シェムリアップ旅行記。オススメの遺跡観光など5選!!(中篇)




引き続きタイの隣国、カンボジアシェムリアップのご紹介。旅の目的や、シェムリアップでのビザ対応、SIM手配については下記ご参照ください。
 
バンコクからシェムリアップまで。ふらっとフライトしてきました(前編)
 
今回はシェムリアップ旅行記として、日帰りで朝日、夕陽も満喫できるコースのご紹介です。
 
定番コースを見つつ、途中でホテルや宿に戻って昼寝をする余裕もあるので、このコースおすすめですよ。

POINT

もし、初めての女子1人旅であれば、テレビや雑誌でも話題沸騰の女子旅プラン~リボーンプログラム~もおすすめです。

 
 

シェムリアップ旅行記:アンコールワットで朝日を見る


ここは初めての人だけでなく、リピーターでも欠かせないコースではないでしょうか。
 
12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教寺院として建設されました。
 
完成には30年かかっています。1992年にはアンコール遺跡として世界遺産に登録されました。
 
 

朝の4時に起きて、4時半に出発。アンコールワットの遺跡入場券を購入できる建物まで移動します。
 
こちらのチケットオフィス自体は5時から営業開始のようですが、4時50分には販売開始しておりました。
 
45列もあるので比較的すぐに買えるのですが、1dayパスと3day,7dayパスで列が違いますのでご注意ください。私は途中で気づいて並びなおすはめに・・・。
 
 

晴れて入場券GETです。至る所に検問?のように確認する人がいるので、すぐに出せるように準備しておくといいですよ。パスポートも写真も必要なく、お金だけ準備すればOKでした。
 
 

この日の日の出は5時40分。朝早すぎるので、まだ暗いです。パンの屋台で朝食。1.5US$
 
 

遺跡は段差があったりしますが、かなり真っ暗なので、こけそうになります。近くにペンライトを持っている人がいたら、その人に付いていくといいかも。
 
 


 
 

 
 

ベストスポットの近くにはこんなにたくさんの人がいます。(笑)
 
 

6時過ぎくらいから、遺跡内部の観光開始。暑過ぎないので、朝のコースはやはりオススメですね。
 
 

ここから急な階段を登って、遺跡内部の高台へ。高所恐怖症の人は降りるときにちょっと怖いと思います。
 
 

カップルが羨ましかったのでパチリ。
 
 

ちなみにとても広いので、トイレを見つけたら入っておくといいですよ。
 
私は途中でお腹壊して遺跡内でトイレが見つからずに死ぬかと思いました・・・。トイレに紙が設置してあったのが幸いでした。。。
 
 

 
 

 
 
1972年、カンボジア内戦時代、寺院はクメール・ルージュによって破壊されたそうです。この時に多くの奉納仏は首を撥ねられ砕かれ、敷石にされたとのこと。
 
 


参道の石組みの修復は日本人の石工が指導しており、その様子はNHK「プロジェクトX」で取り上げられていま。一部、音がずれたり飛んだりしてますが、行く前に見るといいですよ。
 
 

シェムリアップ旅行記:アンコールトム


アンコール遺跡の1つでアンコール・ワット寺院の北に位置します。
 
12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世により建設されたとそうです。ここも周囲の遺跡とともに世界遺産に登録されています。
 
 

ドラクエのダンジョンみたい
 
 

 
 

シェムリアップ旅行記:タ・プローム


アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院や宮殿などの遺跡群の内のひとつで、12世紀末に仏教寺院として建立されたものです。
 
 

ここはよく天空の城ラピュタみたい!!と感動する方が多い遺跡です。アンジェリーナジョリー主演の映画「トゥームレイダー」の撮影地でもあります。
 
 

遺跡の中から空を見る。
 
実は学生の頃にアンコール遺跡を自転車で回りましたが、当時の若さと体力でもすごく疲れたことだけは記憶として残っておりました。そのため、今回はトゥクトゥクで回りました。
 
泊まったゲストハウスで借りましたが、貸しきりです。朝日を見るコースは20US$でした。ホテルや道端で借りる際の参考価格にしてみてください。
 
朝4時半出発で宿に着いたのが10時半、約6時間も周って疲れきりました。普段こんなに歩きませんからね。
 
 

シェムリアップ旅行記:セグウェイでキリングフィールド


宿の近くでランチ、そして昼寝をした後は今度はセグウェイに乗りました。ガイドさんが一緒に走ってくれます。
 
法規制がまだないので、やってしまおう!という開拓精神がいいですね。
 
最初に日本語で講習してくれますので、初心者でも安心して楽しめます。というか、初心者しかほぼいないでしょう。
 
市場をセグウェイで見学したり、キリングフィールドを観光したりなどできます。
 
 

私はキリングフィールドのツアーを申し込みました。ガイドさんが歴史やこのあたりの生活について教えてくれるのでそれも楽しかったです。慣れてきた頃に終了、というわけでまた乗りたいです、これ!
 
 

カンボジア セグウェイツアー☆初心者大歓迎!遺跡やキリングフィールドを巡るプチ冒険<日本語ガイド/選べるコース/講習付き>
 
 

シェムリアップ旅行記:プノンクロムで夕陽を眺める


さて、最後は夕陽散策です。プノンクロム(phnomkrom)とはヒンズー教寺院の遺跡です。トンレサップ湖に近いです。
 
アンコール三聖山の一つ、プノンクロムの丘の上に位置するもので、9世紀末から10世紀初頭にかけて、クメール王朝のヤショーバルマン1世により建立されたそうです。
 


ここの頂上から眺める景色が綺麗ですよ~とTwitterで情報を得たので、急遽行ってみました。
 
 

バイクの運転は旅行者は禁止らしいので、トゥクトゥクで。宿で借りたら往復10US$でした。ゆっくり見物終わるまで待っててくれるので、まぁいいかなと。
 
ただ頂上までは血行距離があるんですよ。バイクだとそのまま頂上まで行けるので、バイクがいいかも。
 
それかトゥクトゥクの場合は降りるのを階段下ではなくて、山の中腹まで行ってもらうなどお願いしたほうが良いです。
 
 

#Cambodia #SiemReap #travelgram #visitcambodi #sunset #phnomkrom

chai krap bkkチャイカプさん(@chaikrapbkk)がシェアした投稿 –


 
 

シェムリアップ旅行記まとめ


シェムリアップはボーっとできるスポットが多くて素敵ですね。
 
湖の上から眺めたい方は、こういうツアー↓もあるようですよ。
 

貸切チャーターで行く!トンレサップ湖での夕日鑑賞 + オールドマーケット散策半日ツアー<ベテランガイド>
 
 

また、もし女性専用プライベートツアーを組みたい方は、リボーンプログラムがおすすめです。

既に15,000人以上が参加しているプログラムなので、見所も抑えて安全に旅ができます。

日本語しかできない人や、治安が心配な人が多く利用しています。

POINT

公式サイト:リボーンプログラム

 
 

シェムリアップに行くなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA