食べログの海外版でタイとバンコクを検索したけど、結局instagramかな




日本では有名な食べログですが、結構海外展開をしているんですねぇ。
タイで検索すると全部で856店舗、バンコクで検索すると
637店舗の登録がありました。(2016年3月10日時点)
 
あまり在タイ者の中で話題になっていない気がしますけど、
駐妻さんの中では話題なのかしら。これだけ登録されてますからねぇ。
試しに私も登録してみました。
うちのサイトで記事にしたお店と、どう使い分けようかはまだ検討中です。
 
 
 

2016年3月10日時点の食べログバンコク・クチコミランキング
taberogu-sougoutop3
せっかくなので、本日時点でどこが人気があるのかを調べてみました。
バンコクの総合クチコミランクキングTOP3です in 食べログ 
 
第1位 MangoTango Siam Square
 
第2位 SOMBOON SEAFOOD Surawong
 
第3位 Raan Kaithong Pratunam
 
はい、どうでしょう?在タイ者の皆様。
個人的には地球の歩き方にも載っているような、
「ド定番のお店」が上位にあるなという印象ですかね。
でも確かにどれも日本人ウケするから、おかしなことではないか。
 

 
 
 

食べログ類似サービス
食べログ海外版ができる前に、
既にタイで先行展開している(気がする)サービスは下記2点が有名でしょうか。
 

gochii
まずはゴチー。バンコク専門のようですね。
お店の登録数は338件。
 
 
 
banguru
次にバングル

バンコク中のあらゆるジャンルの飲食店約3,000軒を掲載。

確かにお店に行くと、ステッカーが貼ってあったりしますね。
アプリでも配信しているようです。
 
残念ながら、私は存在は知っていても両サービス共に使ったことはないです。
どなたか使い勝手とか教えていただけると嬉しいです。
 
 
 

食べログはタイでも流行るか?
taberogu- kaigai
日本での知名度を考えると、在タイ駐在妻の方だけではなく、これから来る方達を
上手く巻き込めばあっという間にタイ市場を席巻できる・・・かもしれません。
30代以上であれば食べログにお世話になったことがある人が圧倒的でしょう。
 
まぁしかしどうなんでしょうね。
私が日本にいる当時、食べログを使っていた理由は、
 
・お店までの経路を知りたい
・広告ではなく、人の評価で最低限の味の担保をしたい
・どんな料理があるのか写真でみたい
 
こんなところでしょうか。
食べログをお店までの経路に使うのはバンコクでも便利かもしれませんね。
でも写真で見るのはinstagramで代行できるからなぁ。
 
最近WEBでは「10代や20代の若い子はgoogleで検索しないで
instagramでの検索の方が主流」という記事も見かけました。
私は若くないですけど、カフェや飲食店については、
そこからの情報収集が増えましたねぇ。
 
チャイカプのinstagramアカウントは下記からどうぞです。
カフェ写真中心に載せていってます。
 


 
また、今までに当サイトでご紹介したお店については、
下記地図でも見れますのでご参照下さい。
 

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!