副業の家賃は経費になるの?光熱費は?疑問を解決します

副業の家賃は経費になるの?光熱費は?疑問を解決しますの記事のアイキャッチ画像




副業でも家賃で経費は落とせるの?

家賃は仕事に関係ないけど経費として落とせないかな・・

家賃が経費で落とせるとしたら光熱費とかも経費になるの?

副業でも家賃は経費で落とせるのか知りたくありませんか?

家賃を経費で落とせるのに経費として申告してなければ非常にもったいないです。

副業でも仕事に必要であれば家賃も経費として落とすことが出来ます。ただ経費として認められるのか「心配だな」という人が多いのではないでしょうか?

この記事では副業でも家賃や家賃に関係する光熱費や水道代などが経費として認められるのかについてお伝えします。

SPONSORED LINK

副業でも家賃は経費になる

副業でも家賃は経費として認められます。

たとえ副業であっても仕事として収入を得るために、家賃を払わなければ仕事が出来ない環境であれば経費として落とす事が出来ます。

同じ副業でも家賃を経費に出来る場合と、家賃を経費に出来ない場合があるのでご紹介します。

家賃を経費に出来る場合

女性がOKしている画像

副業で家賃を経費に出来る場合は、仕事として収入を得るために家賃を支払わなければいけない副業をしている場合になります。

例えば、副業で自宅を利用してマッサージの仕事をしているとします。

マッサージの仕事は、お客さんにリラックス出来るようなスペースを確保する必要がありますよね。

副業でマッサージの仕事を開始する場合は、店舗を借りるほどの金銭的な余裕がない事がほとんどです。

店舗を借りる金銭的な余裕がない場合は、自宅を利用する事で仕事に必要な出費を抑える事が出来ます。

自宅を職場として利用することになるために、このような場合は経費にすることが出来るというわけです。

家賃を経費に出来ない場合

noのカードの画像

副業で家賃を経費に出来ない場合は、仕事として収入を得るために家賃を支払う必要がない仕事をしている場合は経費に出来ません。

例えば、副業で家事代行サービスを行う仕事をしているとします。

家事代行の仕事は、お客さん家の家事を代わりに行う仕事です。

家事代行の仕事は収入を得るために自分の家の家賃を支払う必要がありません。

仕事が終わったら帰る家が必要だという主張もあると思いますが、経費とは仕事で収入を得るために必要な出費のことです。

家事代行サービスのような仕事は基本的に家賃を経費として落とすことは出来ません。

光熱費や水道代は経費になるの?

電球がコンセントに刺さっている画像

家賃に関係する光熱費や水道代は経費として落とせるのでしょうか?結論から言いますと、光熱費や水道代は経費として落とすことが出来ます。

仕事によってはガスや水を使用しないと仕事をすることが出来ない職業もありますよね。その場合は光熱費や水道代は経費として落とすことが出来ます。

しかし、光熱費や水道代を全て経費として落とすことは出来ません。経費として落とすことが出来るのは、あくまでも仕事で利用している分の割合のみです。

自宅兼職場として利用している場所であれば、普段の生活に使用している分のガスや水を差し引いた金額が経費として落とすことが出来ます。

あくまで仕事として収入を得るために必要な光熱費と水道代ということになります。

副業で経費として認められる場合について

確定申告書の画像

副業で経費として認められる場合は、その支出がどのように売り上げにつながるのかをきちんと説明できる場合に経費として認められます。

経費として認められるために最低限必要なことをご紹介します。

経費にするための最低限のルール

経費にするための最低限のルールは、自分の事業に必要な投資であるかです。

経費として認められるのは、事業内容によっても大きく変わってきます。

ある職業では経費として認められても、ある職業では経費として認められないのです。

経費として認めてもらう最低限のルールは、事業として成り立つために必要な支出や投資として客観的に判断できるのかということになります。

確定申告をする

副業で経費として認めてもらうには、確定申告をする必要があります。

どんなに事業に必要な支出であったとしても、確定申告をしなければ経費として認められないどころか法律違反となり罰則が課せられます。

副業であっても、売り上げによっては確定申告をすることが義務なので申告する必要があるのか確認しましょう。

なお、副業を継続的に行う人は税理士に相談したり、確定申告を依頼することができるので検討することをおすすめします。

副業×家賃×経費:まとめ

  • 副業でも家賃が経費になる
  • 家賃を経費として落とすには、事業をする上で必要な場合に限る
  • 光熱費や水道代も仕事で使用した分であれば経費になる
  • 経費については税理士に相談するのがおすすめ

副業であっても仕事で必要な場合は、家賃・光熱費・水道代も経費として落とせます。

もちろん家賃・光熱費・水道代以外でも経費として落とすことができる支出はあります。

他の支出も事業をするのに必要な場合であるか?という観点で、経費として落とすことができるかを判断することになります。

しかし、経費には本当に様々な種類があります。全てを自分で把握するには、正直最初は大変です。

そういう場合には、税理士に相談することで簡単に税金のことや節税のことを知ることが出来ますよ。

もともと収入を増やすために始めた副業ですよね?

稼ぐことに集中するためにも、うまく利用できるところは利用し、正しい税金の知識を身につけて効率よく稼いでいきましょう。

副業するなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!