【2019年版】クアラルンプールの空港でsimカード購入するくらいなら、事前にネットで買うべきです。

タイの連休を活用してお隣の国、マレーシアに行って参りました。

クアラルンプールで現地のSIMカード買いましたので、その時の様子を記載します。

結論から言いますと、2019年の現在はわざわざクアラルンプール空港で買わなくても事前にネットで買うことができます。

以下のSIM2Freeが安いし1番便利ですね。

SPONSORED LINK

そもそもマレーシアとはどんな国か

13113312_1128823580501989_1291256820_o
  • 人口:2,995万人(2013年マレーシア統計局)
  • 民族:マレー系(約67%)、中国系(約25%)、インド系(約7%)
  • 宗教:イスラム教(連邦の宗教)(61%)、仏教(20%)、儒教・道教(1.0%)、ヒンドゥー教(6.0%)、キリスト教(9.0%)、その他
  • 在留邦人数(外務省・海外在留邦人数調査統計):約22,000人(2014年10月現在)
  • 時差:日本より1時間遅れ

タイの約半分の人口なんですね。上記画像のように、イスラム教の方が多くみうけられました。

在留邦人は登録しているベースで約22,000人とのことで、これはタイの在留邦人の3分の1くらいですね。

マレーシアの天気

kuararun tenki

こちらはこの記事を書いている5月8日からのクアラルンプールの天気予報です。毎日雷雨マークですね。

私もクアラルンプール滞在中はスコールにあいました。実際には昼間や夕方にスコールが降るイメージですかね。

短時間で止むので、その合間に移動をするとよいかと。今の時期、バンコクはまだここまで毎日スコールが降らないので、ちょっと驚きました。

クアラルンプールの空港でSIMを購入

13199480_1128809187170095_1596976394_o

バンコクからクアラルンプールへ飛行機で約2時間の旅です。

クアラルンプールの空港到着後、イミグレに行く前に上記のようなSIMを扱う携帯会社のブースがあります。SIMフリーの携帯をお持ちの方はここで購入しましょう。

店員さんから「何日滞在するんだ?」と聞かれますので、答えればそれに適した容量をおすすめしてくれます。

しかし、私のように歩きながらスマホやるくらい常時つなげておきたいような人や、いちいちトップアップ(容量なくなったあとにコンビニでチャージ可能です)するのが面倒くさい人。

こういう方は正直に答えないで少し多めに日数を言うのが良いかと思います。

私は2泊3日(初日は既に夜の19時)でしたけど、「7daysだよ」と答えました。

すると通話機能+トータル3GBのデータ通信容量+1週間使用可能なSIMを提示いただけました。

30リンギット(約800円) です。sns系は容量問わずに使い放題って言っていましたね。facebookのメッセンジャーとか。どうなんでしょうね。

13148457_1128809053836775_323428864_o

支払いをすればお姉さんがピンで空けて設定までしてくれました。既に入っているタイのSIMをセロハンテープで止めて渡してくれましたよ。

2泊3日でしたので、ネットヘビーユーザーの私でも容量を使い切ることなく役目を果たしてくれました。

帰りの飛行機でタイのSIMに入れ替えるためにも、SIMを出し入れするためのピンを忘れずに持参しましょう。

ピンがない人は、紙を止めるクリップでも代用できますよ。私はこういうSIMケースを持っていないので、あると失くさないですむので便利ですね。

ただ冒頭でも申し上げましたが、事前に購入した方が安いし便利です。

マレーシアの電圧とコンセントの形状

13199221_1128809140503433_98586595_o

マレーシアの電圧は220Vで周波数は50Hz。コンセントは3つ又のBF(「ビー・エフ式」ブリティッシュ・フラット)タイプです。

電圧は新しい電子機器(iphoneやPCなど)なら、日本製品でもそのまま使えますよ。ドライヤーとかは怪しいので、日本から持参する場合は確認したほうがいいですよ。

問題はコンセントの差し口。タイも差し口が3つありますが、日本の家電製品はそのままさせることが多いんですよ。ただマレーシアはダメでしたね。

しょうがないので、初日に泊ったゲストハウスのお兄さんに貸してくれと頼んだところ、4リンギットで売ってくれました。

その辺の市場なら3.5~リンギットくらいで売っていると思います。

↑これいいなぁ。安いし。日本で誰かに買ってきてもらおうかしら。

↑ちなみに海外の電圧対応のドライヤーをお持ちでない方は、こういう対応したタイプを買いましょう。

女子に聞いたらこれが良いそうです。このパナソニックのドライヤーは「水分たっぷりの「ナノイー」がうるおいを与え、地肌ストレスの原因となる乾燥をおさえる」とのこと。

クアラルンプールでの移動手段。メインはタクシーです

13199547_1128809070503440_726265708_o

移動は9割、タクシーです。時間がもったいないですしね。街中を走っているタクシーやグラブタクシーを使用していました。

というか、ほぼグラブタクシーで済ませていましたね。ある程度どこ行きたいかを運転手も理解したうえでピックアップしてくれるので、便利です。

ちなみにマレーシアの日本人の人たちにタクシーアプリ事情を聞いたら、ほどんどuberでした。

マレーシアの場合はそっちの方が安いみたいですよ。私もバンコクでそろそろuberデビューしようかなぁ。

13148428_1128809133836767_619830812_o
マレーシアで働く特定の日本人に会うことが今回の目的でしたけど、アポの合間にはせっかくなので電車やモノレールも使ってみたりしましたよ。これはモノレールの車内風景です。

 
 


 
 
13199329_1128809103836770_286218305_o
券売機はタイよりも近代的です。
 
 
13148279_1128809120503435_1315134021_o
電車の交通網もタイより多い気がします。
 
 

クアラルンプールでの観光

13170676_1128809110503436_152731420_o
散歩して出会った風景。じいさんがコブシを振り上げて熱演していました。人が群がっていましたねぇ。
 
 

i love KL #マレーシア#malaysia#クアラルンプール#海外生活#kualalumpur#citygallery

chai krap bkkチャイカプさん(@chaikrapbkk)が投稿した写真 –


アポの合間に立ち寄った唯一の観光スポットですね。クアラルンプールシティーギャラリーの前にあります。
 
 
13199118_1128809040503443_801284678_o
新峰肉骨茶。バクテ―(=肉骨茶。はマレーシア及びシンガポールの鍋料理かつ豚骨料理)の有名店。ネットで評判が良かったので立ち寄ってみました。
 
 
13161543_1128809077170106_554796787_o
美味しいですね。帰りにここでGRABタクシー呼んで移動した時の運転手が「ここは美味しくない。中国人ばかりだ。味が美味しくないので、我々は食べない」って言ってましたねぇ。味の好みの違いですかね。
 
 

#ペトロナスツインタワー#マレーシア#petronastowers#kualalumpur#malaysia#nightview#クアラルンプール

chai krap bkkチャイカプさん(@chaikrapbkk)が投稿した写真 –


日本人の友人に連れてってもらったツインタワー。綺麗ですよねぇ。ここから撮影するのが1番綺麗に写るようですよ。このタワー、全部オフィス用途として企業が入っているらしいです。タワーの建設は片側は日本が建設、もう片方は韓国だったかな、たしか。
 
 

クアラルンプールの空港simカード:まとめ

13199018_1128812567169757_2046685529_o
クアラルンプールの空港はKLIA空港ターミナルとエアアジアに代表される格安航空会社が利用するKLIA2空港ターミナルに別れています。
 
私はエアアジアでバンコクから行きましたのでKLIA2ですね。見ての通り、ほとんどエアアジアですよ。
 
ちなみに私がマレーシアに着いて早々に感動したのが、「英語が通じる…!」という点ですね。ただ隣の国に移動しただけなのに、こうも違うんですよねぇ。
 
そして英語で聞かれてるのに間違えて片言のタイ語で返事してる自分、、通じるわけがない…。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール