ワーキングプアで正社員。年収200万円の私は・・・




よくその給料で働けるね!?
 
どうも、タイ現地採用で日々モリモリ働いておりますムー子です。日本から来た友達と給料の話になったとき、よくこんなことを言われます。
 
ちなみにムー子の給料は、労働ビザを持って働く外国人の最低水準50,000B/月程度。あとボーナスがあります。日本円にすると月収15万円くらいで、年収で200万程度です。
 
……って、こうやって日本円に換算しちゃうとめっちゃ安い!新卒より安い!!!
 
ムー子はタイに来る前、東京で働いていたのですが、その時の年収と比べると3分の1以下になってますね・・・。Oh no・・・。
 

正社員でワーキングプア=年収200万円?

なんだか不安になって調べた「ワーキングプア」の定義。

ワーキングプア(英:working poor)とは、貧困線以下で労働する人々のこと。「働く貧困層」と解釈される。
 
日本では国民貧困線が公式設定されていないため、「正社員並み、あるいは正社員としてフルタイムで働いてもギリギリの生活さえ維持が困難、
 
もしくは生活保護の水準にも満たない収入しか得られない就労者と解釈されることが多い。

 
日本だと年収200万以下くらいで生活に困っている人のこと。同じ年収でも実家暮らしとかで普通に生活できている人は含まれないようです。
 
わたし、ワープアじゃなかった!(うすうす気づいてたけど)よかったーーーー!
 
正直、タイで暮らしている分には生活費がかからないので普通に生活できます。このあたりの話はチャイカプさんの過去記事にもありましたね。
 

 

正社員でワーキングプアならタイに来るべき?

むしろ、毎日タイ料理でも平気だし、服は市場で買うし、みたいな生活なので、日本にいるときよりも貯金できてます・・・。まじです。
 
だって東京で働いていたころのムー子ときたら、深夜残業まみれで帰りはタクシー(その日の給料チャラになるくらいの金額)、外食三昧(めっちゃ居酒屋とか行ってた)。
 
会社に着ていく服にもお金かけてたし、年に1回は旅行で数十万単位のお金を投入してた。
 
それもこれもすべて、仕事のストレスがすさまじかったから!!!あ、あと通勤電車のストレスも追加でよろしく!!
 
タイに来てからは、労働時間も減ったし、通勤電車もそこまで混んでないし、隣国に魅力的な国が、そんな高額の旅行しよう!みたいな感じでもないし。
 
なーによりストレスがない。(これは職場環境が大きいと思いますけど。ムー子の職場は恵まれているのです)
 
だから、あなたがもし海外で働きたいのであれば!自分で探すのもいいけど、人材エージェントに相談しながら来るとよいですよ。
 
例えばJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は現地の実態を教えてくれて、しかも無料で相談できます。
 

正社員でワーキングプアの方におすすめのキャリアアップ

だから、全然ワープアじゃないし!タイ最高だし!!って感じなんですけど、まぁ、それでも結局は日本人ですからね。日本円で稼げるようにならんとなぁって気持ちもあります。
 
急な帰国とか、友達が遊びに来たときの金銭感覚の違いとか、やっぱりありますから。
 
だから、結局は日本の収入源も持っておくことが、海外で暮らす日本人の一番いい形なんだろうなぁと。そんな簡単ではないですが。
 
「1回そのお給料になると、日本で再就職するときに苦労するよ?」
 
なんて言葉もいただくのですが、それは正直全然心配してません。もう日本で会社員やる気はないからです。特に東京では無理。辛すぎる。
 
満員電車にもう一生乗らないということだけは決めています。
 
今後、場所によらない働き方ができるように模索していこうーっと。ま、タイにはすでにそんな働き方をしている人も多いんですけどね!

ワーキングプアを抜け出たいなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

投稿者プロフィール

ムー子
ムー子
バンコクで現地採用で働くアラサーOL。タイと日本間の遠距離恋愛中。タイ生活は楽しいけれど、先の人生悩み中。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!