ハングオーバー2を見てタイのロケ地のスカイバーへ行ってみた

映画ハングオーバーを見て過ごす休日はいかがでしょう。トッド・フィリップス監督の全3シリーズ。

シリーズ2作目のハングオーバー2はロケ地にタイが選ばれていますよ。

これを見てロケ地に行ってみたくなった方も多いのでは??

世界一高いルーフトップバーのスカイバーへ行きましょう

そもそもハングオーバーの意味って??

hangover

直訳すると、二日酔い。または(興奮や楽しいことの後の)失望感・倦怠感という意味ですね。

飲みすぎた後や、月曜日を迎えて憂鬱な気分の時に使う言葉ですね。

ハングオーバーシリーズのあらすじ

結婚式を間近に控えたダグは、悪友2人と新婦の弟を連れ、独身最後の夜を満喫するためラスベガスへと向かう。

翌日、酒やギャンブルでバカ騒ぎをした4人はひどい二日酔いで目覚め、前夜の記憶はすっぽりと抜けていた。

さらにホテルの部屋にダグの姿はなく、代わりに1匹の虎と乳児がいた……

まぁ、とにかくむちゃくちゃですよねw

秘密に隠された前の晩の騒ぎの正体はエンドロールで分かります。

それぞれのシリーズの予告編はこんな感じ↓

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年)

『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』(2011年)[編集]

『ハングオーバー!!! 最後の反省会』(2013年)

ハングオーバーでロケ地になった場所

ハングオーバーでロケ地になった場所

スカイバーバンコク(Sky BarBangkok)

ルブア アット ステート タワー」の最上階にあるレストラン「Sirocco(シロッコ)」内にある”Sky Bar”です!

地上247メートルにあるルーフトップバーとして超有名。

ドレスコードがあり、大人も子供もサンダル、短パン等では入れないです。女性のワンピースは問題ないです。

ジーンズとかでも問題ないですね。

高いところにあるので風も比較的強いです。いずれにせよ長袖を持参したほうが無難。

ハングオーバーでロケ地になった場所

なお、飲み物だけでも1杯3,000円くらいします。ジンジャーエールで800B(約2,400円)笑

ちなみにハングオーバーのロケ地として他にはカオサン、ピピ島、プーケット、クラビのリッツカールトンなども撮影に使われたようです。

飲むだけなら予約は必要ありませんが、こちらのスカイバーでお食事をしたい方は、見晴らしの良い席を予約しておくといいと思います。

ルブア アット ステート タワーも超有名です

スカイバーで有名になったホテルとして、ルブア アット ステート タワーも有名です。

友人がスイートルームに泊まった際に覗かせていただきました。

スイートルームなら51階以上の高さなので広くて景色が最高でしたよ。

スカイバーへの行き方と場所、地図

最寄り駅はサパーンタクシン駅で、そこから徒歩だと10分くらいです。

3番出口を出てジャルンクルン通りを歩いて、サラデーン駅方向に歩いていくと右手にルブアホテルがあります。

営業時間は毎日 PM06:00〜AM01:00までです。

映画を見て気分を盛り上げてから行くと、最高に感動するのでおススメですよ~!!

以下の記事では他のルーフトップバーをまとめています。よかったらご参考にどうぞ。

ルーフトップバーをお探しなら、こちらも読んでみてください

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール