【ReDesigner】って評判良いの?リアル口コミ!デザイナー専用転職支援サービスについて

【ReDesigner】って評判、口コミの画像




デザイナーとしての評価(年収含む)をもっとしてもらいたい!

普通に転職サイトに相談しても、専門家じゃないので、

いまいちサポートが頼りないんだよなぁ

デザイナーのデザイナーによるデザイナーのための転職サイト。それが、「ReDesigner」です。

いわゆる通常の転職エージェントではサポートしきれない部分をしっかり理解してくれます。

あなたの才能や経験、もしかして、今の会社では宝の持ち腐れかもしれません。

評価が上がる可能性、試してみてはどうでしょうか?

\ReDesignerで可能性を探してみる/

「ReDesigner」を運営するグッドパッチとは?

ReDesignerの評判画像

GoodpatchはUI/UXデザインに特化したデザイン会社です。「デザインの力を証明する」を企業ミッションとしています。

都内でデザイン系の仕事をしている方はご存知の方も多いですね。

東京だけなくベルリン、ミュンヘン、台北にオフィスもあり、在籍する約30%は外国籍のメンバーが占めている会社です。

組織の約50%をデザイナーが占めているという会社環境。

そのため、デザイナーが働きやすくなるためのマインド・カルチャー・スキル評価システムを充分に把握して構築してきています。

「ReDesigner」と一般的な転職サイトの比較をしてみる

採用側企業とデザイナーの転職におけるミスマッチは後を絶ちません。デザイン業務は専門性があるため、企業側と応募者のミスマッチが大きい職種の1つです。

いわゆる一般的な転職エージェントのキャリアカウンセラーでは、デザイナー特有の希望やキャリアパスを十分にフォローできておりません。

そこをフォローしてくれるのがグッドパッチの「ReDesigner」です。

世の中のデザイナーの役割は、ビジュアルの美しさだけと思われがちで、まだまだギャップが激しいのが現実です。

グッドパッチが間に入り、企業側と応募者の”翻訳”をすることで、企業とデザイナーとのミスマッチをなくしてくれます。

ここで専門家としての知見を活かし、あなたに合った企業を紹介してくれるわけですね。

なお、ReDesignerの業務責任者には、UXデザイナーである佐宗純氏が就任しています。

「ReDesigner」の具体的なサービス内容

ReDesignerの評判画像

ReDesignerを利用すると受けられるサービスとして、具体的には下記3点です。

デザイナーに特化したオリジナルの求人票

デザイナーが転職時に知りたい情報を、グッドパッチ独自のオリジナル求人票をもとに、企業サイドからヒアリングをしてくれます。

いわゆる一般的に必要とされるスキルだけを確認するのではなく、そのデザイナー視点をとおした採用の背景を確認。

企業がどのようなデザイナーを必要としているか?全社の中でデザイナーの立ち位置はどのようなものなのか?

グッドパッチが間に入ることで、個人で転職活動をしているだけでは直接聞きづらいことも事前にヒアリングしておいてくれるのは大きいですね。

デザイナーに特化したオンライン質問

面談前に実施するオンラインサーベイは社内外の多数のデザイナーへのユーザーテストを実施した結果を反映しています。

厳選された質問を通じて、デザイナーだからこそわかる「個々の指向性」が理解できるようになっています。

無駄がないっていいですよね。

一般的な転職エージェント
とりあえず名前と年齢はわかりました、まずは会いましょう

これだと、かなり非効率ですもん。

デザイナーに特化したキャリアデザイナーによる面談

あなたのキャリア観を明確にし、実績を棚卸し。

そしてデザイナーと企業のデザイン文化に精通した専門のキャリアデザイナーとの面談を行います。

この面談の中でキャリア相談をしながら、最適な企業を紹介してもらえます。

\相談を無料でできます/

「ReDesigner」の口コミ例

実際の口コミをいくつか見つけることができました。

【ReDesigner】評判:まとめ

デザイナーとして転職したくなるタイミングって様々ですよね。

いわゆる年収・評価といったものだけでなく、単純に、自分の中で作りたいものが変わってしまったと感じる方もいます。

会社によってデザインに対するプレゼンスや姿勢が全く違う。自分のデザインポリシーや、これから表現したいことと近い会社に入れると幸せですよね。

そういった悩みって、やはりデザイナーとしての実務経験がある方でないと、なかなか理解してもらえません。

そういう意味では、ReDesignerを利用することで、「あなたの価値観に対して、今の世の中にどんな需要があるのか?」を知る良い機会になります。

相談は無料です。自分の市場価値の確認に加え、デザイナーとして今後のキャリアを一緒に考えてみてはどうでしょうか?

\ReDesignerで可能性を探してみる/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!