数分で感動できる!タイの泣けるcm

タイの泣けるcm
タイのcmは感動して泣ける作品が多いという噂を聞いたけど、本当?

そんなあなたに、タイの泣けるcmの傑作を3つご紹介します。

あくまでcmですから数分間の映像なのです。

しかしその数分間に凝縮された、わかりやすく簡潔、そして感動的なタイのcmに思わず涙してしまう方が続出しているのです。

これからご紹介する3つのタイの泣けるcmは、

数分の映像で感動なんてできるの?

こう思っている方でも不覚にも涙が出てしまうような心揺さぶる作品になっています。

ストーリーの途中までは文書で記載してありますので、残りはぜひ動画で見てみてください。

SPONSORED LINK

過去の優しい行いで奇跡が起こる。携帯電話会社TrueMoveのcm

おすすめのタイの泣けるcmの1つ目は携帯電話会社のcmで、「コミュニケーションのあり方」をテーマにしたcmです。

貧しい家庭の子どもが、病気の母のために栄養ドリンクと薬を盗みます。

子どもが取り押さえられみんなから咎められる中、食堂を営む一人の男性は商品が盗まれたお店の店員に商品代を渡してその場を治めてくれました。

更に男性は娘に野菜スープを店から持ってくるように伝え、栄養ドリンクと薬に野菜スープを添えて子供に手渡してくれます。

子どもは何も言わずに差し出された袋を掴むと、男性の顔を見て何も言わずに逃げるように立ち去ってしまいます。

そんな出来事から三十年が過ぎ、食堂の男性は娘と共に食堂を切り盛りしていました。

男性は貧しい人にも料理を分け与えてくれる心優しい人で、そんな分け隔てのない優しさに娘は半ば呆れているようです。

そんなある日、男性は病で突然倒れてしまい入院することになります。

(ネタばれ)続きをテキストで見るならここをクリック

そして高額な治療費明細書を見て愕然としていました。

その後、娘は食堂を売り何とか資金作りに励みますが・・・もう限界です。

娘が精魂尽き果て病院の父親のベッドに寄り添いうなだれていると、ベッドに治療費明細書が置かれていました。

その治療費明細書には、治療費は「0」で30年前に支払い済みと記載が。

更に明細を見ると、「栄養ドリンク、薬」そして「野菜スープ」の文字が!

実は三十年前に男性が施しを与えた子供は医師になっていたんですね。

自分が担当した患者が三十年前に自分に施しを与えてくれた男性だと覚えていて、高額な医療費を肩代わりしてくれたのでした。

「困っている人を助ける」という食堂の男性の意志は、栄養ドリンクと薬、そして野菜スープが入った袋を子供に手渡したときに間違いなく伝わりました。

そして助けてくれた男性が困っているときに高額な医療費を肩代わりする。

医師となった当時の少年の行為は、男性の意志を継承していることを証明してくれています。

「手渡すという行為」が最高のコミュニケーションツールになるという心温まるお話でした。

聾啞の父の娘への愛情に涙する生命保険会社のcm

おすすめのタイの泣けるcmの2つ目は生命保険会社のcmで、「親の娘への愛情」をテーマにしたcmです。

耳が聴こえない父を持つ娘は、聾唖の父が原因となり、学校で馬鹿にされ悩みを抱える日々を過ごしていました。

父親しかいない環境であるため、母親のように気軽に話を聞いてくれるような存在もいない。

「普通の父のように何でも話せる父が欲しい」と娘の不満が募っていきます。

そしてついに、いじめや日々の生活に耐えきれず娘は家で自殺を図ってしまうのです。

(ネタばれ)続きをテキストで見るならここをクリック

その日は娘の誕生日で、父はケーキを準備し娘への想いを伝える手紙と言葉を懸命に練習しているのでした。

娘が倒れている姿を見つけた父親は娘を抱きかかえ病院に向かいます。

「娘のためなら何でもする」と医師に話し、血液が足りずに危篤状態の娘に自分の血を提供し何とか娘は助かります。

病院のベッドで娘が目を開けると隣のベッドには輸血をした父が眠っていました。

父が自分を助けてくれたこと。

そして父の自分への強い愛情を、父が輸血という身を挺して自分を救ってくれた行為を知ることになるのです。

普通の父親であっても子どもとのコミュニケーションは難しいものがありますよね。

子どものためを想い怒ったりすることも、こどもにはなかなか伝わらず嫌われてしまうことは多々あるはずです。

愛情を「伝えること」の難しさ、そして「伝わる」ことによる感動を数分のcmで上手く表現されています。

親と子の向き合い方についても深く考えさせられるものがありました。

お金より大切なものを問う生命保険会社のcm

おすすめのタイの泣けるcmの3つ目は生命保険会社のcmで、「お金より大切なもの」をテーマにしたcmです。

いつも他人を気遣う優しい青年。

自分の食べ物を犬にあげたり、物乞いをする人にお金を上げたり、重い台車を引くのを手伝ったり等いつも他人のために行動しています。

そのせいで青年はお金が貯まりませんし、大きな見返りがあるわけではありません。

いつも物乞いをする人にお金をあげている青年を良く見かけるおじさんからも「そんなことをして何になるんだ」と呆れられてしまいます。

(ネタばれ)続きをテキストで見るならここをクリック

しかしある日、いつも物乞いをしている親子のところを訪れるといつも隣にいた子どもの姿がありません。

すると「ママ―!」と学校の制服を着たあの子どもが手を振っていました。

青年の施し等のおかげで子どもは学校に通えるようになったようで、母親は青年に向けて感謝を告げるように少し笑みを浮かべます。

その他にも青年が施しを与えた人々には笑顔が満ちあふれ青年は感謝されていて、青年の日々の生活は笑顔溢れる人々に囲まれいきいきとしているのです。

お金や見返りのためだけでなく、人を気遣うという気持ちを持つことのすばらしさに気付かせてくれる心温まるcmでした。

タイの泣けるcm:まとめ

今回ご紹介した内容をまとめておきます。

仕事が忙しい等の理由で映画やテレビドラマをゆっくり見る暇がないという方。

感動作品を見たいという方は、数分で泣けるタイのcmを早速視聴してみることをおすすめします。

また今回ご紹介したcm以外にもタイには感動的で泣けるcmが沢山ありました。

もしおススメがあればぜひ教えてください。

タイ生活をより便利に!こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール