タイでのインターネット利用に便利なSIMカード!各キャリアの特徴と空港での購入方法をまとめました

thai-kuukou-sim
タイではどうやったらインターネットにつなげるの?
安くインターネットを利用する方法は?

日本では当たり前に利用しているインターネット。

日本を出ると日本で利用しているネット環境は通常通り利用できなくなります。

あなたは海外旅行でどのようにインターネットを利用していますか?

ポケットWi-Fi、SIMカード、カフェなどのWi-Fiを利用する…などなど。

海外でのインターネット利用には様々な方法があります。

チャイ猫
そういった方法の中で私が一番おすすめなのがSIMカードの利用だね
チャイカプ(私)
ポケットWi-Fiのように別のデバイスを充電する必要もなく、Wi-Fiを探す手間なく常時ネットが使えます

そこで今回はタイでのSIMカードの購入方法や、おすすめの携帯会社についてご紹介していきます。

具体的には

タイの空港でSIMカードを購入する
  1. タイのSIMカード事情
  2. 空港でのSIMカードの購入方法
  3. タイの携帯会社比較
ここを解説!

こちらの順番にご紹介していきます。

この記事を読んでタイで快適にインターネット環境を利用できるように準備してくださいね。

海外でインターネットを使うには?

そもそも海外でインターネットを利用するには、いくつかの方法があります。

  • 日本で利用している携帯会社で海外利用の申し込みをする
  • 海外で利用できるポケットWi-Fiをレンタルする
  • 渡航先の携帯会社でSIMカードを購入する
  • 渡航先のホテルや飲食店、ショッピングセンター等でフリーWi-Fiを利用する

具体的にはこの4つが一般的です。

1つ目の海外利用の申し込みですが、これは4つの中で1番コストがかかります。

緊急時にはやむなしですが、値段を気にせずインターネットを利用したいというときは不向きな方法です。

2つ目のポケットWi-Fiを利用する方法は、大人数の旅行であれば値段も安く使いやすいです。

しかし、少ない人数の旅行ではかえって高くついてしまうことがあります。

4つ目のフリーWi-Fiを探す方法はいわずもがな、フリーWi-Fiが見つからなければネットが利用できません。

そこでおすすめが3つ目のSIMカードを現地で購入する方法です。

Amazon等で事前に購入する方法もありますが、今回はタイの携帯会社で購入する方法をお伝えしていきます。

SIMカードは空港で購入しよう

スワンナプーム空港

海外でSIMカードを購入する場合ですが、空港と市街地の2つ選択肢があります。

私がおすすめするのは空港での購入です。

空港の方が値段が高くなるのでは?と思う方もいるかもしれません。

実際に空港の方が値段が高い場合もあります。

しかし、空港であれば旅行者向けの短期間SIMの販売がなされています。

それだけでなくプランの説明等、市街地のショップの店員さんよりも空港のショップ店員さんの方が慣れています。

英語も確実に通じるので旅行者には空港での購入がおすすめです。

タイの携帯会社を比較してみました

実際にタイの空港ではどのようなプランでどのような料金のSIMカードが販売されているのでしょうか。

JALやANAが離着陸しているスワンナプーム空港にて各社のプランを調べてみました。

なお、この情報は2019年12月の情報なので、値段やプランは変わる可能性があります。

ご注意ください。

AIS

スワンナプーム空港AIS

最初に紹介するのはタイで最も電波が繋がりやすいとされているAISです。

特にバンコクだけの旅行であれば他社でも問題ありません。

ただしタイの地方都市に遊びに行く予定のある方は、AISのSIMカードを購入するのが確実です。

AISのプランは以下の通りです。

スワンナプーム空港AIS

true

スワンナプーム空港TRUE

続いてはタイで2番手の携帯会社のtrueです。

赤い看板とロゴが目印のお店です。

trueは通信残量がアプリから簡単に確認できるのが特徴です。

AISも専用アプリで確認はできるのですが、アプリの使い勝手が最もいいのがこのtrueでした。

そんなtrueの料金は次の通りです。

スワンナプーム空港TRUE

dtac

スワンナプーム空港dtac

最後は青の看板とロゴが目印のdtacです。

上記2つが旅行者やタイに住んでいる日本人によく使われている一方でdtacユーザーはあまりいません。

電波も上記2社に比べて比較的繋がりにくいのでよほどのことがない限りあまりおすすめはしません。

料金ですが、下記の通りです。

スワンナプーム空港dtac

ポケットWi-FiよりSIMカードがおすすめ

今回はSIMカードの利用についてご紹介してきました。

先ほども少しお話ししましたが、ポケットWi-FiとSIMカードどちらがおすすめなのか。

結論はSIMカードです。SIMカードの利点として

  • 料金がSIMの方が圧倒的に安いこと
  • 余分にデバイスを持ち歩いたり充電したりしなくてよいこと

これらの特徴があげられます。

さらに、グループ旅行であっても、観光地で別行動をしたりはぐれてしまうと、連絡手段が絶たれます。

そのような場合は各自がSIMを入れていればどこにいても連絡をとることができます。

チャイ猫
SIMカード利用の際に注意しなければならない点ってなんだっけ?
チャイカプ(私)
それは事前に日本でSIM解除の手続きを行わなければならないことかな

日本で販売されているスマホ端末は基本的に利用できるSIMカードに制限がかかっています。

その制限を解除する手続きを行わなければ、タイに来てSIMを購入しても利用できなくなります。

手続きは各社ショップだけでなくインターネットからも簡単に行えます。

詳しくはそれぞれの携帯会社のホームページから確認してくださいね。

チャイカプ(私)
まぁ海外旅行に行くなら、これを機会にSIMフリー端末を買っておくといいですよ。

この時代にSIMロック携帯でパケ死とか、やってらんないですからね・・・

タイで快適にインターネットを利用するにはSIMカードの購入がおすすめ!

記事のポイントをまとめます。

  • 海外旅行を快適に過ごすためにはネット環境はSIMカードの利用がおすすめ
  • SIMカードは空港に到着後すぐに購入可能
  • おすすめの携帯会社はAIS、true、dtacの順
  • 日本でSIM解除をしてくることをお忘れなく

旅行中に調べたいことを調べたり、旅行の様子をリアルにSNSに投稿したり…。

今や私たちの生活と切っても切れないものとなっているインターネット。

タイでの滞在を少しでも便利に、少しでも快適にするためにぜひSIMカードの購入を検討してみてくださいね。

みなさまのタイ旅行が素敵なものになりますように!

タイ旅行するなら、こちらも読むと便利です。

あわせて読みたい
チャイカプ(私)
これから海外移住を始める人へ。

注意点、手続き、移住後に必要となる情報をまとめた記事一覧は下記リンク先から確認してみてください

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール