格をもっています。

大学資格証明

医師のNAWAPOL(ナワポル)さん。タイで医学トップのマヒドン大学医学部卒の医師です。

医師の説明を受ける男性

見た目のとおり?真面目な性格で患者さんからの人気も高いようですね。南タイのクラビ出身とのことです。

こちらの先生に問診を受け、治療方法の提案、薬の処方箋や診断書を出してもらいます。

英語とタイ語をメインに話しができました。日本語は絶賛勉強中のようです。なお、お休みは水曜日です。

診断書の料金

Dr.の診断書は2019年5月1日より500Bとのこと。

お休みの日の水曜日は診断書を出せませんので、お気を付けください。

診断書を保険会社へ請求するには?

診断書

診断書は料金を精算する際にその場でいただけます。

保険請求の際は領収書と診断書を保険会社に提出してください。

なお、保険の種類や入っているプランにより受けられる治療が違ってきます。

まずは保険会社にお問い合わせしてみてください。又は菅谷院長に聞いてみましょう

菅谷院長
保険会社へ請求させる方は手順等でご不明なことがあれば

お気軽にご相談してください。

プロモーションは継続中

前回いただいた初診料金無料のキャンペーンは継続しています。

『チャイカプの記事を見ました』とお伝えした方は

(※1)初診料無料で体感できますよ。

デスクワークで疲れを感じている方、痛みを取りたい方はぜひやってみてみましょう。

(※1)他のプロモーションとの併用はできません。

タイ人スタッフには今開いているこのページを見せてプロモーションの件をお伝えください。

バンコクで腰痛治療:ペインアウェイクリニック場所、行き方、地図

インターチェンジビル

アソーク駅から直結で歩いていけるインターチェンジビルにあります。

雨や渋滞等の心配もいりませんね。

Pain Away Clinic
Email:contact@painawayclinic.com
電話番号:02-258-1361、086-333-6877
営業時間:平日、土日も診療中。
09:00 – 14:00(最終受付13:00)
16:00 – 19:30 (最終受付18:30)
料金:初診料500B、歪み診断500B、ドライニードル 500〜1,500B カッピング1,000B、 漢方500B〜、遠赤外線300B
休日:ソンクランと正月
住所:B1 Floor, Interchange 21 Tower Sukhumvit 21, Asoke, Bangkok Thailand 10110

バンコクで整体と鍼治療!こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール